アリー my Loveは見る価値あり

May 10 [Fri], 2013, 14:22

ハーバード大卒の弁護士アリー。アリー my Love 彼女はある日、セクハラをした事務所の上司に抗議すると解雇される憂き目に遭うが、偶然出会った友人リチャードの経営する“ケイジ&フィッシュ弁護士事務所”で働くことに。しかし、そこにはかつての恋人ビリーがいた。再びアリーの心はときめくが、彼はすでに結婚しており…。恋と仕事の狭間で揺れる独身女性の心情をブラック・ユーモアたっぷりに描き大ヒットしたコメディ・ドラマ。アリー役のキャリスタ・フロックハート(「バードケージ」)はゴールデン・グローブ主演女優賞を受賞。製作総指揮は「ザ・プラクティス/ボストン弁護士ファイル」のデイビッド・E・ケリー。アリー my Love DVD主な出演に、ギル・ベローズ (「ショーシャンクの空に」)、グレッグ・ジャーマン(「スウィート・ノベンバー」)、コートニー・ソーン=スミス (「メルローズ・プレイス」)、ジェーン・クラコウスキー(「ダンス・ウィズ・ミー」)、ピーター・マクニコル(「ソフィーの選択」)。


ライザとリチャードは、ヘレナという女性から、アリー my Love DVD BOX 夫スティーブンと離婚したいという依頼を受ける。婦人服のチェーン店を経営しているヘレナは、自信にあふれた非常に高圧的な女性だった。ところが、その直後、アリーが事務所のトイレでヘレンという女性と出会う。

語り口からして気弱そうなヘレンは、アメリカドラマ アリー my Love DVD自分がどこにいるかも分かってないようで、とても不安げな様子だ。実はヘレンは多重人格者で、別人格のヘレナとしてアリーたちの事務所にやってきたのだった。オチは今まで弱々しくヘレナに脅えていたヘレンが自分の意志で「私の人生を夫と生きてゆきたい」と証言し裁判に勝って夫と喜びを分かち合う。アリー達は一安心で家でアリーの誕生日パーティを開くんだけそこにヘレンの家から緊急の電話が。アメリカドラマ アリー my Love DVD BOX医者の勧めで多重人格者に発生した別人格を消し去る強力な薬をヘレンに投与したところ

別人格のヘレナではなく、主人格のヘレンが消滅してしまい(医者の話では彼女の心の中での人格の割合がヘレナの方が大きかったため

 
薬がヘレナの方を多重人格が産んだ人格だと判断してしまったためらしい)結局ヘレナは夫を置いて家を出て行ってしまう。



P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/jjdvd/index1_0.rdf