がんばらねぇと…。 

March 07 [Tue], 2006, 0:31
 ここで退転するわけにはいかねぇ。

どうも周りのペースについていけていない。

やはり題目だろう。

ひたすら人のために祈れる自分になるんだ。

気合を入れていこう。

大丈夫、百万遍の題目を上げれる男だ。

大丈夫、大丈夫。

再開 

March 05 [Sun], 2006, 0:59
 やばいよなぁ…。
折伏戦なのに全然戦えていない。
やる気もない。
連絡も遅い。
何から手をつけようか。
まずはすぐに返信を返すこと。
連絡がないのはやる気のない証拠である。
出来るところからガンガン改善していかないと…。
明日は卒業会なのに仕事か…。
まー、いいや。
 題目をあげないと。
もっともっと決意しないと。
そのためには積極的に人に会わないといけないな。
今日は疲労がたまってる。
とはいえ続けていこう。
大丈夫、ダメだと思えるってことは、
再生できるチャンスだ。
もう信頼もないだろうけど、
こつこつ頑張ろう。

部活のこと 

January 18 [Wed], 2006, 1:08
 仕事が夜遅いせいで、

部活に出たことがない。

本当は地区の部員さんをしっかり育てなければいけないのだけれど…。

ちと追い込まれているかな。

でもこれからだよね。

そう自分に言い聞かせている。

題目も上がっていない。

ただ、今からしっかり上げる。

地区三世帯。

完遂する。

今日の一首
『君が今
生きる理由を 問いただせ
熱き広布の 思い溢れて』

悔しさ 

January 16 [Mon], 2006, 23:55
 よし、これからがジャンプするときだ。

絶対に前向きになるときだ。

間違えるな!!

お前は強い。

信念がある。

大丈夫、

折伏できる。

ひたすら祈る。

大丈夫、

絶対に勝つ。

地区三世帯。

やり遂げる。

ミスの連発 

January 15 [Sun], 2006, 0:24
 自己嫌悪をしても仕方がないが、

いい加減、自分自身の適当さには愛想が尽きそうだ。

とはいえ、それ自体が甘えなんだけど…。

ちゃんと理性的に過ちをただし、

次からしないように対策を打たないと…。

はー、自己嫌悪してぇ〜。

その方が何ぼか楽でしょう。

自分責めりゃいいんだもん。

そして、ふて腐れた顔すればいいんだもん。

でも、それでは意味がない。

失ってきたものがでかすぎる。

だから、自己嫌悪しないで、

次からどうすればいいか、

そしてそれをいつまでにやるのか、

深く深く決意しよう。

三世帯必ずやる。

絶対にやる。

今日の一首
「今日もまた
胸に創価の 魂を
熱く刻んで 子ども励ます」

御書を開いて涙する 

January 14 [Sat], 2006, 0:53
 苦しくて題目を上げながら御書を開く。

大聖人の慈悲の言葉が胸に沁みて、

涙が溢れてくる。

ふと誇りが甦る。

惚れた女のために百万遍上げた男。

弟の完治のために死に物狂いの題目を上げた男。

そう、自分はいつだって人のために題目を上げてきた。

それはいつだってそうだったはずだ。

最近、知識ばかり増やしてそれで増上慢に陥っていた。

恥ずかしい話だ。

人を励ますためのその口だろ。

人を輝かせるためのその知恵だろ。

人を幸せにするために、

大聖人の仏法が正しいこと、

師匠の偉大さを証明するために苦しんできたんだろ。

こんなところで、

本来の目的を見失うなよ。

もったいないだろ。

お前は確かに突っ込みどころ満載だ。

部屋は汚い、

相手に気を使わない、

すぐにぷいっっとする。

でもな、お前は人のために本気で題目を上げてきた。

この人の生命を変えたいと思って涙流しながら題目上げてきた。

病気を治してあげたいって本気で、

気が狂いそうになるくらい祈ってきた。

だから、

今子供達のために祈ろう。

子どもの未来を護る守護者として。

ひたぶるに祈っていこう。

そして地区三世帯をやり遂げよう。

大丈夫、題目だ。

ご本尊様が見てくれているよ。

大丈夫、絶対に大丈夫。

へこんでいるのか? 

January 13 [Fri], 2006, 13:28
 自身の小さい我を大切にするあまりに、

大きな大事なものを見失っている気がする。

たぶん、今が落ちているときなのだろう。

自己嫌悪はしない。

反省はするけど。

どうすればこの状況から脱却できるのだろうか。

仕事も手詰まり。

活動も手詰まり。

朝も起きれない。

言い訳ばかりがうまくなっている。

題目は一日1時間上げたり上げなかったり。

どうすれば現状打破できるか。

一つは思いっきり活動すること。

もう一つは真剣に、

本当に真剣に題目をあげること。

晴れの日もあれば曇りの日もある。

こういう時間を出来うる限り短くし、

人に会うときには元気な自分になれればいいのだと思う。

やはり愚癡は良くないだろう。

言いたくなったらぐっと飲み込む。

無理をしてでも笑顔でいる。

そして、

必ずこの現状を打破するのだ。

なんだか記憶喪失のような感じだ。

自分には使命があるはず。

それを忘れている。

どうすれば思い出すのだろう。

御書を学び、

師匠を追い求め、

たくさんの人を励まし、

そして感謝の題目を上げる。

題目だ、一切、題目だ。

この瞬間から真剣に上げぬこう。

地区三世帯、必ずやり遂げる。

言い訳の達人 

January 13 [Fri], 2006, 1:15
 悲しくなったことが一つ。

最近、自己中心的になりすぎている。

確かに自分は問題ばかり起こしているリーダーだ。

ただ、部員さんのために本気で涙を流していた。

そういう自分が今はない。

どうしたんだろう。

それが大人になるってこと?

言い訳を増やしてそれを正当化できるのが、

大人になるってこと?

冗談じゃねぇや。

絶対に友の幸せを祈っていく。

一人も残らず、

部員さんを幸福にしてやる。

絶対に幸福にしてみせる。

熱くないねぇ。

たぶん、今が落ち込み時期だと思う。

とはいえ、落ち込んではいないところが素敵。

盛り上がりもしていないけど。

もっともっともーっと盛り上がろう。

地区三世帯。

ご本尊様への感謝。

忘れずに行こう!!

生まれ変わって 

January 13 [Fri], 2006, 0:11
 やはり続けることにしよう。

やめると相手に悪いし。

現在、モチベーションが上がっていない。

形だけの信心だね。

日めくりもしない。

おしきみの水もかえない。

火の信心だ。

やはり水の信心が大切だと思う。

人のために祈ろう。

最近、自分のことばかり考えている。

昔は理屈抜きで人のために祈っている自分がいた。

今は自分のことしか祈っていない。

境涯がひくくなったんだなぁ…。

だから、仕事でもそういう位置で扱われるのだ。

それはそれで仕方がない。

大切なのはこれからだ。

こつこつマジメにやっていきましょう。

地区三世帯。

悔し涙を流すのもいいけど、

歓喜の涙を流したい。

もっともっと人のために祈ろう。

最終回 

January 12 [Thu], 2006, 1:23
 やはり、人を傷つけるのは良くないと思う。

文字にするということは証拠が残ること。

自分自身、ブログで傷つけられたことがあるのに、

また人を傷つけることになる。

なので、今度こそ人知れず書きます。

失礼いたしました。
P R
2006年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:jirurinn
読者になる
Yapme!一覧
読者になる