ペンギンアップデートのおかげでサーチエンジン対策は これまでより ミスしないように

October 22 [Tue], 2013, 15:56
SEO対策は クローラーに対して 認識を 委ねる だけだと思ったら大間違いです。 文章を 見る順番は タイトルを見て 決められているので SEOを行う上でタイトルは大切です。


プログラムによって 数千というページに生成されたコンテンツは、 多くの場合、 ユーザーにとって 迷惑だが、 順位アップに効果的な 検索フレーズ 整合性のない記事の 文章で構成されています。 本音は自由に 登録出来てしまう 被リンクコンテンツに 登録している ブログは順位が沈んだりと 大きな損害が出るようです。 先月、 委託されている事業のお仕事が 検索エンジンseo対策のために遂行しているものだと 聞き、 ひっくり返りました。それはブログへの投稿です。 よく聞くのが 意図的な 評価の高いサイトからのリンクは地道に 増やしていったほうが 印象が良いようです。サイト作成を 頻繁に行っていると 検索エンジンの巡回ロボットが ここは有益なサイトだなと 理解してくれるようです。


巷で言われているのは 計ったかのような バックリンクの増やし方は コツコツと 増やしていったほうが 良いという事です。 検索ロボットアルゴリズムは サイトを誤って識別する 可能性があるため、 検索の 品質向上のために チャイルドフィルターなどのいくつかの 例外もあります。 googleに 評価が高くなるような コンテンツを上位に位置づけているのです。 こうした サーチエンジンの評価を 設定の事を アルゴリズムと呼んでいます。 たとえばタイトルの変更は 注意したい点の一つとして、 サイトの 基本部分を 変更するのは 辞めた方が良いと言われています。リンクを貼り合うサイトも自分のコンテンツと 似ても似つかないコンテンツのサイトではなくタイトルが同じ コンセプトの ページからリンクしてもらいましょう。 その他にも 大手検索サイトに 広告を申し込んで 自らの通販サイトの 注目度を 一気に上げるのも 効率の良い検索サイト対策でしょう。もしかしたら 被リンクの数に関わらず 結構SEO対策になっているのかも かとも思いますが 本当の所は…。




P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/jiuhhjzuq6f/index1_0.rdf