奥菜恵さんが、自叙伝『赤い棘』(双葉社)を出版 

April 02 [Wed], 2008, 0:55
奥菜恵さん(28)が、出版する自叙伝『赤い棘』(双葉社)で、夫だったサイバーエージェントの藤田晋社長(34)との離婚経緯を赤裸々につづっていることが分かった。
そこでは、離婚については、価値観の違いが原因だったとしている。離婚後に10億円の財産分与を求めたという一部報道は事実無根と否定している。藤田社長側は、まだ対応を明かすことを控えている。

奥菜恵は、2004年1月にIT関連会社のサイバーエージェント社長藤田晋と結婚したが、2005年7月に離婚した。その間、女優業を続けていたが、07年5月に突如、引退。その引退中に芸能ゴシップとして、奥菜が藤田氏に対し、約10億円の「財産分与」を求めており、調停申立する可能性もあるとの報道が流れた。本書は、奥菜が300日ぶりに芸能界に復帰するにあたり、その初仕事として書いた自叙伝エッセー。「財産分与」の件については、金額はともかく、要求されたと当時、藤田氏は取材に答えていたが、奥菜は本書のなかで否定している。

自叙伝『赤い棘』は、芸能界に復帰するための、その初仕事ということでしょう。

「あなたの偽善者度チェック(心理テスト)」がネットで話題 

March 23 [Sun], 2008, 12:40
「偽善者度チェック」という診断サイトがネットで話題となっています。

あなたがどれだけ偽善者なのか診断するサイトです。
しかし、いわゆる占いサイトの類のものです。
何の根拠もないご愛敬のサイトです。

このサイトでは10の質問に4択で答えることで、文字通り自分がどれだけの偽善者なのか診断できるということになっています。

「明日はテストです」という質問に対しての選択肢は「テスト対策は万全」、「一夜漬けでがんばる」、「すべてカンでいく」、「先生にワイロの用意」となっている。

「カバンの忘れ物を発見」に対しては「交番に届ける」、「持ち主に連絡する」、「そのまま放っておく」、「金目のものをチェック」など。

 結果では、「腹の黒さ」、「知的偽善度」、「勇気ある行動」、「天使の光」についてパーセンテージで表示され、それらを総合した偽善者度が示される。さらに「偽善度アップアイテム」も紹介されている。

 このサイトに対しネットでは、「なんだか心の中を見られるようで怖いですね?。。。」「すげえ、腹黒」、「面白かった 」、「目からうろこ!の結果でした。」などの反応があるようですが。どうも他愛ないものですね。
この程度のものは、誰でも簡単に作れると思いますが。

ちなみに、私がやってみました結果は次のようでした。

『 あなたの偽善者度をチェックしてみました。
あなたの偽善者度はこんな感じ!

腹の黒さ  5%
知的偽善度  69%
勇気ある行動  100%
天使の光  100%

あなたの偽善者度は97%ぐらいで【春の偽善運動級】です。

あなたはすでに腹黒く、偽善者の仮面を被り続けて生活しているようです。
日常的な所作に偽善を絡ませるので、意識しなくても、ごくなめらかに偽善活動を営んでいるのでしょう。
この過酷な現代日本で生き残るためには、他人を蹴落としてでも、自分が突出しなくてはなりません。
それをニコニコと笑顔でやれば、一見、悪い人に思われないので、あなたはかなりの世渡り上手ともいえるでしょう。

あなたの偽善度アップアイテム
早朝の元気でさわやかな挨拶  』

いかがですか、あなたもやってみませんか。
あなたの偽善者度チェック 結果 | 占い・心理テスト GoisuNet(無料)
どうぞ、どうぞ!!

浅田真央、地元愛知に拠点戻す=コーチと師弟関係解消 

February 29 [Fri], 2008, 0:11
 フィギュアスケート女子の浅田真央(17)=愛知・中京大中京高=が練習拠点を米国から地元の愛知県に戻し、米国在住のラファエル・アルトゥニアン・コーチ(ロシア)と師弟関係を解消することが27日、分かった。
 浅田真は国内で練習場所の確保が困難なことなどを理由に2006年夏から米国を拠点とし、アルトゥニアン・コーチに師事。だが、昨年5月に通年で利用できる中京大のフィギュア専用リンク(愛知県豊田市)がオープンし、国内の練習環境の問題が解消した。関係者によると、他の教え子もいる同コーチは米国を長期間離れての指導が困難の上、浅田真も慣れない外国生活にストレスがあったことなどから、今回の決断に至った。
 浅田真はアルトゥニアン・コーチ不在で今月の四大陸選手権(韓国・高陽)を制覇。初優勝を狙う3月の世界選手権(スウェーデン・イエーテボリ)にもコーチ不在で出場し、シーズン終了後に新しいコーチを決める。【時事通信】 

問題はやはりコーチということになるでしょうか?浅田選手の実力がずば抜けてて今の力さえ維持していればどの大会も楽勝といった状況ではなく、現在の女子シングルは複数のトップスケーターの力が拮抗してなおかつ若い選手が次々に育ってきている状況では、やはり指導者抜きでのトレーニングが長期にわたることは、浅田選手にとってマイナスだと思われますので、コーチ不在で臨むことが決定した世界選手権終了後、なるべく早い段階でトレーニング体制を整える必要を感じます。