プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:jkiawxnllbjogn
読者になる
2010年06月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
Yapme!一覧
読者になる
【DEEP】元ベイスターズ4番打者・古木克明が初めて格闘技を披露、秋デビューへ / 2010年06月27日(日)
 6月26日(土)東京・西調布アリーナにて、アマチュアDEEP事務局『アマチュアDEEP西調布アリーナ大会』が開催された。その大会中に、元プロ野球横浜ベイスターズのドラフト1位で4番の古木克明(スマッシュ)が格闘家デビューに向け、初のエキシビションマッチを行った。

【フォト】この公開練習の模様

 古木は2009年にプロ野球を引退、2009年12月8日にプロレス&格闘技の新団体『スマッシュ』への入団を発表し、「世界を代表する格闘家を目指す」とプロ総合格闘技へ転向すると宣言している。

 エキシビションは2分2R、1Rはキックルール、2Rは総合ルールで行われ、その相手を元DEEPミドル級チャンピオンで現在はDREAMで活躍する長南亮(TeamM.A.D)が務めた。

 ボクシンググローブを着けた古木はサウスポーに構えてジャブを多用し、ワンツーを連打して前へ出る。途中、長南の返しのパンチとハイキックを顔面にもらって仰け反る場面もあったが、ガードを固めた長南に1R最後はラッシュを見せた。

 2R目はオープンフィンガーグローブを着け、引き込んだ長南にパスガードを仕掛け、逆にマウントを奪われて腕十字を極められかけるも起き上がって防いだ。

 初めて観客のいるリングで格闘技の動きを披露した古木は、「長南さんに受けてもらって本当に嬉しい。もっと動けないと思っていて、思った以上に動けましたが、まだまだです。リングに上がる前に一緒に練習をさせていただき、(自分とは)全然違うと感じました。どこまで行けるか分かりませんが、一生懸命に頑張ります。もっと緊張すると思っていたんですが、長南さんから“リラックスしていこう”と声をかけてもらって、(セコンドの)小路(晃)さんの声も聞こえました」とエキシビションマッチの感想を語る。

 プロ野球での経験が格闘技にも活きると思うかとの質問には、「まだ全く分かりません。体力面ではあるかもしれませんが、テクニックは全くの素人なので何もないです(笑)。今日の力の入れ具合は半分くらいでした」と答える。

「まだまだです。(格闘技は)怖さもありますが、やってみたいという気持ちが強いです。足元にも及びませんが、長南さんとリングに上がって試合が出来たことが嬉しいです」と、最後まで謙虚な古木に代わって、相手を務めた長南は饒舌に感想を述べた。

「今日が初対面でした。アマチュアの子たちが一生懸命にやっているのでショーみたいなことをやるのは失礼かと思ったんですが、倒しに行ってもしょうがないので、彼の日ごろの練習をどれだけ引き出せるかを考えながらやりました。技術的には足りないところがいっぱいありますが、一番大事なのはやる気があるかないか。エキシビション前に一緒に動いてみて、真面目にやっているということを感じましたね。

 自分が野球選手に転向は出来ないから大変だと思いますが、技術が足りなくても身体があるので、あとはいい練習と本人のやる気次第。体力面では他の一から始めた人よりはアドバンテージがある。これからどこまで出来るか、頑張って欲しいですね」

 古木の格闘家としての素質については、「体格があるし、どの階級でやるかにもよる。体力に関しては飛び抜けてリード出来ていると思いますが、そこに驕らず、今日試合をしているアマチュアの選手たちくらいのレベルからやっていくといいと思います。それが強くなる最短の近道」と、体力面を高く評価。

 また、観戦に来ていた笹原圭一DREAMイベントプロデューサーは「まだ覚えた技を使えてない感じがする。まだまだだと思いますが、成長はしていると思いますね。僕は慎重派なので、いきなり大舞台でデビューするより、経験を積んでからの方がいい。ただ、プロの世界で活躍した人なので、いきなり大舞台の方が力を発揮するかもしれません。日本人はあの階級(ミドル級)がいないので、チャンスだと思いますよ」と、資質は評価するが、もう一段階必要なのでは……との見方をする。

 佐伯繁DEEP代表は「デビュー戦を決めたい。出来れば8月中に発表します」と、古木の格闘技デビュー戦をDEEPで行うと発表。「いきなりDREAMでデビューするという手もあるが、それだと今までと同じ。今までと違って本気で格闘技をやるってところを見せたい。今日の動きは堅かったけれども、身体能力はトップクラスだし、とんでもない選手になるかも。自分の中では10月のDEEP記念大会に出したいという気持ちはある」とした。 6月27日0時17分配信 格闘技ウェブマガジンGBR
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100627-00000000-gbr-fight
 
   
Posted at 04:14/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
 
 
Powered by yaplog!