133,塾の特徴 

July 08 [Sat], 2017, 21:13
133, 塾の特徴    270211,0216,0302,,280301,0310,290708

一番人気 の記事です。じっくりとお読み下さい。



1、教科書 を徹底して学ぶ

  これ、ものすごく大切です。
  「教科書内容」ができても「受験では通用しない」んじゃないの? などとよく尋ねられますが、逆に 「教科書の内容がきちんとできてなくて、先に進めるとお考えですか?」 とお聞きしております。
  「教科書内容」すら、「できていない」生徒がほとんどなんです。 
  きちんとした土台があるからこそ、「応用の勉強」・「受験勉強」が驚くほど「効率的に」できるのです。 
  きちんとやっているからこそ、「教科書内容」の 「この部分をこう発展させているんだよ」 という説明ができるのです。



2、問題集も 「五中のもの」 を徹底解説 

  「塾独自のもの」との「2本立て」 に 「なっていない」 ので効率的な学習ができています。 
  たいていの塾は、「塾独自のテキスト」 なるものを作り、これを「大変高額な値段」を付けて売り付け儲けようとしているようです。
  じろう は、そういう セコイ ことをしていません。
  テキスト で儲ける必要などありません。 
  「教えて稼ぐ」 という「当たり前のこと」を「当たり前のように」淡々とやっています。
  この 「問題集も五中のもの」 というのも、 「五中生のみ」 と関係しています。
  「教科書」は、中野区の公立中学校で「すべて統一」されていますが、「問題集」は、「学校ごと」に「違い」ます。なので、塾の同じクラスに、違う中学の生徒がいると、「問題集」を「特定の学校のものに絞る」ことは「不可能」です。塾の運営は、「中学校を絞る」か、「問題集を別系統にする」か、しかないのです。じろう は、「中学校を絞って」います。通常は、それをしないので、問題集を学校と別系統とせざるを得ないのです。
 中学校を絞る、問題集を同じものにするというのは、実は、かなり大変なことなのです。なぜかと言うと、「学年ごと」に、採用されるシリーズが違う場合が大多数だからです。 どういうことかと言うと、例えば、「前の年の2年生」と「今年の2年生」とでは、採用される問題集が違う可能性が大きいということです。なので、前の年の2年生用に、その「問題集の解説」を作っても、翌年の2年生にそのまま使えない場合がほとんど、ということです。毎年、毎年、問題集とにらめっこして、「解説を作り続け」なければならないのです。大変な膨大な手間です。通常は、不可能だと思います。
 それをじろう塾では、「作って」いるのです。どれだけ「手間ヒマかけているか」、ご理解下さい。



 
3、何度も何度も 「繰り返す」

  学校も、これができていません。1度教えたら、繰り返さない。 
  何でそうなのかなぁ、と思いますが、「先生」というのは、元々「頭のいい人」がなるものなので、「1度では覚えない・定着できない」という 「凡人たち」 のことが、よく分かっていないのではないか、と思います。 
  塾長は、高校(都立西高)で 「学年最下位」 を取るなど、「大変に苦労」をしてきたので、「分からない」 ということが、よく分かっています。
  定着には、「繰り返し」 しかありません。それも、本当に「しつこく」、「粘着質」に。 くどい、と苦情がくるくらい、何度も何度もできる 根気 が指導者には必要です。
 この点、つい最近ですが、 

         ハイ・じー 

という新システム  を作り上げました。 「最強のシステム」です。

       

  「授業」がすべて 

  「音声録音」されております。

             

  しかも「検索しやす」く登録されております。

         細かい仕組みは、秘密ですが、

もう、これを超えるシステムは、しばらくないと思われます。
繰り返しますが、ハイ・じー と言います。

                       

 繰り返しに対する究極のシステムが、ここに登場しました。

 「授業でしつこく繰り返し説明する」

という他に、

 容易に

「授業自体を、繰り返し自宅で再現できる」


という意味でも、「何度も何度も繰り返す」と言えるようになりました。

  ものすごい パワーアップです。




4、完璧な 予習体制

  学校生活を余裕をもって過ごしたいなら、予習 しかありません。
  「学校の授業」は、あまり大きな声では言えませんが、明らかに、「あらかじめ塾でやってんだろ?」 というオーラを感じざるを得ません。
  「完璧な予習」があるからこそ、学校の授業での、あの簡素な説明でも、十分に理解ができるのです。



5、五中生のみなので、塾の日程が、

  五中の日程に 完全連動

  「塾の日程」に「振り回されにくい」というのは、極めて重要です。 
  「Sゼミ」などの家庭用教材でも、テンポよく勉強できるようですが、定期試験前になると、特別教材 というのがあるらしく、それに取りかかっていると、「通常教材」が置き去りになり、ペースが狂い、手付かずになり、終了するというパタンがよくあるそうです。
  また、通常の受験専門塾は、学校なんて眼中にありません。 高校受験さえ通過できればいいので、学校なんて相手にしていると 非効率的 ということでしょう。 そういうところは、学校とはまったく独立したシステム・流れで動いています。 「ごく一部の人」はそれでもいいと思いますが、「大多数の人」にとっては有害です。 早く気付いて下さい。
  中学校までは「義務教育」です。それをきちんとできるようにするのが、塾の役割だと、私は確信しています。



6、納得の行く 料金設定

  最後ですので、結構気になるところに焦点を。
  当学習塾が、「納得の行く料金」で「できる」のは、なぜか?

  1、余計な 家賃 が一切ない。 塾設備は、すべて自前のものです。 通常、商売をする際には、この「家賃」が、大変な重荷になるのです。じろう は、「自己所有の不動産」の中で実施されております。「十分な学習スペース」、「豊富な自習スペース」、信じられないほどの「駐輪スペース」、すべてが「自前」です。特別な費用が発生しない仕組みなのです。よく観察して下さい。「駐輪場」が、これほどある塾を私は見たことがありません。




こんなに広い駐輪場のある塾なんて見たことありますか?

  
  2、余計な 人件費 が一切ない。すべてが、「マルチじろう」 の采配で行われています。「余計なアルバイト」などを雇うことなど一切しておりません。なので、一切の経費が不要です。

  3、余計な 広告費 が、一切掛かっていない。ほとんどが、塾生のつながりを利用した生徒集めに徹底しております。五中の入口2か所を囲むように「電柱広告」を打っておりますが、この程度です。あれは、「先生方にプレッシャー」を掛けているという側面もあり、必ずしも、生徒募集のためというものでもありません。
 「通信教材会社」で、ほとんど切れ目なく広告を送り付けて来ていたところがありましたよね(Sゼミ)。あれ、膨大な広告費が掛かっていたんですよね。住所録などを維持するのにも、大変な費用が掛かっていたはずです。それが、管理の不手際で流出し、国中に図書券を配りまくるハメになりましたね。数年前に。
  私は、「ビジネスモデル」として「無理があるなぁ」、とずっと思っていましたが、やはり、的中しました。皆さんからの授業料のほとんどが、広告費の「養分」になっていたんじゃないんでしょうか。
  じろう は、広告費を掛けない代わりに、塾生に、「どる・じろう」 の「J$(ジェードル)」として、還元しています。 「どる・じろう」のシステムの維持費用は、1年間で、総額20万円〜30万円になりますでしょうか。せっかく費用を掛けるんなら、みんなで楽しめるように使いたいものですよね。


 

  




 さあ、じろう塾 で、

  最高の学習環境を

    手に入れようではありませんか!




電柱をクリックして下さい。



hana390712@msn.com



悪いことは、言いません。

済みませんが、じろう 以上の環境を

私は知りません。

時間のムダです。

じろう にして下さい。











132,第25期・新1年生(現・小6生)、大募集・開始! 

July 04 [Tue], 2017, 0:36
132、第25期・新1年生、募集案内    290703


     大変に お待たせ致しました

    平成30年度・第25期

        新1年生の募集 のご案内です。

個別にご説明をいたします。


塾の設備のご案内や3年間の流れなど、
ひと通りのご説明をいたします。
ふるってご参加下さい。

      定員は、たったの9名!

現在の小学6年生が対象です。
上高田小、白桜小、新井小、ほか。



ご参加ご希望の方は、塾までご連絡下さい。
下の電柱広告をクリックして下さい。
お待ちしております。




電柱広告をクリックして下さい。

拡大されます。

お電話お待ちしております。


平成30年1月末日までにご入塾の方

入塾金が 半額免除(1万円)の大特典

さらに、

  文具セット進呈!(すごい充実ぶり)(合計20品程度)


 あの、

    おもちゃのカンヅメ

           も、特別プレゼント中!
 

 数に限りがあります。品切れの場合はご容赦下さい。
 内容は予告なく変更される場合があります。
 ご心配の場合は随時ご確認下さい。

ブログという性質上、授業料等の具体的な金額はご案内しておりません。
お手数ですが、お電話などでご確認下さい。
一応の目安ですが、1年生は、毎月2万円くらいの予定です。

本ブログ内にあります Q&A などをあらかじめよくお読み頂けますと、
塾の概要・指導方針などがよくお分かりになります。

是非とも、ご一読下さい。お願い致します。









131,第24期・1年生,募集について 

July 04 [Tue], 2017, 0:31
131,第24期,1年生募集,  290703


大変に申し訳ありませんが、、、

24期は、正規クラスの募集をしておりません。

引きこもりなど、特殊な事情がある方のみの個別指導のみとなります。

個別にご連絡ください。個別に対処いたします。




130,第22期・3年生,募集のお知らせ 

July 04 [Tue], 2017, 0:26
126, 第22期,3年生クラス,募集のお知らせ    

     280301,280607,280623,281122,290703

すでに募集は終了しています。


以下、参考までに、、、

定期試験、無事に終了でしょうか。

    22期の2年生,諸般の事情により

      1名のアキが出ました。

 
お問い合わせ下さい。


       定期試験期間中の自習風景です。
        
 

       パソコンを1人1台!

こんな贅沢な環境の塾、ありますかねぇ?


       3階にある自習スペースです。
       

  定期試験ごとに、「テスト4」 などの 「資料ファイル」 が作られ、生徒たちは、ひたすらそのファイルをクリックし続けています。 試験攻略情報が満載の極めて濃度の高い超極秘ファイルです。



  日常授業の音声はすべて録取!

  お休みしても家で聞くことができます。

  試験前に、復習教材としても聞きなおせます。



社会・理科の学校問題集
試験範囲のすべてのページを
特別解説しています。

     好評すぎて悲鳴です。

繰り返し聞けます。

     こんな塾、ありますかねぇ?


詳しいご案内をいたしますので、まずは、塾の方まで、お電話を!

以下の電柱広告をクリックして下さい。




     


本ブログ内にあります Q&A などをあらかじめよくお読み頂けますと、
塾の概要・指導方針などがよくお分かりになります。

是非とも、ご一読下さい。お願い致します。





129、進学実績 

July 04 [Tue], 2017, 0:20
129、261114, 280607,290703

        信頼と実績の20年

 平成29年3月卒業・21期生まで

 卒業生総数・157名

国立 → 木更津高専
    (平成16年度の五中卒業生で唯一の国立合格でした)

都立 → 西、富士(多数)、新宿、戸山、日比谷

      井草(多数)、武蔵丘(多数)、石神井、杉並、鷺宮、
      練馬、光丘、
      上野、江北、小山台

      (近所の超人気校)  豊多摩 (多数)
       (独自問題校が増えた中、一般問題での上位校。) 
       (受験のしやすさが魅力です。) 
 
      (多摩地区の超人気校)  武蔵野北
       (レベルはご近所の「富士」クラスです。)

      工芸、農芸、都立高専(現・産業技術高専)


私立 → 杉並学院・特進(多数)、東亜学園・特進、
      東京立正(多数)、二松学舎
      関東国際、東洋、実践学園、豊島学院、目白研心、
      淑徳、淑徳巣鴨
      サレジオ高専
 (野球推薦関係) 拓大一高、正則学園、日本学園
      八戸学院光星
 
     
以上は、一例です。 ほか多数の高校に進学しています。


付録
 卒業生のその後の活躍ぶり


 江北   → 法政大学法学部
 武蔵野北 → 国立・お茶の水女子大学
 西高   → 大学進学後、近所の寺で住職
 富士   → 早稲田大学商学部
 国立高専 → JR東海
 井草   → 中央大学文学部
 戸山   → 上智大学法学部
 淑徳巣鴨 → 国立・農工大
 富士   → 法政大学
 富士   → 中央大学法学部 
 目白研心 → 明治大学
 富士   → 明治大学法学部
 日比谷  → 国立・学芸大学
 新宿   → 国立・東北帝國大学
 淑徳   → 明治学院大学
 武蔵野北 → 青山学院大学
 淑徳巣鴨 → 立教大学
 淑徳   → 東京理科大学
 豊多摩  → 学習院大学
 井草   → 明治大学

ちなみに じろう は
 西高   → 国立・北海道大学 です


 みんな、頑張ってますなぁ、、、






128,第23期・2年生,大募集中,残席わずか! 

July 04 [Tue], 2017, 0:14
125、第23期・2年生、募集案内    28.03.01,280607,280712,290703


     当塾、第18期卒業生、甲子園出場!




  さあ、夏だぁ、勉強を始めようよ!


 この学年は、今までの学年に比べて、定期試験の5教科合計の平均点が、低いです。問題あり・です。

    平成29年度・第23期

        2年生の募集 のご案内です。

個別にご説明をいたします。


塾の設備のご案内や残り2年間の流れなど、
ひと通りのご説明をいたします。
ふるってご参加下さい。

      定員は、たったの9名!


         残席・わずか


ご参加ご希望の方は、塾までご連絡下さい。
下の電柱広告をクリックして下さい。
お待ちしております。




電柱広告をクリックして下さい。

拡大されます。

お電話お待ちしております。


7月末日までにご入塾の方

文具セット進呈!(すごい充実ぶり)(合計20品程度)


 あの、

    おもちゃのカンヅメ

も特別プレゼント中!
 

 数に限りがあります。品切れの場合はご容赦下さい。
 内容は予告なく変更される場合があります。
 ご心配の場合は随時ご確認下さい。

ブログという性質上、授業料等の具体的な金額はご案内しておりません。
お手数ですが、お電話などでご確認下さい。
一応の目安ですが、2年生は、毎月3万円くらいです。

本ブログ内にあります Q&A などをあらかじめよくお読み頂けますと、
塾の概要・指導方針などがよくお分かりになります。

是非とも、ご一読下さい。お願い致します。










127,卒業生,みんなの声 

July 03 [Mon], 2017, 23:58
127,卒業生みんなの声      270413,280607,290703

みんなの生の声を聞いてみてください。


早くおいでよぉ!高校では、学年ひとけたの順位でした。 
 (もも、鷺宮高校卒,超難関の推薦合格,女子・18期)

日比谷でも活躍できたのは、じろうセンセのお陰です。
現在は国立・東京学芸大学で頑張ってます。先生になります。
 (ゆうた、日比谷高校卒,男子・16期)

面倒くさがりやだった私が、
いつの間にか「努力家」と呼ばれるようになりました。
東京理科大で頑張れてます。
 (かのん、淑徳高校卒,女子・18期)

数学は闘いだ、戦いだ。学校問題集ならオレに任せてくれ。
成績で5がついたのは、すべて先生のおかげだね。
 (ごう、石神井高校3年,男子・19期)

高校での基礎がすべて塾でやったことでした。
東北帝國大學の合格もじろう先生のおかげです。
 (ひろたか、新宿高校卒,男子・16期)

普通に頭がよくなるね。
英語は高校で学年トップになりました。
明治大学に進学できたのもすべて先生のお陰です。
 (よういち、井草高校卒,男子・18期)

生きる力が間違いなく付くね。 (みさき、光丘高校卒,女子・18期)

しごかれました。古切手の配布とかありました。
はまりました。 (としき、田柄高校3年,男子・19期)

黙々と勉強ができました。 
学習院大学で頑張ってます。
(ゆうか、豊玉高校卒,女子・18期)

勉強するクセがつきました。高校の地理で学年トップをとれました。
 (かずしげ、光丘高校卒,男子・18期)

自習ができるようになりました。英語がものすごく伸びました。
 (けいいち、淑徳巣鴨高校3年,男子・19期)

彫刻や作文の指導もしてくれました。
夏の作文指導のお陰で東京都に入賞できました。
 (みく、東京立正高校卒,女子・18期)

字がていねいになりました。
中3では、死に物狂いで勉強できました。
 (りゅう、國學院高校3年,男子・19期)

体力がつきました。社会や理科で習ったことと世の中のこととを
結びつけて考えられるようになりました。
 (けんたろ、小山台高校3年,男子・19期)

丁寧な指導で今の自分があります。
明治学院大学でがんばってます。
 (りな、淑徳高校卒,女子・16期)

推薦合格は先生のお陰でした。
 (まさき、武蔵丘高校卒,男子・17期)

高校では学年2番で頑張れました。先生のお陰です。
 (ももか、農芸高校卒,女子・16期)

授業中に寝ないように、との指導からです。
古切手の収集のやり方を教わりました。
 (しょうへい、科学技術高校3年,男子・19期)

何でもっと早く塾に参加できなかったのか。
素直になれなかった自分が残念でなりません。
古切手の収集がすごく楽しかったです。
 (ゆうき、練馬高校3年,男子・19期)

塾で食べ続けたジャイアントコーンが忘れられません。
青山学院大学でがんばってます。
すべて、じろう先生のおかげです。
 (あんず、武蔵野北高校卒,女子,16期)

ほか多数。
みんなの生の声(推定を含む)でした。

108,中野五中のよいところ 

April 14 [Tue], 2015, 11:16
108, 270414 

   中野五中のよいところ

 日頃より、自称・中野五中の応援団として五中を見続けて、早20年。
私見ではありますが、五中のよいところをお知らせいたします。

  中野の某公立中学校のPTAの会長も歴任した じろう です。
  だからこそ言える細やかな発言です。
  会長は、会長会に所属し、中野区の公立中学校すべてを視察します。
  なので、五中のよさを客観的に述べることができます。


1、学校内の生徒展示品の充実
  学校内に歴代の生徒の作品がところ狭しと展示。
  卒業生にとって、いつ来ても「ふるさと」のように感じられる学校。
  なつかしい塾の卒業生の名前もたくさん残っています。
  こういう学校は、見たことがありません。


2、運動会での、歴代 「五中記録」 の披露
  運動会のとき、競技ごとに歴代の 「五中記録」 が披露。
  「新記録」 が出ると、これまた、すごい盛り上がり方。
  なかなか抜かれないと、いつまでも「記録保持者」の名前が連呼。
  なつかしい塾の卒業生の名前が聞けるのはうれしいものです。


3、運動会での、伝統的な見世物
  1年生は、「五中体操」 。3年生は 「ソーラン」 です。
  毎年、同じことを繰り返すことの大切さを訴え続けています。


4、授業がとても落ち着いている
  居眠りをしている子がいません。
  塾長は、学校公開にちょくちょく出向いておりますが、いつも感心しています。 いろいろな中学校を見てきましたが、五中がいちばん落ち着いていると感じまた。


5、保護者用の自転車置き場
  これは、かなり重要です。
  保護者が、保護者会、運動会等、自転車で気軽に行ける公立中学。
  こういう学校は、実は、そうはないんですよ。


6、行事の充実
  「合唱コンクール」の他に、「展覧会」 があります。
  「学習発表会」と言っていますが、とても素晴しい作品展です。
  この作品展での出品物の一部が、学校内に残されて展示されます。


7、卒業式がとても感動的
  毎年、号泣する生徒が続出です。
  演出がうまいから、と見ています。
  卒業生から在校生への「引継ぎ」の儀式がうまく行われています。


8、学校の授業に

    徹底的にくらいついていく塾がある



  「じろう塾」です。

  これは、かなり重要なことです。
  学校の勉強を徹底的に理解するための 補助道具 です。
  こういう中学はありません。五中だけです。


以上、とりとめもなく並べてみました。

私立と比べている方。
他の公立と比べてるいる方。三中とか、七中とか、中野中とか。
私は、五中を本当にお勧めいたします。



以上、すべて、じろう の個人的な見解です。
その真偽は、みなさんが、直接お確かめ下さい。

じろう塾でした。


電柱をクリックして下さい。
連絡先など、書かれています。













(14) QA 第1章 「五中生だけ」 

June 06 [Mon], 2011, 0:37
14、平成23年2月10日・記述、240930更新、250325更新,270917,280611

、「じろう塾」 は、どうして、「五中生だけ」なんですか?

→ この特徴については、よく理解して頂きたく思います。
  (以下の記述、「特定の中学」を前提とはしていません。)
  (あくまでも一般的なお話です。)

 @ 現在の 「学校の授業」 は、先生方のご努力にもかかわらず、「保護者対応」や「その他の行政事務などが多岐にわたっている」ため、本筋の部分にかけられる時間数が足りていないように感じています。そのため、必ずしも、標準的な学力の生徒が理解できるスピード・内容となっていないような気がしてなりません。
 ( 「ゆとり」 が終了しても、本質的には変わっていません。)
 ( これは 「学校の問題」 というよりも 「システムの問題」 、端的には、文部科学省などの行政機構の、世の中の実態に対する理解不足が主な原因と思われます。)

  この 「学校の授業」 が理解できないために、 「学校がつまらない」 と訴える生徒が、残念ながら多数存在している事実を指摘せざるを得ません。 1日の大半を過ごす 「学校」 が 「つまらない」 というのは、不憫です。 その 「学校の授業」 を理解できるようにするためには、「学校の日程」 に食らい付いて、十分すぎるほどの 「予習」 をして行くほかありません。塾というのは、「学校生活を充実させる」 という 「裏方」 の仕事に、徹底的に奉仕するのが最大の役目なのです。

 しかしながら、

  「日程」 が 「学校ごとに違う」

ため、複数校から集めると、その 「食らい付き」 が困難となります。 これが、五中生に限定している、いちばん大きな理由です。
 (「じろう塾」のような「特定中学限定」の塾がたくさんできれば、事態は大幅に改善するとは思われますが、世の中、なかなかうまくは行きません。)

  学校と別系統の 「二重の勉強」 では、

  多くの生徒が 「消化不良」 となり、

何のために塾に通っているのか、分かりません。

 A 五中の日程だけしか考えていないので、塾の日程作成では、その限界まで、時間の有効活用が図られています。

 例えば、定期試験前は、いつもの 「倍くらい」 の授業(身柄の拘束)ができます。 また、試験直後は、「まとめて休み」 にもなり得ます。 さらには、「運動会直前」 も 「休み」 にできるので、集中して運動会の練習に打ち込めます。 3年生が 「修学旅行で不在」 のときは、3年生は塾自体を休みにすることができます。

 要するに、対象を 五中生 にしぼることにより、 「時間資源」 の 「配分」 に際して、 「ムダ」 が、極端に 「少なくなる」 ということです。

 B この点、上記Aの 「日程面」 だけが問題となるのであれば、 「個別指導方式」 にすれば、複数の中学から集めることは、可能となりそうです。 しかしながら

 「問題集が中心で、ノート作りが不十分」、
 「問題集中心では、全体の体系の把握が困難」、
 「英語の読みの練習が不十分」、
 「当事者意識の育成が困難」、 
 「友人たちの考えている姿を見て自分の考えをまとめていくという、貴重な機会が持てなくなる」、
など、

  問題点があまりにも多すぎます。

  「個別指導」 は、ごく一部の生徒以外では、通常は、

  劣ったシステム

と言わざるを得ません。

 (闇雲な非難をしているのではなく、20年にわたる経験に裏打ちされた実感を述べているものです。必要な情報はご家庭に届けた上で、適切なご判断をして頂きたいと考えております。)


、「じろう塾」 は、「五中生のみが対象」 なので、
 「だれる」 ことはありませんか。

→ これも、よく尋ねられます。 特に、「他塾から」 移ってくる生徒の多くが、まず、この点の心配をします。 「前は、五中生が多い塾だった。 授業中、話してばかりで、授業にならなかった。 集団でサボるヤツもいた。 また、その二の舞になるのでは」 と。 しかし、当塾で勉強を始めて、すぐに、その心配が、 「的外れ」 であることに気付きます。 なぜか?

 @ まず、当塾では、「ムダ話」 ができるような 

  「ヒマな授業」 をしていない

という点が挙げられます。 内容の濃い 「ノート作り」 の作業中は、みんな必死で 「ノート」 を作っています。 (だからと言って、「雑談」 がまったくないのかというと、そういうこともありません。 結構、「和気あいあい」 とやっています。

 A さらには、「アルバイト任せ」 にせずに、塾長自身が 「研究に研究を重ねた授業をしている」 のを生徒たちが、敏感に感じ取っている点も、見逃せません。 「遊興費目当てに」 塾でバイトしているのと、「責任をもって」 経営しているのとでは、おのずと、迫力が違います。

 B そして、これは、意外かも知れませんが、仲のよい生徒どうしで通った方が、意欲的に勉強できる、という点も見逃せません。

 「あの子がいるから、頑張れる。」 
 「この子がいるから、踏ん張れる。」  
 「みんながいるから、励まされる。」 

ということも見逃せない真実です。 ご理解下さい。

 「だれるか否か」は、要は、「指導者次第」なんです。



→ QA 第2章 「指導体制」 にお進み下さい。



















(16) QA 第2章 「指導体制」  

June 05 [Sun], 2011, 0:47
16、平成23年7月28日・記述
   240930更新、250325更新、270109更新,280611,

、それでは、 「じろう塾」 の 「指導者」 である
  「講師」 の 「体制」 について、詳しく教えてください。

→ 基本的には、塾長が 「専任」 で、すべての項目に対して 「1人」 で対応しています。 学年や教科によって先生を分けているわけでもないし、ましていわんや、アルバイト任せになど、しておりません。



、 「1人体制」 の 「よいところ」 は何ですか。

→ いろいろな考え方がありますが、当学習塾では、塾の講師は、基本的には、1人であるのが好ましいと考えています。 なぜか?

 @ 「塾」 は、「学校」 とは違います。 

  「勉強の仕方」 を専門に学ぶところです。

その 「勉強の仕方」には、ある程度 「流派」 のようなところがあります。 ですから、複数の教科について、できれば、

  1人の先生から、

  「一貫した考え方・処理の仕方」


で学んだ方が効率がよいのです。 

 この点、「学校」 は、「人格を形成する」 場でもあるため、偏った考えの先生に当たった場合、影響が重大すぎます。 また、「バランス感覚を身に付ける」 という意味も込めて、「複数の先生が教える」 という体制にしておく必要があります。

 A 「教科ごとの講師」 にすると、その講師は、「生徒の向き・不向き」 にかかわりなく、自分の担当教科の成績を何が何でも上げようと、不必要に 「無理」 を要求するという傾向があるという弊害もあります。 全教科を一括担当していれば、「この子は、『英語』 で頑張れるから、これを集中的に伸ばそう。 『数学』 は、最低限、落ちないようにしよう。」 などと、力の入れ方にメリハリを付けることも、無理なくできます。

 B 「教科ごとの講師」 の場合、質問事項があっても、いちいち担当の先生の在塾を確認しなければならず、効率が悪すぎます。 当塾では、「いつでも」・「何でも」、

  「マルチ・じろう」

に尋ねることができます。

 C 生徒の学力を、塾長が 「一括・管理」 できます。 したがって、面談も 「人づての資料」 に基づかず、「直接把握の資料」 に基づいて行われるため、大変にスムーズです。 

  1人1人をきちんと把握した指導者と

      話ができる


というのは、 

  「かけがえのない重要なこと」

ではないでしょうか。

 以上、 「1人講師体制」 には、多数の長所があります。



、 「専任」 と 「アルバイト」 では、

 どのような違いが出てきますか。

→ アルバイト講師が一概に悪いとは言いません。

 @ しかしながら、塾長自身の大学時代のアルバイトのときの経験に基づいて言うと、

  「塾の生徒のこと」 は、

  「塾にいるときだけ」


しか考えていなかったし、回りの講師の先生方も、基本的には同じでした。

 つまり、中学生の 「数学」 や 「英語」 について、 「どうやったら分かりやすくできるか」 「どうしたら伸ばせるか」 、などということについて、1日中考えていることなどなかった、ということです。
 この経験から、当学習塾は、 「アルバイト任せ」 にはせずに、塾長自身が、本業として、 「それ」 を行っているのです。

 A さらに、 「塾」 というものは、

  「一貫性が強度に要求される」 もの

であるはずなのに、

  「個別指導塾」 では、

  先生がコロコロ変わり、教え方も違うため

  難儀した


という報告を、多数受けております。

 特に、「大学生講師」 の場合、 「4年生」 になると、 「就職活動(就活)」 が本格的になるため、 「(講師を)突然やめてしまう」 というケースが、本当に多数報告されております。 そんな先生に、うっかり、自分の子の中学3年生の時期が当たっていたら、大変です。 アルバイトの場合は、最初の段階で、 講師の年齢や学年まで確認しておかなければ、大変なことになる、ということです。
 (但し、当塾出身の 「弟子」 の 「成長」 もあるので、今後は、力を借りて内容の充実を図ることも視野に入れてはおります。念のため。)


→  QA 第3章 「1年生の後半から本腰の指導」 へお進み下さい。


























プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:じろうさん
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:7月12日
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:専門職
  • アイコン画像 趣味:
    ・旅行---国内外を幅広く訪問済み
    ・マンガ---蔵書1000冊以上あり
    ・写真---貴重な記録写真が多数
読者になる
・野球も大好きです
  地元チームに所属
・「鉄ちゃん」 でもあります
  撮り鉄、乗り鉄、切符鉄
  廃線鉄、地図鉄、など

どるじろう・TM、よろしくね。
2017年07月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
アイコン画像じろうさん
» 94,第19期、3年生、最後の?大募集! (2014年09月06日)
アイコン画像三郎
» 94,第19期、3年生、最後の?大募集! (2014年09月05日)
アイコン画像asuran zara
» (01) 「もやもやさまあ〜ず」で紹介 (2011年01月12日)
http://yaplog.jp/jiro-juku/index1_0.rdf