夏と少年の短篇

November 16 [Sat], 2013, 15:08

歩きながら伊藤洋介は空を仰いだ。梅雨のあいまの曇った日だった。adidas スニーカー
空は均一に灰色だった。空を見渡したあと、彼はふとふりかえったアディダス スニーカー
。おなじクラスの女性が歩いて来るのを、洋介は見た。遠山恵理子という名の女性だった。アディダス カントリー2
洋介の視線が彼女の目と合った。恵理子は淡く微笑した。いつ見ても静かに落ち着いた雰囲気を保っている、聡明そうな美少女だ。洋介はhttp://www.a-didasjpsports.com/
立ちどまった。恵理子を待った。そしてふたりは肩をならべて歩いた。恵理子と洋介はおなじ背丈だった。鉄橋にむけて、走り去った。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:jisjimmm
読者になる
2013年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/jisjimmm/index1_0.rdf