症状や原因がほとんど同じ

September 05 [Thu], 2013, 15:16
分離症もすべり症も年配モンん方にぎょうさん発症しいやいます。そん原理は、椎間捻挫と同さんん原理で、主な原因は腰椎がずれへんことで痛みでるちゅうわけや。

ぎっくり腰とも大きく異る点は、スベったことでズレた腰椎がもとに戻れへんで、ズレっぱなしになるちゅうことどす。これが、腰椎分離症とすべり症んいかいな特徴どす。

ほな、分離症とすべり症がどないちゃうさかいしょう?

症状や原因がほとんどおんなじやので、どちらも区別しにくいんどすけど、根本的なことがいかいな違おす。分離症は、椎骨棘突起が折れて腰痛になってます。すべり症は、椎骨がスベって腰痛になるちゅうわけや。

なんで、年配モンにおーいんかちゅうと、急性んぎっくり腰と違い、折れたりスベったりしはることが原因やからどす。

靭帯組織や椎間板ん老化によるモンで、加齢が原因やからなんえ。若い時には耐えられた負荷も、年をとると耐え切れなくなるちゅうわけや。

若いときは、靭帯ん柔軟性もあり腰椎がスベってもすぐに戻るちゅうわけや。老化しはると、靭帯ん柔軟性がへんため戻ることなく、すべりっぱなしになるちゅうわけや。

やので、年配モンん方んほうが、分離症やすべり症になってやすいのどす。


こんような分離症やすべり症やらなんやらは、どんような痛みかちゅうと、突然ん激痛とは違って、徐々に症状が進行しいやなるモンやので、ちびっと気になる程度ん違和感でしかあらしまへん。

これが、次第に慢性痛となってます。腰痛が滑る場合、神経ん圧迫で坐骨神経痛をいっぺんに発症しはることもおーいどす。

痛みがあんまりへんさかい放置しいやいましがちどすけど、油断しはると、脊柱管狭窄症になってしもたりしはるさかい、用心が必要どす。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:jj587f
読者になる
2013年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/jj587f/index1_0.rdf