スプリング医ゼミ2011 

2011年04月14日(木) 0時06分
更新が滞ってしまってごめんなさい。
新歓の時期となりましたね。
大震災があり、様々な意見がありましたが、
今年もやります!


スプリング医ゼミ

日にち :4月23日(土)、24日(日)
場所  : 東京大学本郷キャンパス医学部教育研究棟
内容
  講演会…WHOメディカルオフィサー 進藤 奈邦子 先生
<感染症対策の最前線で活躍なさっている女性医師。子育てをしながら世界で活躍。>

  分科会…「障害って何?」、「医師不足」、「薬害」、「ハンセン病」、「グリーフケア」、「精神救急」、「医療者養成」etc...


タイムテーブル
 23日 12:00受付開始
12:45企画開始
14:00講演
17:30分科会
21:00交流会

 24日  9:00分科会
10:45閉会式
12:00終了


参加費
一年生 300円
上級生 300円
一般   1500円
宿泊費
一年生 700円
上級生 4200円
 ※じぞうの会からは上級生の宿泊費補助が出ます。

【連絡先】
申し込み、お問い合わせはこちらまで
メールアドレス:Jizou@izemi.com


新入生歓迎企画ですが、もちろん何年生でもどの学部でもどの大学でも参加できます

医ゼミってなに?という方はこちらがオフィシャルHPとなってますので、
チェックしてみてください

【全国医学生ゼミナール (医ゼミ)】
   http://www.izemi.com/

6/26 じぞう定例会と感想 

2010年06月30日(水) 14時34分
●日時
6月26日 13:00〜17:00

●場所
新大橋集会所 洋室

●タイムテーブル
13:00〜
千葉プチ
13:30〜
新聞記事紹介
14:00〜
分科会:「B肝」
15:00〜
テーマ学習:「平和」
16:00〜
じぞうミーティング

〜感想〜
今回は約1年ぶりに参加した学習会の感想を遅くなりましたが流します。

相変わらず皆さんいろんなことを考えていて、圧倒されるばかりでした。

最初は千葉プチ医ゼミの報告でした。新型インフルエンザには苦い思い出があるのでなんとなくは知っていたんですが、改めて話を聞くと知らなかったこともポロポロ出てきました。国と県の連携などああそんな感じだったんだと思いました。何事もちゃんとした連携が大切です。最後は口蹄疫というなかなかホットな話題までとんで、知らなかったことを一気に頭に入れた感じです(笑)

次の新聞紹介では管首相が沖縄の式典に参加した時の記事を読みました。本当に沖縄は大変です。基地の移設にしても、色々な問題が絡んでいたなんて今まで考えたこともなかったので、話を聞きながらずっと感心しっぱなしでした。この問題は全部が納得した形で解決することはできないんじゃないかと思います。

その後はB肝の分科会でした。B肝については昭和でも少し勉強していたのでそこまで新しく知ったということはなかったのですが、なんど聞いても釈然としない気分でした。健康であるための、しかも国が義務付けたものでなぜ被害を被らなければならないのか。財源がないのもわからなくはないけれど、だからといって無為やたらに引き伸ばしていいものではないはずです。こういった問題を聞く度に国の在り方について考えさせられる気がします。

最後は『平和』について学習しました。カザフスタンの核実験後を取材したビデオを見たのですが、もう衝撃の一言です。被爆国が日本だけだと思っていた自分にもショックを受け、現場の映像を見てそのあまりの酷さに言葉をなくし…
日本は広島長崎に原爆を落とされて、その1回だけでもあんなに放射能被害が…って言っているのに、この村では月2回って…!大家族でもその子供全員が知的障害や奇形といった被害を受けていたりしているのに、なんの救済もされていない。うまく言葉にできないんですが、こんな事が許されていいのかって感じです。平和について、戦争についてもっと考えてみたいと思いました。

なんかうまくまとめられなくてすみません…
次はいつ参加できるかわかりませんが、その時はよろしくお願いします!

(6/28 昭和大 薬 3年)

山梨プレ抱負&感想 

2010年06月30日(水) 14時28分
〜参加前〜
@おはようございます。ぼくは眠いです。

今回は、講演会の内容が岐阜のときと繋がるところもあるのかなと思い、そんなことを意識しつつ聞きたいな、と!
あと、分科会にも関わるのでそこもがんばりまっしゅ!
あらたなつながりもつくります!
(6/19 昭和大 医 3年)

Aおはようございます♪
山梨プレでの企画に参加できるのは1日目だけですが、目標を述べます(^^)/

今回の講演会では一部でハイチのお話を聞けると思うのですが、私はハイチの事を全く知らないので少しだけでも知識として身に付けたいです。

あと全然山梨行ったことなかったんで、出来たら美味しいものも食べたいです\(^o^)/
↑ここ重要です(笑)
(6/18 東京女子医大 看護 3年)

〜参加後〜
@19〜20日、山梨プレがありました。講演会、SGD、分科会、交流会、山梨たのしかったよう!

講演会の講師は、小澤幸子先生。NPOハイチ友の会の方です。物腰よくすてきな女性です。後進国や途上国といった社会のインフラが完全でないところで、医療を整えていく前にまず何をすべきか。ハイチでの先生の経験から考えることができました。また、理想ってなんだろう、現実と理想の関係はどんなだろう、とても考えさせられました。
じぞうから分科会を出しました。自分もそうであったように、ハンセン病について考える機会がある人はそう多くはいませんでした。そのようななかでも、ハンセン病を通して、差別や偏見について意見を共有しあうことができました。二日目は現地から、コミュニケーションに関するものに行きました。自分にもほかのひとにもやさしく生きていきたいものです。さわやかアサーティストになるぞ!笑
あ、交流会も充実した時間になりました。

電車移動の良さも実感。立ったり座ったり、長旅お疲れさまでした。
梅雨が終わると夏本番!岐阜医ゼミへまっしぐらですね\(^ー^)/
(6/21 昭和大 医 3年)

A遅くなりましたが土日にあった山梨プレの感想を流そうと思います

まず思ったのが現地の人たちの人数の多さと、元気の良さでした

講演会ではハイチのことを知れたのはもちろんですが、去年あった山梨ポストの講師だった先生と同じ、牧丘病院の先生というのを知って、
「牧丘病院っておもしろそう!」
って思いました。一度行ってみたいです

分科会はじぞうのハンセン病報告と宮崎の口蹄疫問題に参加しました
新しい知識を知って広めることの大切さと大変さを知りました

終わった後はほうとうを食べ、神社でバドミントンもどきやフリスビー、シャボン玉で遊び小学生のような午後を過ごしましたwww(何十年前の出来事だったかな…)

(6/22 昭和大 歯 3年)

介護を学ぼう 

2010年06月30日(水) 14時17分
4番、サード、水本です。
じぞうでは夏に向けて「介護」「予防」「平和(核について)」という3つのテーマで学習をしています。
そのなかから「介護」の学習の様子をお伝えします。

〜6/14メーリス from 代表〜
17日(木曜日)に女子医の分室(最寄り駅は曙橋です)で学習会をやる予定です!テーマは『介護制度』です!制度についてちょっと学習して、DVDみたり軽くディスカッションしたりする予定です(^^)
分からないことを出しうことが目標のひとつなので、「難しそう」とか考えずに、予定が空いてる人は是非参加してください(^^♪
持ち物は特にないですが、介護保険の資料とか介護に関する新聞記事とか持ってきていただけると喜びます(僕が)。
今回はかるーく制度をやりつつ事例をみつつ、みんなでお菓子食べながら知りたいことを考えたりする感じなので、「よくわからないな〜」って人もどんどん参加してくださいp(^^)q

〜6/21メーリス 6/17の感想〜
遅くなりましたが、木曜日の介護在宅についての学習会の報告をしたいと思います。

私は少ししか参加出来ませんでしたが、介護保険や介護の事例の載った資料を見ながら、感想や疑問点、これから学びたい事について意見を出し合ったりしました。

その中で一番に感じた事は、本当に介護を必要としている方の障害の程度と、支援の内容に大きなズレがあるということです。
一口に介護と言っても、障害のある箇所や程度、生活状況などは人によって様々なので、その方々を簡単なマニュアル通りに要支援なのか要介護なのか判定することは適切ではないと思いました。
判定したところで、現在の日本の不完全な体制ではサポートしきれているとは到底言えません。
日本は高齢化も進みますます介護は難しい問題となってきているので、今一度皆で考えてみませんか?

ということで、じぞうでは来週再来週と学習会やFWを企画しているようです。
今回参加出来なかった方も、今後の企画に参加して、一緒に介護在宅について学びましょう!
次回は25日(金)にFW(ダメなら学習会)が予定されています。
詳しくはまたメーリスで流れると思うので、チェックして下さい。

〜6/23メーリス from 代表〜
6/25も介護の学習企画をやりたいと思います(^o^)
前回の学習会では介護の認定の話とか、SWとか介護福祉士の違いとか、いろんな話がでました。そこで、いろいろお願いしてみたところ、今回は「ケアマネ」さんのお話を聞けることになりました!
中野共立病院というところのケアマネの方で、介護のことやケアマネのお仕事の話などをお話してださるそうです(^^)

今回は平日ということもあり、少し時間が遅くて20:00〜21:00という感じを予定しています。
時間は遅いですが、絶対いい話が聞けるので時間が合う方はぜひぜひ参加してください!

〜6/28メーリス 6/25の感想〜
@介護保険の理解がより深まり、勉強になりました。ケアマネ?さんの話がきけて良かったです。
介護保険の問題がこんなにも多いことに驚きました。来年の改訂内容に興味深々です。
参加してほんとに良かったと思いました。
(慈恵柏看護専門学校 2年)

A介護保険について、ほんとたくさん学べました!
で保健師さんとかから聞くこととは、また違った事を教えてくれたので凄く勉強になりました。
最初の法律的な所は、少し難しく感じましたが、途中からは疑問に思ってた所も解説してくれてたのでよく理解できました!

今後、在宅を学ぶ上でとても参考になる内容でした。

こういった会に参加することで、自分の視野も結構広がってきたように思えます。
(慈恵柏看護専門学校 2年)

〜6/30メーリス from 僕〜
7/3(土)のじぞう定例会の前に介護フィールドワークをします。
夏に向けて、実際に介護の現場を見てみませんか?

Sさん 94歳 自宅がお寿司屋さん。
ご本人はお話できないとのこと。
介護者の娘さんがお話ししてくれます。
主病名 脳梗塞 廃用症候群 胃ろう

実際にお宅に訪問するため、大勢で行くとご迷惑がかかるので、先着順に2名を定員にしようと思います。
フィールドワークは4日も予定していますので、そちらのほうも参加してくださいね。

千葉プチ感想 

2010年06月30日(水) 14時14分
今回は淑徳大学で行われた千葉プチ医ゼミに参加してきましたので報告します。
テーマは『新型インフルエンザ』でした。ニュースでも騒がれたし、まぁ知ってることの復習をしようかなくらいの気持ちで臨みましたが、知らないことが実際には多く、かなり勉強になりました。講演には県の公衆衛生担当の、佐藤至氏を迎え、行政からみた新型インフルエンザとして、関係機関の連携や摂取の優先順位の決定、緊急時の対応、また成田空港という日本の玄関を持つ県としての水際対策などのお話を聴くことができました。普段医療者としての視点の話が多くある中で、こうした違う視点からの話というのは自分の視点を増やすという意味で本当に貴重な講演でした。

その後の交流会や翌日の動物園と、地元学生の厚い接待を受けまして、こちらの方がプチ医ゼミの本番なのでと思うほど楽しむことができました。カピバラさんが死ぬほど可愛いかった。いやキリンさんもなかなか勇敢でした。ふうたくんは爆睡でした。

6/15 聖路加大学 看護 4年

6/8 B肝四周年集会 感想 

2010年06月30日(水) 14時12分
昨日のB型肝炎訴訟4周年集会にいってきました。200人を超える参加者となりました。原告のかたの訴えから、肝炎の症状の辛さ、社会からの差別の辛さが切々と伝わってきました。より多くの人がありのままの事実を知ることの重要さを改めて感じました。また、札幌や大阪、そして九州の学生たちも駆けつけていて、全国規模の問題であることを再認識しました。

まさかのオールとなった交流会では、B肝による差別の問題を切り口に、差別意識を生んでしまう社会の性質について話し合いました。弁護士のかたも二名お付き合いくださり、貴重な交流の場となりました。

これ以上の解決先延ばしと命の切り捨ては許されません!

ではでは、失礼いたしました(^o^)/

6/9 昭和大 医 3年

6/8 B肝4周年集会 

2010年06月09日(水) 9時07分
今日は趣向を変えて中国語で我姓水本。
じぞうで継続的に学習しているB型肝炎訴訟に関するFWについてです。
感想等は後日。

〜〜〜以下、6/2のメーリスです。〜〜〜

来週火曜日(6/8)にB型肝炎訴訟4周年集会があるので、そのお知らせです。
なんと大阪の学生が朗読劇をするそうです。見逃せませんね。
他大の学生もたくさん来るので、時間と興味のある方は是非参加しましょう!

〜以下メーリス転載です〜

6月8日(火)9日(水)4周年集会他をお知らせいたします。
B型肝炎訴訟の早期解決をめざし、最高裁判決4周年集会を開催します。
集会の前に有楽町マリオン前で宣伝行動も行います。
お忙しいとは存じますが、是非とも多くの方々のご参加をお願いいたします。

6月8日(火)
16:30〜17:30 有楽町マリオン前宣伝活動(16:30集合)
18:30〜20:30 4周年集会(全国町村会館:千代田区永田町1-11-35)
 地下鉄有楽町線「永田町」駅3番出口徒歩2分

6月9日(水)
12:00〜13:00 厚労省前宣伝
(場所、時間帯は変更されるかもしれませんのでご了承ください。)

6/5・6 じぞう合宿 詳細 

2010年06月09日(水) 9時00分
【日時】
6月5-6日

【場所】
多摩全生園

【タイムテーブル】
5日(1日目)
10:00〜12:30
全生園内の見学と昼食交流会[案内・解説:荒井裕樹さん(東大OB)]

13:00〜14:30
ハンセン病資料館見学[案内・解説:森元美代治さん(ハンセン病回復者の方で全生園在住)]

14:30〜16:00
ハンセン病回復者の方の講演
講演:森元美代治さん

16:00〜17:00
SGD

17:00〜
移動&夕飯

19:00〜
じぞう企画♪

21:00〜
☆交流会☆

6日(2日目)
09:00〜 プレ医ゼミin岐阜報告

09:30〜 テーマ議論&じぞうミーティング

11:00〜 聖蹟桜ヶ丘で「耳をすませば」ツアー&温泉(という名のスーパー銭湯)ツアー 

千葉プチ医ゼミと山梨プレ医ゼミ 

2010年06月09日(水) 8時55分
怒涛の更新中です水本です。
今月は企画目白押し 色々あって楽しそうです
ってなわけで全国企画紹介!

〜千葉プチ医ゼミ〜

来る6月12、13日に淑徳大学にて「第4回プチ医ゼミ」を行うことになりましたぁ!
テーマは、「新型インフルエンザ」

皆さん、去年新型インフルエンザが流行した時どのように思いましたか?
メディアからの情報をどのように受け止め、過ごしていましたか?
また、今後もいつ、ウイルスが変異して新型インフルエンザが発症するとも分からない中、普段からどのような姿勢でいるべきなのか・・・


など、去年の状況を振り替えつつ、たっぷりと新型インフルエンザについて議論できたらと考えています!!

講師の方は、千葉県健康福祉部政策課の佐藤至さんです
県が、新型インフルエンザについて取組んだ事、これからの新型インフル対策など流行する病気についてなど生の声が聞けると思います!!

以下タイムスケジュールです★

12日
10:00 受付スタート
10:30 映画「感染都市」
12:00 SGD
12:30 昼
13:15 たまご、発表
15:00 講演会
16:00 質疑応答
16:20 休憩
16:30 SGD
17:10 全体発表
17:40 撤収
20:00 交流会


13日(時間変更の可能性有り)
前回同様、千葉動物公園に皆で行きましょう☆☆☆
8:00 起床
9:00 旅館出発
10:00 千葉動物公園、着
以下、様子をみて解散☆

**********
参加費:300円
交流会費:300円
宿泊費:4000円
(ビラとゎ一部変更があります。ご了承下さい)


〜山梨プレ医ゼミ〜

■日時
6月19(土),20日(日)

■場所
山梨大学医学部キャンパス
(旧玉穂キャンパス)

■講師
小澤幸子先生
大学在学中に「ハイチ友の会」を創り、自らも医師の資格を取得。以来15年にわたりハイチへの支援を続けている。
今回のハイチ地震では、日本赤十字社の医療斑への協力者として現地入りし、一ヶ月間、調査や診療をされました。
講演会では、医療者の立場から見た被災者の姿と医療の現場を、お話頂こうと思っています。

■タイムテーブル
*19日
12:30 受付
13:15 スタート
13:30 講演会
14:30 質疑応答
15:00 休憩
15:10 SGD
15:40 休憩・移動
16:00 分科会@
17:30 終了
18:00 完全撤収・移動

*20日
8:30 宿舎出発
9:30 分科会A
11:00 全体企画
12:00 終了

■費用
参加費:300円
宿泊費:4000円(仮)
※カンパがでますよ

岐阜プレ感想 

2010年06月09日(水) 8時46分
感想@

土日に岐阜プレ医ゼミに参加してきました!!

たくさんの人と
交流ができ
大満足な2日間でした。
岐阜に行く前に
今回の目標を決めたのでその目標と共に
感想も読んで頂けたら
うれしぃです(*^_^*)

目標:
講演や交流を通して
地域に必要な救命救急と災害時に必要とする
救命救急の必要性に
ついて学ぶ


感想:
講演やSGDを通して
救命救急は
どんな状態でも
まず第一に命を
救うことが優先な
医療分野なのだと
感じました。

講演では
地域医療という面での
救命救急はその地域に
住む人が安心して
質の高い安全な
医療をいつ.
どこにいても
受けられるように
することが
目標となっているのだと理解できました。
だからこそ
最悪な事態が
起こった時に
対処できるように
救命救急医だけでなく
地域の人がお互いに
助けあえるような
社会資源を
提供することも
すごく重要なことだと
学べました。


また
災害という面での
救命救急は
すごく幅が広く
想像以上の
身体的・精神的体力を
消耗する仕事だと
感じました。
しかし
災害が起きてしまったら誰かが人を救ったり
生活の復旧をしなければならない状態と
なってしまいます。
そんな時
救命救急医は
自分を犠牲にしながら
必死で人のために
働いているのだと感じ
すごく感動しました。

救命救急医や
レスキューの方は
救助した人が
生きていても
亡くっていても
その人や家族のことを
考えながら
常に働いているのだと
感じました。

災害時の救命救急は
救う人にも
大きな危険を伴います。
だからこそ
プロとして
働いてる方々が
自分を犠牲にし過ぎないような環境を
整えていくことが
救命救急を支えていく
ことでもあるのだと
学びました。


岐阜プレ医ゼミの
講演や交流を通して
今まで見えていなかった視点に気付き
救命救急について
考えることが
できました。
だから今回の目標は
達成できた気がします♪
学んだことが
学んだままに
ならないように
興味を広げていけたら
いいなぁって思います!!

ここまで
読んで頂き
ありがとう
ございました(^O^)v

5/30 順天堂大学 看護2年


感想A

岐阜プレ医ゼミに行ってきました!
プレ医ゼミに行ったみなさん、お疲れ様でした。

最初に立てた目標とプレ医ゼミの感想を報告します。

目標:いろんな学部の人と話して、いろんな職種から見た医療を学ぶ

いろんな考えを持った人と交流できるのが医ゼミの楽しいところ。今回も医学、看護、薬学、臨床検査、PT、OTなど本当にいろいろなことを学んでいる方々と交流できました。そのひとつひとつが刺激になります。
講演会では、薬学を学ぶ私にとって、学ぶ機会がなかった救急医療について知ることができました。また、分科会では、「研修医制度」というテーマに参加させていただいて、自分の知らなかった世界の話を知ることができました。
まず、『知る』ことが大切だと思いました。『知る』ことで見えなかったことが見えてきて、自分の中でまた違った視点で医療を考えることができたと思います。

今回の医ゼミに行って、他職種についてもっと知りたくなったので、これからもいろんな人と意見を交換していけたらとおもいます。

東京薬科大学 5年


感想B

昨夜、岐阜から帰ってまいりました。岐阜は落ち着いた感じの街で、大学はきれいで広々としていました。岐阜はいいところ!さるぼぼのひとはみんな味わい深い、とてもいいひと!

以下のことを目標として、今回のぷれいぜみに臨みました。
いろんなひとの顔を覚える(できれば名前も)。現地の雰囲気を感じる。じぞうメンバーとの交流も(・o・)ノ

二日間の盛りだくさんの企画を通して、多くの方たちとふれあい、多くの刺激を受けました。うん、刺激的な二日間でした。
救急医療のプロフェッショナルお二人による講演。一刻を争う救急医療の現場においては、医療の質や迅速性、また近接性など多くの改善すべきことがあると感じました。ドクターヘリや被災地での援助活動という、なかなか聞くことができない内容についても考えられました。強靭な体力や精神力、そして行動力も必要な過酷な現場であると思います。救急だけではありませんが、医療の質の向上はそのまま社会の質の向上につながる、と改めて感じました。

今回は分科会初参加となりました。その発表の完成度に感銘を受けました。それぞれの学生が多様なことに興味を抱いているとことも面白いなあと、新鮮な経験ができました。

ディスカッションではいろんな方たちの思いに触れ、視野が広がったと思います。雇用や孤立社会についてなど議論はおおいに盛り上がりました。

交流もいっぱいできました。お腹いっぱい大満足のうちにプレ医ゼミは幕を閉じました。目標達成であります。

5/31 昭和大 医学3年


感想C

29・30日と、岐阜大学で行われた「プレ医ゼミ」に参加してきました。


私は今回の岐阜プレに参加する前に、次のような目標をたてました。

〈岐阜プレの目標!〉
・岐阜は救命が得意のようなので、今回の講演会にもあるフライトナースについて知り、理解を深める。
・交流会や分科会を通して、多くの人と交流をしてみたい。
・せっかく岐阜まで来たので、しっかり学んで帰りたい!

これらをふまえて、
岐阜プレの感想を書きます。

〈岐阜プレの感想〉
今回の医ゼミのテーマが「救急」ということで、
1日目は医師と看護師2人の方の講演をききました。
よく救急の現場はドラマなどで取り上げられていますが、
実際にフライトナースや救急救命医として活躍している方の話は、
とてもリアルで、イメージがしやすかったです。

今回の講演会では、
医学と看護学両方の視点から救急医療を考える事ができ、貴重な経験ができたと思います。


そして分科会や交流会を通して、
全国の様々な学部の方と意見交換をする事ができました。
みんな明るく優しい人で、
それでいてしっかりした自分の意見を持っているので、話していて良い刺激になりました。

2日間でしたが多くのことを学べたと思います。
今回の岐阜プレで学んで興味を持った事は、これからもっと理解を深めていきたいです。

6/1 聖母大学 看護2年

感想D

1日目は2つの講演会に参加しました。講演者はフライトナースと医師という、職種も職場も違う方でしたが、どちらの講演でも共通して感じたことは、『救急医療の現場では、一刻もはやい対応が求められるから、医療者は自身の経験に基づいて、その後に起こり得ることを予想して動く!』ということです。臨機応変に他の医療者とコミュニケーションを図って、問題の解決策を探らなければならない、と感じました。将来医師になったとき、きっと短時間で重要な決断を下さないといけないことがあると思います。学生のうちから、こういったことを日常生活の中でも意識しようと思いました! 
分科会では研修医制度について知識を深めました。近い将来研修医になる私にとって、充実した研修をするためにも、研修医制度が近年頻繁に変わっていることは気がかりです。国家予算や医師不足といった問題もあり、やむを得ない部分もありますが…

今回は以下のような目標をたてていました。       
@フライトナースの講演をきくことで救急医療の現場で起きてる問題を再確認する。
Aいま救急医療に少し興味があるので、自分の救急医療に向いている点をさがす。
@は達成できましたが、Aはわかりません(´ー`)今後模索する中で、答えを見つけたいです!

交流会で夜おそかったからなのか、月曜日の一限は早速遅刻しましたが(笑)2日間、とても楽しめました('-^*)/

時間をみつけて、岐阜大学病院がロケ地というジェネラルルージュの凱旋もみてみたいです!!

6/1 筑波大 医学1年

2011年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像興味アリ
» スプリング医ゼミ2011 (2011年04月15日)
アイコン画像るくつくるくつくる
» ☆スプリング医ゼミ☆ (2010年04月13日)
アイコン画像大補帖
» 年末に向けて☆ (2010年01月21日)
アイコン画像ひろ
» これからのじぞう!! (2009年10月17日)
アイコン画像補帖
» ☆2009 信州医ゼミ☆ (2009年10月07日)
アイコン画像かなこ
» お久しぶりです!! (2009年06月11日)
アイコン画像馬場ちゃん
» お久しぶりです!! (2009年06月10日)
アイコン画像植木です
» ねくすとじそう (2009年01月02日)
アイコン画像美咲
» ☆’08 Spring 医ゼミ☆ (2008年04月06日)
アイコン画像☆ゆかり☆
» 今後のじぞう♪ (2006年05月10日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:jizounokai
読者になる
Yapme!一覧
読者になる