新谷乳酸菌が効果あります
2013.05.12 [Sun] 23:12

新谷乳酸菌っていいんですね。ブルーベリーが目にいいと言われていることは、殆どの人がご存知の通り、ブルーベリーが目に良いといわれていて始めたきっかけをご存知ですか?第二次世界大戦中に、イギリス(国旗のデザインがかっこいいですよね)軍の兵士がいつもパンにブルーベリージャムを塗って食べていたところ、夜間でも敵がよく見えるようになったということがきっかけと言われているんですね。これをきっかけに、科学者が研究し、視力や疲れ目にブルーベリーが効果が期待出来ると言った裏づけをしたと思いますよ。では、ブルーベリーのどういった成分が目に効果的なのでしょう?ブルーベリーは何れも綺麗な青紫色の実そうはいっても、あの青紫色の正体は、「アントシアニン」と言った色素です。網膜(日食網膜症には治療法がなく、失明の恐れもあるそうです)内にはロドプシン(視紅、視紅素、視紫紅とも呼ねれています)と言う色素がありますが、この色素の働きが低くなってしまうと、物が見えにくくなったりして眼精疲労(病気の症状の一つとして眼に出ているのかもしれません)を引き起こしてしまうでしょう。このロドプシン(紫紅色をしている色素タンパク質の一種です)の働きをサポートすることができるのが、アントシアニン(活性酸素の除去作用があり、ビタミンCと一緒に服用することで、より高い効果が期待できます)だといえるはずです。アントシアニン(アントシアニジンに糖が結合したもので、植物の色素になります)の効果は世界中に広まっており、眼精疲労を緩和する効果や視力の向上にも効果を持つみたいですよ。やはり、年齢を重ねると目も衰えてきますよね。その衰えの要因として酸化にありますが、ブルーベリーにはフリーラジカルによる酸化を防ぎくれる物質がたくさん含まれています。体の酸化を防ぐという事は、目によいだけじゃなく、寿命を伸ばしたり、病気(早期発見、早期治療が完治のためには必要不可欠でしょう)の進行を遅らせたり行う場合にも繋がるとなるんです。目に重点を置いた効果で言えば、ブルーベリーは白内障にも効果的だと考えられているのです。