地元の応援 

2006年04月11日(火) 23時59分
今年度のプレーパーク開催を知らせるいい方法はないのか最近ずーっと考えてたことです。そんなとき、自遊創生団HP管理人さんのお知り合いで、大乗寺丘陵総合公園がある長坂台校区の子ども会育成委員をされている方が協力してくれるというお話を聞きましたそこで連絡してみると、「11日に開かれる育成委員会に来て宣伝していいよ」とのやさしいお言葉をいただいたので、さっそく今日行ってきました
プレーパークの説明なんかをしつつ開催をアピールしたところ、みなさんにすごく興味を持っていただけました育成委員会の中で「保険」の話が出たあとだったのでちょっと不安もあったが、『なぜ怪我も自分の責任なのか?』ということも簡単にお話ししました。気になる反応はというと、「あ〜なるほどね〜」といった感じで納得していただけた感じです。プレーパークについて説明した結果、「このチラシ回覧でまわそうかなぁ?」「50枚ほどもらってもいい?」などなど、うれしい言葉がたくさん聞こえてきましたおかげさまで用意した200枚のチラシが全部なくなりました子どもの居場所・遊び場づくりには、やはりその地元の人たちの理解と協力があって、その人たちとともに運営していくことが大切なんだと思いました。
また、いろんな参考意見もきけました☆「去年、何回か公園を通ったんだけど、何してるのかよくわからなくてねぇ〜」何をしているのかが見ている人にもわかるようにすることが必要だ!と感じました。
会終了後、育成委員さん数名とお話する時間がありました。「おれたちは子どものころそんな遊びやってきたから、その気持ちよくわかるよ!」「おれなんか子どもと徹夜でコマ回し大会やったこともあったなぁ〜」などなど、プレーパークの趣旨に賛同してくれるような意見が相次ぎましたすごい力強い応援団がついてくれたような気がします!!長坂台のみなさん、これからもよろしくお願いします☆

この調子でいろんな人たちにプレーパークを知ってもらおう!と、いうことで明日は自遊創生団のメンバーで長坂台小学校に勤務されている方のご協力のもと、長坂台小学校にプレーパークの説明とポスターの掲示依頼をしてきます

協力するよ! 

2006年04月10日(月) 23時59分
大学の春休みも火曜日で終了ですあっという間の2ヶ月でしたそしていよいよ15日(土)から今年度のプレーパークが始まります15日はみはらし公園での開催ですが、5月6日(土)からは、昨年同様、大乗寺丘陵総合公園(仮称)で開催します是非一度遊びにきてくださいプレーパークのことでわからないこと、聞きたいことなどなどありましたら、遊びにきてくれればおれがお話します☆
さて、そんなこんなのプレーパーク。開催を知らせるための宣伝をどうしようか悩んでいました。「なんかいい方法はないかねぇ?」な〜んてことをいろんな人に相談すると、そこから様々な解決策が生まれました教育プラザ富樫にポスターの掲示してもらったり、子育て生活応援団の活動場所にもチラシをおかせてもらったり他にもいろいろと「協力するよ!」の声が聞こえてきましたみんなの「協力」があれば、これからもっともっと楽しい遊び場になるだろうなぁ〜

大学の先生 

2006年04月05日(水) 23時32分
最近衝撃の事実を知りました。なんと!おれの大学の先生たちが自遊創生団のHPを見ているんです大学の友達にですら、プレーパークやプレーリーダーなんて言葉は言ったことがないのに…もちろん先生にも。なぜ知っているのか聞いたところ、「きみのこと見てるとおもしろいし、法学の先生はこういう情報をすぐ探せる」とのこと。どーやって探しあてたんだろう…そこが気になる今日この頃です
ただ、先生が知っている分、自遊創生団の活動の話がすんなりとできます!そのおかげでいろんなアドバイスやら情報をくれました厳しい現実に直面する話も聞きましたが、いろんな意見を聞けたことは非常に参考になってよかったですこういう経験をすると、やはり人とのつながりっていいもんだなぁ〜って改めて思います

憧れの人 

2006年04月03日(月) 23時59分
3日間もたっちゃんのところへ遊びに行っていたので、しばらくはその3日間で感じたことなどなど書いていこうかと思う
たっちゃんと最初に出会ったのは、昨年東京で開かれた「冒険遊び場の普及と活動推進のための意見交換会」に出席したときである。おれが「金沢から来た…」と自己紹介すると、たっちゃんが「今度金沢に行くので…」と自己紹介のときに付け加えたのがきっかけで、ほんの数分話をしたり名刺をもらったりしたのが最初の出会い。その後たっちゃんが金沢へ来たときに、現在自遊創生団の事務局があるi-ねっとを訪れていた。そんな縁もあって、お父さんフォーラムに是非たっちゃんに講師として来てほしいと思い、それが実現したのである。だから直接会って話をするのは今回が3回目だった。でもなぜか出会って1年、会うのも3回目という感じがしない。もっと前から知り合っていた感じがなぜかする
そんなたっちゃんと話をすると、いつも気持ちがすっきりしたり、やる気がでたりする。ゆめ・まち・ねっとの活動の話なんかを聞くときが特にそうなる。たっちゃんの話には説得力もあるし、筋が通っている。
ゆめ・まち・ねっとの活動に共感するようになったおれにとって、今ではそんなたっちゃんが憧れの人となっている。いつかたっちゃんのようになりたい!最近特にそう思う。ゆめ・まち・ねっとの活動もおれにとっての目標である。でもそれ以前にたっちゃんとは「仲間」でありたいと思う。だからたごっこパークの再開に向けて、おれもできる限りの努力はしたいと思っている。
遊びに行ったときには、午前中からガキンチョ団があったり、ラジオ出演があったりと忙しいスケジュールだったのに、それでもおれの悩みや遊び場についての話を遅くまでしてくれたたっちゃん!本当にありがとう!!そして同じように相談に乗ってくれたり、おれ達のお昼のお弁当まで作ってくれたみっきー!ありがとう!!これからもお互い一緒にがんばっていこうね

たごっこパーク 

2006年04月02日(日) 23時54分
3月29日〜31日まで、静岡県富士市で冒険遊び場「たごっこパーク」を運営している「たっちゃん」のところへ行ってきたたっちゃんには10月に開いたお父さんフォーラムで講師として大変お世話になったたっちゃんのところでやっているプレーパークが見てみたい!ということで春休みになってから行こうと計画していたのである。しかしたごっこパークが突然の活動休止文部科学省の居場所作り事業として1年間行われてきたたごっこパーク。次年度も継続してたごっこパークをするために、たっちゃんが代表を務めるNPO法人ゆめ・まち・ねっとで独自開催をと思い市生涯学習課に後援をもらおうとしていたのに、富士市子どもの居場所作り実行委員会でたごっこパークに関する批判が相次ぎ、最終的には現時点で独自開催のめどがつかず活動休止となっている。この現状にいてもたってもいられず、自分の想いをたっちゃんにメールで送ったところ、たごっこパークの記録映像やスライドの上映会があり、ガキンチョ団はやっているのでよかったら遊びにおいでとのお誘いを受けたので、たっちゃんとも話がしたかったから遊びに行くことにした。2泊3日の間、たっちゃんやみっきーと遅くまで遊び場のことやらおれの悩みなど真剣に話しをしたり、ガキンチョ団で多くのことを学べた。行って本当によかったたっちゃん、みっきー、そしてプレーリーダーのらいおん、本当にありがとう

家の前のはらっぱ 

2006年03月24日(金) 11時46分
先日このブログでも紹介したが、おれが住むアパートの前にあるはらっぱの草が、業者の手によって刈られていた何がはじまるのかと思っていたら、駐車場を整備するにあたり、重機などを停めておくためだったらしいしかし、この草刈のおかげで、先日多くの子どもたちがこのはらっぱで遊んでいた工事をやっている日中は重機もはらっぱからいなくなっているため、子どもたちは楽しそうに野球をしていた道路には車が通れなくなるぐらいのたくさんの自転車こんな光景を見ておれの母親は「こんなに自転車停めてここで遊んどるなんて、あんたらの子どもの時みたいやね〜」と一言。すごい懐かしい光景でもあった。
やはり今、「子どもの居場所となる遊び場」というのを真剣に考えていく必要がある。近年、不審者等の問題により、登下校時には大人がしっかりと見張るようになった。一部の学校では、子どもの居場所がすぐわかるように、センサーのようなものを子どもに持たせているとか。寄り道なんてもってのほか。まっすぐ家に帰ることが子どもたちに求められているように感じる。外は危ないからとなかなか簡単にどこでも遊べない。しかし、不審者対策としてこれが本当によいことなのだろうか?この流れがますます強くなっていけば、子どもの環境はどんどん大人に監視され、外でも遊べなくなり、人付き合いも少なくなるなど、悪影響がでてくるはずだ。

子どものころの遊び場 

2006年03月17日(金) 23時59分
今日、おれが住むアパートの中にあるはらっぱの草刈が行われていた。このはらっぱには様々な思い出がある。子どものころ友達(異年齢)と野球をしたりサッカーをしたりまた自転車置き場の小屋から飛び降りてあそんだりもした遠くに飛んでみたり、飛べないヤツを飛べるようにしたり。これがめちゃくちゃ楽しいとくに飛べたときの達成感なんて言葉では言い表せませんそんな楽しいはらっぱのうち半分が、ある時工事のため停められなくなった車の臨時駐車場になった。たった半分と思うかもしれないが、停めてある車に気を使うようになったりして楽しく遊べなくなった。工事が終わり、臨時駐車場じゃなくなっても、車を停めるために敷いていた石が残ってしまい、はらっぱではなくなった。また、同じアパート内でおれたちが遊んでいた砂地の広場っていうのもあったが、こちらは新しいアパートが建ってしまってなくなった。このときおれはおさななじみとこのような話をしていた。「おれたちが遊んでいた場所なんだから、おれたちの話も聞いてほしいよなぁ〜。」「きっと大人には話があったんだろうけど、子どもには説明ないよね。遊んでいるおれたちの意見も聞いてほしいよ!」このときの『遊び場を無くさないでくれ』という想いは、結局伝えられなかった。そこで今、子どものころおれが感じたこの想いを、今の子どもたちに代わって世の中に伝えたいと思う。今の子どもたちも、当時のおれと同じような想いをもっている子がいる。それが昨年プレーパークを楽しみに来てくれた子どもたちだと思う。まだ他にもたくさんの子どもたちが思っているだろう。なんとかそんな気持ちをプレーパークという形にして残していきたい。ちなみに・・・。今日草刈が行われたはらっぱは普段住民が草刈をやっている。それなのに今日は業者が行っていた。わざわざ業者が草刈をするなんて、はらっぱに何かできるんだろうか?

春からのプレーパーク☆ 

2006年03月09日(木) 23時08分
春からのプレーパーク開催日程が決まりました基本的に毎月第一、第三土曜に大乗寺丘陵公園(昨年の秋にやった場所だよ)で開催しますただし、4月1日は教育プラザ富樫で開催します☆あと春休みってことで2日にはみはらし公園で開催しますゴールデンウィークはなんと大乗寺で6日7日の連続開催ですお楽しみに
さて、この「自遊創生団」ですが、ただ単に「金沢市内でプレーパークを開催する」団体ではありません!今目指しているのは常設のプレーパークを作ること。そのためにはまずプレーパークを実際にやってみようよ!ということで昨年はプレーパークをやってきました。今年は自遊創生団が目指す「常設のプレーパーク」ができるように本格的に動き出す年だと思っていますそのためにはいろんな人の理解、協力が必要になってきます!金沢市の委託も3月末で終了します!だから来年度は今まで以上に本気で取り組んでいきたいと思います熱意だけでなくそれを行動できる年にしていきたいです子どもたちが本気になって遊び、その中で感動し、協力し、時には悔しさを経験する。学校では学べないことがプレーパークにはたくさんある。子どもたちにとっていつでも来れて楽しい場所になればそこが「居場所」になる。プレーパークの魅力はまだまだたくさんある。「次のプレーパークいつやるの〜?」「明日もやってよ〜」という昨年たくさん聞こえた子どもたちの声に対し、「ずーっとやってるからいつでも来てよ!」と胸を張って答えられる日が一日も早く来るように努力していきたい!!

学歴社会 

2006年03月06日(月) 23時59分
学歴社会は段々崩壊し始めていると聞いたことがある。企業側が、「学歴」だけで採用することをやめてきている傾向にあるらしいからだ。とはいってもまだまだ学歴社会は残っている。そう感じたのが先日見たニュースである。内容は、有名中学に合格した子どもたちから、今の気持ちや将来の夢などをインタビューしているものその中で、一人の子どもが今の心境を聞かれたときに、「勝ち組って感じ」と嬉しそうに答えていた。そりゃー確かに合格したわけだから、受験という競争には「勝った」のかもしれない。しかし、「有名中学に合格=人生の勝ち組」ではない!ただ単に某中学に入学できただけであって、その後どうなるかは本人次第だ。ただ、この発言をした子ども自身にはなんの悪気もないと思う。この子自身は親に言われて受験したのか、自分の意思で受験したのかわからないが、少なくとも周りの環境がこの子に「有名中学に入れば人生の勝ち組になれる」という錯覚をさせたのではないだろうか?そもそも、「勝ち組」ってなんだぁ〜?有名中学、高校、大学を卒業して官僚になったり一流企業のエリートになることが「勝ち」なんだろうか?おれはそんなはずはないと思う。人生の「豊かさ」は、金、地位、名誉だけではない。もっと他に重要なものがいっぱいあるはずだ!

東京ディズニーリゾート 

2006年03月03日(金) 11時50分
28日、1日と東京ディズニーリゾートに行ってきましたただ天気がよくなく、「寒いっ」2日間でした1日は朝から雨そのせいか、人が少なかったのが唯一の救いでした
東京ディズニーリゾートに行ったことがある人はよくわかると思いますが、あそこは別世界っていうぐらいすごいですよね〜そこで働く人たちに格好から対応まで、とにかくすごい掃除中のお兄さんに「写真とってください!」と頼むと、ただ撮ってくれるだけでなく、夜景をきれいにとる方法やらきれいに撮れる位置などまで教えてくれましたそんなきめ細やかな対応やアトラクションの楽しさなどから、「また行きたい!」って思える場所です
そんなディズニーリゾートなんですが、雨でも結構人がいますよね〜まぁ、ディズニーリゾートに何回も行っている人たちからすれば、雨の日は人が少ないと思えるでしょうが1日はどしゃ降りの中ショーがあったんですが、雨の中傘やカッパを着て見てる人がかなりいました!「せっかくきたんだから」という理由で見る人が多いんでしょうが、多くの人たちは見たあとに「楽しかった」と満足しているはずです。そんな雨のディズニーリゾートを見ていて、雨のプレーパークのことを考えてみました。「雨の中外で遊ぶなんて」って思う人もいるかと思いますが、雨の中ディズニーランドやディズニーシーで遊んでいる人は多いですよね?「ディズニーランドはめったにいけないから!」という理由もありますが、雨でも楽しんで帰る人が多いはず。プレーパークはいつでも行けますが、子どもたちにとっては「遊び」が楽しいから雨でも遊ぶんですそれに、雨の時ならではの「遊び」もあったりつまり、プレーパークも「雨でも楽しい!」って思える場所なんです!ディズニーリゾートとプレーパークでは楽しみ方は全然違います。でも雨でも「遊べる」っていう点ではプレーパークもおんなじかもしれませんね〜だからこそ、雨で遊びに来る子どもたちは少なくても、楽しみにしている子どもたちにためになんとか雨でもプレーパークを開催できるようにしていきたいです
2006年04月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
アイコン画像しーママ
» 地元の応援 (2006年04月15日)
アイコン画像しーママ
» 地元の応援 (2006年04月15日)
アイコン画像やまちゃん
» 大学の先生 (2006年04月12日)
アイコン画像ブリリントロード
» 大学の先生 (2006年04月06日)
アイコン画像きょこたん
» 初雪 (2005年12月07日)
アイコン画像みほこ
» 実は真面目に法律の勉強しています! (2005年10月17日)
アイコン画像WEB管理人>はしたかっち
» 大学が始まるよ〜! (2005年10月04日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:jiyusouseidan
読者になる
Yapme!一覧
読者になる