【 更新情報 】

スポンサード リンク

夏休みの自由研究のテーマ

夏休みの自由研究ではテーマがなかなか決まらないという子も多いようです。
でも、夏休みの自由研究では、内容は自由なのですからテーマは何だっていいんです。

最近は理科ばなれと言われていますが、テレビなどで見る「でんじろう先生」の実験ブームで、理科に興味を持つ子も増えているようですし、実験、生物・星の観察など、夏休みの自由研究のテーマとして理科は最適です。
もちろん、理科以外でも、自分が楽しいと思えること、知りたいと思うことを夏休みの自由研究のテーマに選びましょう。
「さかなクン」は、友達の書いたタコの絵に興味を持ったことからさかな博士と呼ばれるまでになりました。

1〜2日で簡単にできて形になるテーマを探している質問も見かけますが、夏休みの自由研究には、発想や想像する力、継続する力など、研究の内容だけでなく、身につくことがたくさんあります。

難しいところはお父さんお母さんに聞いたり手伝ってもらってもいいですので、自分の好きなことをテーマに決めて、自分でやってみてください。

2年生の夏休み・自由研究

小学校の2年生の夏休みの自由研究だと、まだまだ親の手がいるという子も多いと思います。

2年生くらいの低学年の夏休みの自由研究だと、郵政グループが行う「私のアイデア貯金箱」コンクールへの貯金箱の工作など、いくつかある絵や作文、工作などのコンクールの中から好きな物を選んで、提出用の作品を作るように学校から指定されることもあるようです。

2年生だと子ども自身では夏休みの自由研究のテーマを見つけるのもけっこう難しいですので、子どもの興味のあることの中からヒントを出してあげると良いですね。

特に2年生位の低学年では、興味のないことはしないし、続かない。ひとりでさっさと夏休みの自由研究を仕上げるなんてごく一部の子でしょう。

インターネットでは、性格診断で夏休みの自由研究のテーマを探したりと親子で楽しく見ることができるサイトもあるので、子供の好きそうなことを一緒に探してあげられると良いですね。

ただし、2年生だからと作成自体に手を出しすぎるのは止めたいですね。

5年生の夏休み・自由研究

小学校の5年生ともなると、夏休みの自由研究も結構難しい理科の実験や研究を取り入れる子もいるようです。

夏休みの自由研究も、低学年の間は親がアイデアを出したり手伝ったりすることも多いでしょうが、5年生ともなれば自分の興味のあることもわかってきて、自分なりの研究ができるようになってきます。

5年生でも中にはネタも浮かばないという子もいることでしょうし、5年生くらいになると他のことで忙しかったり、面倒だと思う子もいると思います。

テーマが決まらない子は、夏休みの間は児童館や博物館、科学館などでも子供むけのイベントがたくさん行われていますし、無料で工場見学ができるところもいろいろあるので、興味のありそうな所を調べて行ってみると良いですね。

夏休みの自由研究は自由なのですから、5年生だからと小難しいテーマをあげることはないのです。
夏休みの自由研究では、5年生までの授業で興味を持ったことを詳しく調べなおしてもいいし、自分の住む町の様子や歴史を調べてみてもいい。自分の好きなお菓子について調べたっていいのです。

夏休みの自由研究のネタ

夏休みの自由研究はまずネタを決めることから始まります。
自由研究を何にするか迷っているうちに夏休みは過ぎて行った・・なんてことにならないように、まず早めにネタを探しましょう。

ありがたいことに今はインターネットなどで情報がたくさん集まります。
夏休みの絵日記をためこんで「何日の天気はどうだったっけ?」などと頭を抱えなくてもいい。
すべてまる写しはダメですが、自由研究のネタを探すときなどに上手に利用するといいですね。

夏休みの自由研究は自由なのだから、自分の興味のあることや身近なことをネタにするのが一番です。
野球の好きな子は好きな野球チームの勝敗をつけ自分なりの解説や感想を書いてみたり、夏休みにおばあちゃんの家へ行く子は、自分の住む家とおばあちゃんの住む家や町の違いを探してみてもいい。

自由研究といってたいそうなことをしなくても、自分の好きなことや、身近なことをネタにすれば、やってみようと思えるし、楽しんで続けられそうです。

夏休みの自由研究と工作

夏休みの宿題として必ず出されるのが、自由研究と工作。
中には夏休みの自由研究の中で工作を作ることもあるでしょうが、別々に提出しなければならない学校も多いと思います。

夏休みは1か月と長いようですが、終わりになって1日でできる自由研究や工作をバタバタ仕上げる人も多いはず。
まずは、興味のあることの中から自由研究のテーマや工作で何を作るかを早く決めることですね。

インターネットや本などにも夏休みの自由研究や工作のお助けサイトなどがあり、テーマがたくさん紹介されています。
中には自由研究や工作のキットなどを買って簡単にできるものも用意されていますが、キットを禁止している学校もあるし、せっかくの長い夏休みですから、自分らしい自由研究や工作を作り上げたほうが喜びや達成感も味わえるし、その後の学校生活でのやる気や自信にもつながってくるようです。

低学年だと、親が子どもの興味のありそうなテーマをいくつか提案してあげたり、一緒に楽しんであげることも必要ですね。
P R
カテゴリアーカイブ