【 更新情報 】

 

自力で二重まぶたにする方法

整形などをせず、自力で二重にしたい・・・と考える女性は多いことでしょう。そのために最初に行うことは、目の開き方をかえて、まぶたの余計な脂肪を落とすということです。

目の見開き方をかえるには、眉を動かさないように目を大きく見開いてください。あくまで自然に行うことがポイントで、いきなりギョロッと開こうとはしないでください。慣れないうちは、眉を動かしてしまうと思いますが、だんだんできるようになってきます。

さらに上目遣いでもできるように練習してください。こうすることでまぶたの脂肪が減り、二重の線が定着しやすくなります。

うっすらとでも二重のラインが出てきたら、次にライン定着の強化を行います。それはまばたきをたくさんすることです。上目遣いで、目を大きく見開き、たくさんまばたきをすることがポイントになります。

それともう一つの方法は、目を大きく見開き上目遣いにし、指を顔の正面にもってきて、指の先端部分を見つめてください。ちょっと寄り目になる感じですが、この状態でまばたきを繰り返すことによって目頭側の二重のラインがより深くつきやすくなります。

次にシャワーを使った方法ですが、まぶたを閉じて、シャワーを5秒ほど当てる。そして5秒はなす・・・これを繰り返すだけです。こうすることによってまぶたが刺激され、まぶたの脂肪燃焼を促進してくれるというわけです。

温冷タオルを使う方法は、42℃程度の少し熱めのお湯でタオルを温め、3〜5分ほど目の上にのせます。その後1分ほど冷たく冷やしたタオルを目の上にのせます。これを繰り返すだけですが、この方法は眼精疲労にも効果があるので有名ですが、目の周りのむくみ改善・脂肪燃焼にも効果があります。

一重まぶたというのは、まぶたの脂肪が少なからず関係しているわけですから、これを取り除くだけで目元がグンと変化します。自力で二重まぶたを作るというのは、そんなに難しいことではありません。

二重まぶた化粧品

二重まぶたを作るための効果を持つ化粧品で、一番身近で手に入りやすいもは、アイプチやアイテープといったものではないでしょうか。薬局や通販などで感単に手に入りますので、一度くらいは利用されたことがある方も多いと思います。

上手に使えば、くっきりとした二重が形成されますので、少なからず効果が期待できます。これらの化粧品は、まぶたを接着させて二重まぶたを作るといったタイプのものでしたが、まばたきや汗、刺激などで感単によれたり落ちてしまうといった欠点がありました。

しかし最近では、こういった欠点を克服した、まぶたを接着しないで二重まぶたにできるような効果を持った化粧品、形成器を使って二重まぶたのラインを癖づけるという効果を持つ商品が多く出てきました。

注意点としては、どんなに効果が優れているとしても、肌に合わない場合もありますので、少しでも異常を感じた場合はすぐに使用を中止してください。無視して使用を続けることで、とんでもないことになる可能性だってあります。

一番多い症状がまぶたの腫れ、かぶれです。腫れがひどい場合、今までよりもひどい一重になってしまうこともあります。またカサカサに乾燥したり、薬液を塗った部分が黒ずんでしまう色素沈着が起こる場合もあります。

二重まぶた化粧品を使うことで、簡単に二重になることができますが、上記のようなリスクがあることも忘れないでください。二重まぶた化粧品の使用法はよく守り、上手に付き合っていけるよう頑張ってください。

赤ちゃんの二重まぶた

生まれてくる赤ちゃんが、二重か一重かというのは、とても気になることだと思います。顔の印象は、目によりとても違ってきますので、やはり一重よりも二重の方が印象的に良い場合が多いため、できるなら自分の赤ちゃんは二重まぶたがいいと願う親が多くいます。

一重か二重かというのは遺伝するため、一重まぶたの両親から生まれてきた赤ちゃんは、一重まぶたの確立が高いと言えます。ただし、赤ちゃんは成長とともに顔もどんどん変わりますので、一概に変わらないとはいえません。

反対に両親が二重の場合でも、生まれてきたばかりの赤ちゃんは一重であることが多いですが、これはまぶたの裏側の脂肪が関係しているためで、そういった赤ちゃんは動き回って痩せてくる1歳を過ぎる頃には、二重になっていることがほとんどです。

一重のままだったとしても、目の運動やまぶたの脂肪を落とすことで二重になる可能性があります。それだけまぶたの皮膚は柔らかく変化しやすいので、あまり気にする必要はないかと思います。

現に、20歳を過ぎてからでも二重になった方や、痩せたり太ったりなどの体系の変化で一重→二重に、または二重→一重に・・・といった場合もあります。しかし、仮に赤ちゃんが一重であろうが元気で健康に、素直に育ってくれれば、それ以上望むことはないと思います。

最近では、子供に整形をさせる親も増えていると聞きます。考え方は人それぞれですので、決して否定しているわけではありませんが、教えてあげなければいけないことがあるのではないかと思います。