アヤマサで井野

December 21 [Wed], 2016, 20:31
インプラント治療を希望する代表例として、他の歯を削ったり、かぶせたりしたくないという患者の希望がある場合です。
ブリッジ治療で考えると、義歯を支える役目をする両サイドの歯は削らなくてはなりません。
インプラント治療の場合、人工歯根を骨に直接埋め込むので該当する歯の分だけ治療することになります。
両隣の歯を削って支えにするのはもったいないという要望がある場合、やはりインプラント適用が一番でしょう。
顎骨に人工歯根を埋め込んで義歯を固定するインプラントは、一種類だけではなく、部品の接続形態によって以下に示す何通りかに分かれています。
人工歯根からアバットメントまでが一つのパーツになっているのが1ピースタイプと呼ばれるもの。
そして、これらが別パーツになっている2ピースタイプがあり、こちらの方がメジャーです。
この2ピースタイプはさらに、パーツ同士の結合部の形によって、結合部分が凸面になっているエクスターナル・コネクションと、凹面になっているインターナル・コネクションに分かれます。
この内、インターナルの方がアバットメントの接続が容易と言われています。
新たな歯科医療の形として期待が持たれるインプラントですが、治療を受けるにあたって、多くの方が心配されるのが、術後の腫れではないでしょうか。
とはいえ、手術を担当する歯科医の技術や、患者さん自身のコンディションにもよるので、絶対的なことは言えないのが実情であり、結局、治療してみるまで分からないということになります。
担当医の指示通りに痛み止めを服用し、患部を冷やすなどの処置で痛みが引く場合が多いですが、それでも痛みの治まる気配がないときは、直ちに歯科で診てもらってください。
インプラントが世の中に定着した技術となった今日では、医療スタッフもインプラントに慣れてきて、失敗は少なくなったようですが、それでも完全にゼロにはならないのが残念なところです。
上部構造(義歯)が人工歯根にしっかり接続されておらず、噛んでいるとグラグラしてしまうなど、問題となる不具合が報告されています。
こうしたトラブルは、担当歯科医がインプラントに習熟していないことの影響が多分にあります。
インプラント手術の経験と実績のある歯科で治療を受けるようにしましょう。
よく耳にするようになったインプラントは、どんな治療かというと、まずアゴの骨に手術用ドリルで穴を開け、そこにフィクスチャーとも呼ばれる人工歯根を埋め込み、義歯を装着するものです。
入れ歯などの方法と比べると、自然に食べ物を噛むことができますし、見た目の美しさにも優れています。
インプラント治療には、歯科医、歯科技工士といった医療スタッフの極めて高い医療スキルが物を言うといわれています。
それだけの技術が惜しげもなくつぎ込まれた高度な治療法ということであり、その分高額になっているのです。
手術によって、人工物であるインプラントを体内に埋め込むのでほとんどの患者さんは、手術後、人工物を入れられた違和感を感じています。
数日で腫れも引き、違和感も薄れてくるので腫れが気になっても、舌などで触るのは止めてじっと耐えてください。
もしも、十日以上経っても浮いた感じが治まらない場合や、痛みが激しかったり、腫れや出血が治まらなかったりする場合は、原因がどこにあるのか探り、適切な対応をすることが必要です。
急患でも診療を受けることが必要です。
歯科治療は全て同じですが、インプラント治療は治療が終われば後はほっておいて良いわけはなく、アフターケアが寿命を決定します。
毎日丁寧にブラッシングすることによるプラークコントロールは欠かせませんし、自覚症状の有無にかかわらず、歯科医の定期検診を受けることが欠かせません。
人工物のインプラントでも、ひとたびケアの手を抜けばいずれ歯周炎などを引き起こすことになります。
入れ歯で噛むと食べた気がしない、または入れ歯そのものに抵抗感があるという方に選択肢としてインプラント治療があります。
あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋入する手術を行い、その後、セラミックなどでできた人工歯をかぶせます。
入れ歯に比べれば費用はかかりますが入れ歯よりも見た目の自然さに優り、噛んだ感じが自然なので、食べ物も美味しく食べられます。
義歯でも、見た目や使用感を譲れない方にふさわしい治療です。
高額なインプラントは、一体何年くらいもつのかというと、長く使っている症例は多くないのが現状ですが、治療後のメンテナンス次第で自分の歯と同じくらい保たせることが可能というのが多くの意見です。
ということは、日頃のケアを欠かさなければ長期間トラブルなく使うことも可能ですが、日頃のケアが行き届かないと維持できなくなる異常も起こりうるということを肝に銘じておくべきです。
どうにもならない虫歯で、とうとう抜歯を迫られました。
隣の歯の状態から見れば、ブリッジも可能でしたがインプラントにもできるということで、メリットとデメリットを説明されて治療を受ける決心がつきました。
自費診療なので、かなりの額になりますが自分の歯に近い使用感があるとのことでした。
治療後、噛めるようになると、ほどなく違和感なく噛むことができるようになり私の場合は、インプラントが最適でした。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:リオ
読者になる
2016年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる