夜遊びではなく太陽の下でカジュアルな時間を楽しむ 

May 13 [Sun], 2007, 3:37
夜遊びではなく太陽の下でカジュアルな時間を楽しむ


肩書きなどに構えずに、彼らの鎧を切り崩してあげられる天真爛漫さを、これまで培ったあなたの知識、キャリア、社会経験、恋愛経験の上に上積みして臨む―。たとえば、携帯電話に気軽に電話をかけるといった行為などもそのひとつです。

また彼のほうから話を切り出すまでは、日が浅いうちはむやみに仕事の話をふらないことも大切です。これはイケイケの30代のデキル男(僕のお手柄話、聞いて!聞いて!的な場面を好む男性達)対応と異なる点です。

セレブっぽくお行儀良く近づいてくる女性は沢山います。色気で近づいてくる女性もたくさんいます。そんななかで好印象の残すには「洗練されたカジュアルな物腰」で接することです。

これから春にかけて土日の昼間に自然の中で遊ぶ機会などがあれば絶好です。ゴルフ、テニス、ヨット、クルージングなど太陽の下で一緒の時間をすごしてみましょう。

恋のリスクヘッジについてですが 

May 13 [Sun], 2007, 3:36
恋のリスクヘッジについてですが彼らは10代〜30代前半の男性とちがってむやみに強引に口説いたり、関係を求めたりしません。(例外もありますが)その点はっきりと「もてあそぶ」ことはしません。でも知らないうちにハマッてしまうことはあります。遊びと本気の境界線がよくわからないというのは恐いところではあります。

仕事という媒体を通しての人間関係がほとんどの彼ら。その耳に「心地よい」のは完全に異次元へのいざなってくれる「カジュアルな言葉」です。あなたという人間に興味がある。あなたといると楽しい。あなたと一緒に楽しい時間を過ごしたい―。

でもそこはその他の世代の男性との恋愛と同様「なし崩し的に恋に落ちない」という決心をすることで免れましょう。きちんと交際するまではすべてを許.

セレブな女性を演じるよりも「洗練されたカジュアルさ」で攻める 

May 13 [Sun], 2007, 3:34
セレブな女性を演じるよりも「洗練されたカジュアルさ」で攻める

彼らに効くのはズバリ!「マメな割り込み連絡」です。ルールやビジネスマナーで埋めつくされたこれまでの彼らの世界に「異次元」を感じさせるような風を吹き込む女性が人気です。


仕事という媒体を通しての人間関係がほとんどの彼ら。その耳に「心地よい」のは完全に異次元へのいざなってくれる「カジュアルな言葉」です。あなたという人間に興味がある。あなたといると楽しい。あなたと一緒に楽しい時間を過ごしたい―。


そんな100%パーソナルな誘い、声のトーン、物腰に引き込まれてゆきます。昔のクラスメイトのようなカジュアルな、ある意味非常識とも言える踏み込みと、大胆さを持ったストロークが功を奏します。

ひとまわり年上の男性と恋に落ちる方法 

May 13 [Sun], 2007, 3:33
ひとまわり年上の男性と恋に落ちる方法


中には会社のオーナーや管理職となり時間を自由に使える男性もいます。しかし彼らもやはり成功者であればあるほど「ワーカホリック」です。体は休んでいても頭の中は休んでいないといったふうにです。仕事が楽しくて仕方がないから脱出することももできません。

彼らの頭の中は「段取り、責任、進行管理、計画、数字、成果、創造性」というキーワードで支配されています。いわゆる「シゴトアタマ」になっています。自分自身のほとんどを「仕事」でのみ表現するしかなく、ときに自分自身が「単なるビジネスマシン」「仕事を生み出す媒体」であるかのように感じてしまう人もいます。


がんばって週末にヨットでもいかなければ別荘にでも行かなければ「自分」に戻ることはできない人達です。だからオフタイムはあえて社会的立場を切り離そうとします。日常からあえて無理にエスケープしていると言っても過言ではありません。

心も体も自由に見えて実は頭の中が多忙なオジサマ達 

May 13 [Sun], 2007, 3:31
心も体も自由に見えて実は頭の中が多忙なオジサマ達

ひとまわり年上の男性―。とくに現時点で独身の男性を口説く方法についてお送りします。現時点で独身ということは、過去に結婚暦があった男性も含みます。


今回はガイドがときどき週末のマリーナでお世話になっているリッチな40代以上の男性の方々の声をもとにお送りします。

40才前後またはそれ以上の男性、それも女性が魅力を感じるような男性の多くはリッチで自由でというイメージがあります。しかし実際は「ワーカホリック」と言っても過言ではありません。

中には会社のオーナーや管理職となり時間を自由に使える男性もいます。しかし彼らもやはり成功者であればあるほど「ワーカホリック」です。体は休んでいても頭の中は休んでいないといったふうにです。仕事が楽しくて仕方がないから脱出することももできません。