浦島太郎

September 26 [Mon], 2011, 14:09
望郷の念にかられ、乙姫様の愛を捨て故里に帰ってきた太郎、

元居た家も村もなく、道に行き交う人々も、顔も知らない人ばかりだと気付いた太郎は、
寂しさに耐え切れず、乙姫様の忠告を忘れ、玉手箱を開けてしまうのですが、その結果、
あっという間に白髪のお爺さんになってしまいました。

開けるなと言われれば開けたくなるのが人の常、どうしてそんな危ないものをお土産に
持たせたのでしょう。
乙姫様は太郎に意地悪をしたのでしょうか。
「そうではない」と私の敬愛する太宰治は言いました。

「忘却は救いである」
浦島を愛した乙姫様は太郎の寂しさを救う一番の方法として、忘却をプレゼントしたのだ
と言うのです。

我々は、往々にして若さを保つことを願いますが、程々にしないと寂しい想いをすることに
なるのです。

「痴呆」は周りの人を不幸にしますが、案外本人は幸せなのかもしれませんね。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:jazzy
読者になる
2011年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像てい
» さよなら (2011年10月04日)
アイコン画像てい
» 都都逸 (2011年10月04日)
アイコン画像ていこ
» 浦島太郎 (2011年10月04日)
アイコン画像chichi
» 浦島太郎 (2011年09月27日)
アイコン画像jazzy
» 人生足別離 (2011年09月20日)
アイコン画像ひらっち
» さよなら (2011年09月08日)
アイコン画像さんちゃん
» さよなら (2011年09月06日)
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/jishinkiraida/index1_0.rdf