将来の夢 

2007年01月17日(水) 4時56分
将来の夢が最近自分でもよくわからなくなってきた。

少し前までは、今のバイト先の契約社員を目指していたが、

将来性を考えると納得がいかない。

どうすればいい?

焦る秋。悩むことが多すぎる。 

2006年10月01日(日) 23時59分
秋は焦る季節。

時間がないように感じる。

もうすぐ終わってしまうような、

もうすぐ無くなってしまうような、

そう感じさせる秋を、

自分は今まで感じたことがない。

気付かなかっただけかもしれないと、

自分に言い聞かせようと、

そうまで思う自分に腹が立つ。

イライラが止まらないで

俺の真ん中を突き抜けるような、

そんな季節を

俺は憎むことも出来ず、

ただ毎日が過ぎていくのを

のうのうと生きている。

時間 

2006年09月28日(木) 0時55分
時間は刻々と変わっていく。

変わっていく事に気付くまもなく、

静かに流れていく。

少しずつだが、確かに、

時間と言うものは過ぎ去っていく。

誰にも気付かれないように、

誰にも悟られないように。

今はもうイマじゃなくて、

イマはもう過去の記憶として、

心に足跡を残す。

その足跡を辿っても、

過ぎ去ったイマは、

今ではもう変えることも、消してしまう事も出来ず、

積もっていく。

楽しかったことも、

悲しかったことも、

今はどうする事もできない。

時計の針が一歩進む。

ただそれだけの事で、

今と言う現実は、

昔と言う過去になる。

その過去に、

例えば後悔があるならば、

これからを変えていかなくてはいけない。

未来はまだ、イマではないのだから。

僕の時計の針が、

まだ進んだ事のない時間へ。

後悔することのない、

未だ来ることのない時間へ。

運命の歯車は、

ようやく今、回りだしたのだから。

はーい! 

2006年09月15日(金) 1時47分
あー。最近台風のせいか天気がグズついていますね

そして僕の天気もグズついていますね恋の天気が・・・

おいおい!なに言わせてんだよ〜

秋ですね。おいらにとっては花粉症の時期なんですね

あれあれ、ブタクサね

あれ、かわいく見えるけど、そんなことないから

奴らは人間の隙をつねに狙っていますから

そしてそんなブタクサの季節も終わると・・・冬

真の恋の季節だとかなんだとか言うらしいけど、


おいらには関係ないかもね


きっと彼女なんてできないからね


だってね、



おいらには好きな人がいるから・・・うふ

思い、悩む。 

2006年09月09日(土) 1時07分
本当にやりたい事を見つけるのは、難しい。
仕事が増えてきたのは嬉しい事だけど、
自分に向いているのかと聞かれたら、
前のようにすぐ頷けない。

半年前は、仕事に呼んでもらうだけで心躍ったんだけど、
最近はそうも言っていられなくなってきた。

忙しいわけじゃなくて、
中途半端に仕事が多くなってきたから、
無駄に色々考えるんだと思う。

実はいま、思い、悩んでいることがある。

このままか、それとも就職しようか。

誰か、相談にのってほしい今日この頃。

夏。終わり。 

2006年09月01日(金) 2時34分
終わりました。夏が。

なにもなかった夏が終わりました

これから季節は流れ、秋となり、冬となるでしょう

どうなのよ最近。

そう自分に問う秋が来ます。

切ない季節です

今日大きな別れがありました。

三年弱、一緒に働いてきた彼ら。

勤務先の警備員が今日で入れ替わるそうです。

秋は別れの季節です。

春のように、門出や、出会いなどと言った言い換えの出来ない、

本当の別れの季節だと、そう思います。

もう一度会いたいと、そう願う気持ちも、

もう一度言葉を交わしたいと、そう願う思いも、

もう叶わないかもしれない。

そう思わせる季節です。


でも僕は、あの夏の日に出会った人に、もう一度会いたいと切に願ってやまない。

大事な事。 

2006年08月06日(日) 2時23分
今日、千葉市内の花火大会に行って来ました

久しぶりに会う中学の友達は、気を使わず、心から楽しめた夜でした

花火もキレイだったし、ビールも飲めたし


今日、僕の心の中に新しい火が灯りました。

それは小さく、儚いものだけれど、これからゆっくり大きくなればいい。

焦らず、急がず。

そう感じさせるその小さな火は、

その頼りない光で僕を照らしてくれるのだろうか。

輝く光にならなくてもいい。暖かく、柔らかな光でいい。

お願いだから、消えてしまう事はないように。

久しぶりに感じたこの気持ちを、

今は大切にしたいと思う。


まずは待とう。それがいい。

耳の記憶 

2006年07月10日(月) 1時38分
耳で聴いたものはいつまでも記憶に残る。
頭では忘れていても、
ふとした時、鮮明にその情景を思い出す。
僕は、特に音楽でそうなることが多い。
ある音楽を聴くと、ある情景を思い出し、
この音楽を聴くと、この情景を思い出す。
そんなことが多い。

昨日もそうだった。

車で所沢に舞台を観に行った帰り。
友達を送り、錦糸町から家に帰る時、
昨日だけとは言わず、僕は車の中で音楽を聞くことが多いのだが、
久しぶりに聴く音楽だった。
女性歌手のジャパニーズポップスで、アルバムの中に収録されているものだった。
ある知り合いから貸してもらい、聴いている内に好きになってしまった曲だった。
車の中で、何故か懐かしく感じ、錦糸町から千葉にある自宅に帰る中、何度も何度も聴いた。
何度聴いても飽きることが無かった。
今思えば不思議なことだった。
たった4分の曲をずっと繰り返し、聴き続けているんだから。
でも、聴き続けていればいるほど、色々な、彼女との思い出があふれてきた。
思えば、彼女の好きな曲だった。
だから僕も好きになったのかもしれないと、そう思った。
久しぶりに彼女の声を聞きたい。
連絡を取りたいと、思ってしまった。
携帯のメモリーから消しておいてよかった。
そうしないと、いつまで経っても彼女の事が頭から離れないから。
きっと今でも好きなんだと思う。
彼女を超える人に、僕はこの先出会えるのだろうか。



要は、引き摺ってるってことだけどね。

意外と、僕ってやつはそんなやつです 

2006年06月27日(火) 2時41分
不器用なんですよ、基本が
思ったことが、すぐ言葉にならないんですね

思ったことがすぐ言葉になるのは、ムカついているときだけなんですね

子どもなんでしょうね

気分転換もろくに出来たためしもございません
なので気分を引き摺ります

明日は引き摺ってないといいな

その程度しか思いません

そして、



朝起きると、引き摺ってます

ろくな人間じゃありません












でも、優しいところもあるのよ

新宿は好きか嫌いか。 

2006年06月16日(金) 1時36分
さて、今日はバイトのあと舞台のお仕事に行ってまいりました

ありえねー

ただでさえバイトでフラストレーション溜まってんのによ

汗だくだくでしゅ


でしゅってなんだよ


今日は渋谷で仕事だったんですけどね、あたくし間違えて新宿に居ました
これを世間ではアホと呼ぶんでしょうかそうなんでしょうね

久しぶりに渋谷と新宿に降り立った僕

思い出してしまう事が多かった


新宿は思い出が多すぎる
2007年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像ryota
» 大事な事。 (2006年08月09日)
アイコン画像地蔵太郎
» 耳の記憶 (2006年07月16日)
アイコン画像ryota
» 耳の記憶 (2006年07月13日)
アイコン画像じぞ
» 耳の記憶 (2006年07月11日)
アイコン画像うり
» 耳の記憶 (2006年07月10日)
アイコン画像大さん
» 意外と、僕ってやつはそんなやつです (2006年06月30日)
アイコン画像うり
» 意外と、僕ってやつはそんなやつです (2006年06月29日)
アイコン画像ryota
» 意外と、僕ってやつはそんなやつです (2006年06月29日)
アイコン画像モブログランキング
» 地蔵太郎がついに! (2006年06月23日)
アイコン画像はととり。
» 新宿は好きか嫌いか。 (2006年06月19日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:jizo-taro
読者になる
Yapme!一覧
読者になる