油脂の過剰摂取などによる「脂質過多」

May 14 [Tue], 2013, 9:48
アミノ酸のグルタチオン(GSH)には、細胞の機能を不十分にしたり変異を誘引するような悪影響を及ぼす物質を身体の中で解毒し、肝臓の動作をより良くする動きが判明しているのです。
患者数が増加しているうつ病では脳の中の神経伝達物質のセロトニンが不足することにより、憂うつ感、なかなか寝付けない不眠、倦怠感、疲労感、食欲低下、体重の減少、焦り、顕著な意欲の低下、希死念慮、そして重症の場合自殺企図などの辛い症状が出現するのです。
肝臓を元気な状態に保ち続けるためには、肝臓の毒素を分解する力が低くならないようにする、即ち、肝臓を老化させない対策を地道におこなうことが重要だと言われています。
内臓に脂肪が多い肥満が確認された上で、油脂の過剰摂取などによる「脂質過多」、塩分の摂取などによる「高血圧(こうけつあつ)」、糖分の摂りすぎなどによる「高血糖」のうち2項目以上相当するような事例のことを、内臓脂肪症候群、またの名を「死の四重奏」と呼んでいるのです。
BMIを求める計算式はどこの国でも共通ですが、数値の評価水準は国単位で異なっており、(社)日本肥満学会(JAPAN SOCIETY FOR THE STUDY OF OBESITY)ではBMI値22を標準体重、25以上の場合は肥満、18.5未満だと低体重と定義しているのです。
自分で外から見ただけでは骨折しているかどうか分からない場合は、怪我をしてしまったポイントの骨を注意しながら押してみてください。もしその部分に激しい痛みが響けば骨折の可能性があります。

ピックアップサイト:背中ニキビは体内から改善する漢方で治る
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:そり
読者になる
2013年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/jjkjkj/index1_0.rdf