帰国後の時差ボケによる寝不足には枕が重要? 

July 30 [Wed], 2014, 1:37


仕事で海外出張が
多い場合には時差ボケに
悩むことが多いと思います。

日程調整も中々難しく
機内で寝るのもいいみたいですが
寝れない時も多いのでは
ないでしょうか。

うまく調整できたとしても
人によっては1周間は
時差ボケが続くようです。

できればなるべく早く
時差ボケを治したいですよね。

色々時差ボケ対策はありますが
帰国後に寝れなくて
寝れても疲れが取れないのは
案外枕が悪かったりします。

枕が合わないと睡眠が浅く
肩が凝ったり首が痛くなったり
色んな悪影響が出てきます。

時差ボケはぐっすり眠ることで
治すことができるので
自宅での睡眠が鍵になります。

その睡眠の質が悪くなるなら
当然時差ボケも治りにくいです。

なので睡眠に深く関係する
枕が自分にあっているかどうか
見直してみてください。

でもただ枕を変えるだけでは
睡眠の質が良くなるとは限りません。

ベッドの硬さや敷布団の硬さに
あった枕を見つけないと
高さが合わないんですね。

そうすると色々な枕を
試してみなければどれが合うか
分かりません。

買うときに試してみて

「これは寝やすそうだな。」

と思っても自宅のベッドとは
違うので結局合わなかったりします。

そうすると返品しに行く時間が
もったいないですし
めんどくさいんですよね。

でも自然と理想的な高さに
合わせてくれる枕があるんです。

大きめでちょっと変わった形の
枕なんですが、寝返りをうった
時の事も考えて作られているので
質の高い睡眠ができます。

睡眠に深く関わるお医者さんが
開発に携わっていて科学的に
作られた枕なのでかなり
寝心地がいいと評判です。

質の高い睡眠ができれば
仕事の疲れも取れますし
時差ボケを治すだけでなく
普段も疲れが取れやすくなります。

なのでこの機会に
枕を見直してみては
いかがでしょうか。

質の高い睡眠ができる枕を確認するにはこちら