自宅で遺体安置が難しい、葬儀も自宅でできない、困った。という方は参考にしてみて下さい。

June 26 [Sun], 2016, 18:33

親しい大切な方が亡くなり、
気も落ち込んで動転している時に、
追い打ちをかけるかのように、
葬儀の準備を迫られます。


自宅で遺体の安置や葬儀ができればいいのでしょうが、
火葬場が直ぐに手配できないかもしれないので、
長く自宅に置いておくこともできないでしょう。


そんな時は一般的な方法として、
下記のように皆さんされています。


●葬儀会館に預かってもらう

●葬儀社に預かってもらう

●自治体の火葬場併設の施設に預かってもらう

●遺体ホテルに預ける


遺体ホテルは、都会限定ですが、
もし遠方からの会葬者がおられたり、
葬儀も一緒にできるならしたいという方には
便利な方法です。


費用的にもそれ程高くありませんので、
興味がある方は調べてみてください。


また、
費用で言うなら、自治体が一番安いように思いがちですが、
基本料金に加えて、付帯する変動料金(ドライアイル代など)
や遺体の移送費用などトータルで考えた時には、
返って高くなる場合もあります。


そう考えると、
行き当たりばったりで決めがちな葬儀も
事前にじっくりと考えて検討しておいた方が良さそうですね。

とは言え一週間もあれば色々と探して調べて比較して
葬儀屋さんや葬儀のやり方、埋葬方法、などなどを
納得いくように決めることができるようです。




最初の一歩の”遺体の安置場所”でつまずかないように、
事前検討が大切です。

余裕があればインターネットで色々と調べることができますし、
近くの葬儀屋さんであれば実際に行ってみて
担当者などともお話をすることで安心もできます。


ですので、是非事前検討を考えてみてくださいね。
参考までに下記に全国の葬儀社の比較見積りを一括で
送ってくれるサイトを紹介しておきますね。

あなたのお力になれたなら幸せです。
「備えあれば憂いなし」です。




▼全国の葬儀業者を一括見積り&資料請求▼



▼家族葬やシンプルなお葬式・資料請求▼