百の花の中で

February 13 [Thu], 2014, 18:15
私は知らないが、文字は私にとっては縁があって、ただ覚えているだけで中等専門学校の時に、当時の国語の先生は1篇の作文を殘し、文章の最後の言葉は「彼の後ろ姿を見て、私の涙はとうとう流れ出た……」だけでは、書いとても普通に簡単な文字の記録は私と文通の情誼兵隊に行って、彼は退役は、これを題材に、無造作に書いて、先生を思い付いていないそれを模範として、クラスで朗読して、以後、徹底的に上記の字が好き、やっとそれに風をかすかにほこりの中の一輪の花が目立たない、風の中の花言葉に隠れて、よけて雨の中に埋めてぴいぴい、春の香り、真夏の想いを隠し、伏で晩秋の気持ち、臥冬の太陽を、それが存在してもどこにも、透ている株清香が溢れ、墨暈。
文字はいったい百花の中のどの1つの?崔护筆は「去年の今日この門の中に、人面桃花映り赤。人の顔どこかに行って、桃の花は笑春風」の桃、王安石墨の「壁の隅の数本の梅が、凌寒独自開発。遥のお知らせは雪、香」の雪に命名ます;もしかすると周敦颐心に「汚泥を染めない、濯清蓮を妖」の清蓮;あるいは刘属锡鑑賞の“ただ牡丹本当に絶世の美女、薬開時節動都絢爛の牡丹。百の花の中で、それの修辞みつかりませかもしれないが、それは人々の常説の低にほこりの中に一輪の無名の小さい花だろう!
文字だけではなく、本当に人の記載、善、美、弱い心を強く、卑しい人溶明高貴な、人々の文字を読み、一人の内心のため、文学、心と心の交流を深め、人の魂を、あぜ道紅塵の中で、いつか文字、深く私たちの心の琴線に触れる温もりを貫いて、私達の心身、血液、やさしい私達のやさしい心。
文字は、個人の内心の感情の表れで、人生経験の見張りが、作者は旺盛な情熱を込めた、柔らかな心、文章からは撮影を持った魂の魅力は、文章を生き生きと。文の中で、ある人の喜び哀歓、ある人の娇柔あでやかで、ある人の繰り返すも、人のやさしい幸せ。
読んで一人の文字は、人の心を読めるように、筆端流出の人ではなく、名利を称賛する。これは高貴であれ、質素にせよ、文章の良し悪しは下手で、書き方として、作者の創作の能力、文字は、俺にとって、ただ好きな、私の能力が下手でも、以前の本当の読んでいる本が少ない、生活の悟ることは少ないので、書いた文字は象あれらの文人特有霊気。文字の美、1件の副虹の裳裾ような、気を派手に限り、真摯で、質素で、無華、書き出して生活への感動は、思想ができる。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:jixiaolan
読者になる
2014年02月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/jixiaolan/index1_0.rdf