見えてきた! パート2

October 26 [Fri], 2007, 16:30
色んなパーツ類が現場に搬入されてきて、少しずつ見えてきた!

おぉ!パソコン等の通信機器関係をまとめるコーナーも棚が付いたぞ



言わば我が家のサイバーステーション(なんじゃそりゃ?)
我が家の中央情報局
我が家の・・・・

んっ?

あ〜〜〜っ

上の棚がカウンターと同じ幅なので、前に座ってみると棚が目線にきて うっとうしい

自分達で考えて、完璧だと思ったのに

一言プロとしてのアドバイスが欲しかった・・・・

ここは無理をお願いして・・・・

こうなりました



いや〜危ないところだった

お次は、おお!手摺が付いてる




手摺の色は、黒の予定

ん〜い〜ね〜 ガレージドア



〜ね〜〜!

つづく

見えてきた!

October 24 [Wed], 2007, 16:44
内装工事も着々と進んでいて、段々と形が見えてきた!

やっぱり図面上で理解しているのと、実際の現場は違うね

イメージと違っていたので、工事途中で大工さんに無理をお願いすることもしばしば・・・

例えば、これ



和室格子壁の障子を閉めたら空気が流れなくなってしまうので、

急遽大工さんに開口部を設けてもらいました。

これで、中を見られることなく換気が出来ます

それから・・・

狭い家族玄関で何とか邪魔にならない様にスリッパを置けないかと現場で考え、

家族玄関入って右の壁をくり抜いて貰い、スリッパホルダーを付ける事に



2階に上がってスタディコーナーに、本棚はあっても文具等を入れる収納が無いと考えていると・・・

あっ!

階段上がってすぐの壁の奥行きが、200以上あるではないか!

ここを収納にすると結構物が入るぞ



こうなりました

後から扉と棚を付けて・・・素晴らしい

さらに・・・

子供部屋への階段が、ウォークインクローゼットに隣接してる・・・

階段下収納ができるじゃないか!



扇風機・ストーブ等かなり入るぞ

それからそれから・・・

その階段の横は、クロスで仕上げる様になっていたけど・・・何かイメージが・・・

ボードを貼ってもらったけど・・・

すんません!天井板の材に貼り替えて下さい!!

こうなりました



ん〜・・・い〜仕上がりだ〜(渡辺篤志の建もの探訪風に)

あれやこれやとまだまだ変更点はあるけど、そんなに大変な物ではないので、

当然許容範囲の内ですよね!ト〜コ〜さ〜〜ん

つづく

新たなパーツ入荷

October 18 [Thu], 2007, 11:16
外回りの足洗い場に使われている水鉢になかなか気に入った物がない

足洗い場が2ヶ所あるのにどうしようか・・・

ウッドデッキの足洗い場は、子供が水遊び(プールや足湯)が出来る様にしたいし、

何かいい物がないかと、あれやこれやと考えている内に・・・

そうだ!あれを使おう

出張の度に探してはみたものの、古い物なのでなかなか見つからず、

人吉で何個か見つけたけど、これだけのためにわざわざ人吉まで買いに行けない・・・

そうこうしている内に、ついに見付けた!

そんなに遠くない(?)阿蘇で大量に売っている店を発見

しかも、丁度タイミング良く仕事で近くまで行く便があり、

早速、買い付けに走りました

そして数ある中から選んだのは・・・

これ!



W×D×H 700×450×350

かなり古い物らしく、苔も生えていい雰囲気だけど、

デッキ足洗い場の水鉢として使う予定で、たぶんほとんど見えないので、
綺麗に洗って苔を落とし、穴を開けて排水管が接続出来る様にしないと

設置の苦労は職人さんに任せて、楽しみにしてますよトーコーさん

内装工事も順調に進行中。


手洗いカウンター付いたよ


2階廊下のスタディコーナー(?)


脱衣所の洗面台
そして、その洗面台の隣にある意味ありげな縦長のボックスが、



脱衣シューター!

我が家の風呂は2階にあるので、1階のパントリーまで洗濯物を運ぶ手間を考えて、
洗濯物はポイッとシューターの中へ!

パントリーの洗濯物カゴの中に落ちてくる計算に・・・上手くいくかな

家事への負担を考えてのことでした

さて、今週末も家族サービスそっちのけで現場に入らないと

まだまだ塗装しなければならない所がいっぱい残ってるからね

つづく

床下調湿炭

October 13 [Sat], 2007, 9:10
少し前の事になりますが、床下調湿炭を敷き詰めました。


リビング床下

これで全量の3分の2

ユニットバス・脱衣所天井

脱衣所床(パントリー天井)
炭で調湿するという事は、湿度が高いときに吸収し、乾燥しているときに放出し、湿度を一定に保とうという働きを言いますが、炭が吸った湿気を放出するためには通気が必要です。通気がなければ、調湿炭を敷いても、調湿といった面では効果を余り期待できません。

地熱利用のGEOパワーシステムを導入した我が家には、一部を除いて床下がほとんどありません

換気口が無く、床下の通気が余り取れていません。

調湿機能は、空気が地下パイプで熱交換される時に調湿もされているのでそちらに任せ、炭には効果を期待してないし心配もしていません。

もっとも、キッチンやパントリー・ユニットバス・トイレ回りは床下があり、通気も多少はされているので調湿効果が期待できるでしょう。

それでは何故調湿炭を敷き詰めたのか

我が家の調湿炭は、調湿ではなくてもう一つのあまり知られていない大きな効果を期待したからです。

調湿炭のもう一つの最大の効果、それは 床下の温度を一定に保つ という効果です

炭を敷くと地中の地熱を炭が蓄え、外気温の高い夏場には地中の冷たい地熱を蓄え、外気温の低い冬場には地中の暖かい地熱を蓄えます。

ちなみにデータでは、床下の平均気温は冬場で3℃程度高くなり、夏場で2℃程度低くなることが確認されています。最も効果が表れるのは、冬場の気温が最も下がる午前6時頃では8~10℃暖かくなり、夏場の気温が最も上がる午後2時頃では8℃程涼しくなる結果が出ています

つまり、冬暖かくて夏涼しいという蓄熱効果が家に与える影響は決して小さくなく、より快適に過ごせ、環境負荷をより小さく出来るはずです

さらにその波及効果として、床下の温度変化が小さくなるということは、床下での結露を防止する効果があるという嬉しいおまけまで付いてきます。

もともと地熱を利用するGEOパワーシステムに炭のパワーをプラスする、まさに目に見えない縁の下の力持ちです。侮れませんよ

床下調湿炭・・・奥が深い・・・

炭なら何でもいいという訳では絶対にありません

ではどんな炭がいいのでしょうか?

良く聞く備長炭がいいのか?竹炭?安い輸入炭(マングローブ)?リサイクル炭(建築廃材)?

最も良いのは、杉・松といった針葉樹の炭です。

湿気の吸放出・化学物質の吸着には、炭の表面積(比表面積)が広くなくてはいけません。

比表面積は、木の導管(水・栄養を幹に伝える管)の数によります。しかも余りに小さすぎると吸放出し難く、曲がっていても吸放出し難くなります。導管の数、適度な大きさ、が必要です。

実は、備長炭は比表面積が思っていた程広くなく(微細な穴は多数有り)、竹炭も針葉樹には及びません。

備長炭は、調湿炭には余り向いてないのは以外です

また、針葉樹の炭であればいいと言うのではなくて、比表面積を広くするには、高温で長時間焼く必要があります。温度管理をきちんとしながら、じっくりと焼くことによって組成が堅くなり、導管が通り、ガス成分・水蒸気が完全に抜け、揮発分に含まれる油分が抜け、結果、水蒸気をはじかず、化学物質をよく吸着し、水蒸気を吸放出することが出来るのです

高温で焼かれた炭は、表面が堅くシャリンシャリンと金属質な音がします。

さらに、細かな粒状ではなくて、5~10mm程度の大きさがベストです。


調湿炭には、手間と時間がかかるのです。

ホームセンターやネットなんかで安く売られてる調湿炭、大丈夫ですか?

さらに怖い話をもう一つ

高温で焼かれた炭はアルカリ性の特性を示し、低温で焼かれた炭は酸性の特性を示します。

カビや細菌、シロアリ、ゴキブリ、ダニ、ゲジゲジ、ムカデetcといった害虫を寄せ付けないためには、アルカリ性の特性を持たせる必要があります

酸性の特性を示し、程よく暖かく、程よく湿気ている低温炭は、カビ・細菌・害虫にとって心地良い環境になってしまい、ゴキブリの巣になってしまう恐れも・・・

以前、夢でゴキブリが顔に向かって飛んできて、ひゃぁ! と寝言で悲鳴を上げたのを、丁度嫁さんに見られて爆笑された事があったけど、そんな光景が日常茶飯事に・・・・

ひぃ〜〜〜〜〜!

他には、よく言われている マイナスイオン効果・電磁波防止効果については、具体的なデータで立証されていないのでよくわかりません。期待はしているけど。

字ばっかりで疲れた・・・

つづく

楽しみにしていたパーツ入荷!

October 09 [Tue], 2007, 16:37
現場は順調に進行中

施主支給のパーツ類も続々と工務店に入荷している様で、

監督さんが打ち合わせのため現場に一つ持って来ていました。


天然石をくり抜いた手洗い器
そして、この手洗い器を乗せるカウンターが・・・これっ!


この一枚板は、我が家で10年来座卓として使っていた物です

かつて、家具屋の倉庫の隅で埃をかぶっていた(その当時で何年前の物か店主も判らず)のを見付け、格安で譲ってもらい、

自分で座卓を造った思い入れのある板です!

こだわりの物には、いちいち物語があって いいね〜

ロマンだね〜

語りだしたら 長いよ

おぉっ!

あそこに見えるは〜・・・・

ガレージドアではないかっ!


下からの図
木製ガレージドアは数有れど、ほとんどが北米からの輸入品で、品質は所詮 
MADE IN USA

一度は、コストダウンのため輸入品(半額)を自分で手配しようと考えたけど、

木製ガレージドアを造っている会社が、何と車で1時間位のところにあって、

工場を見せてくれると言うので見に行くと・・・

即決でした!

その作動性の速さ、正確さ、組上げ精度の高さ、

職人さんが、丁寧に一つ一つ手造りで造っていました

やっぱり、求めれば辿り着く、与えられただけの物にはストーリーは生まれないね 

ういぃ〜ねぇ〜!(注:い〜ね〜!)

ケヤキの柱・框も自分で塗装完了(3回塗り)




柱を探して東奔西走・・・遂に見つけて九州の人吉まで往復800km、トラックに乗って買いに走った苦労が報われるね

これも物語だね~

物にこだわりを持ち続けることが、正に“自分の一分(こだわり)”

嫁さんの視線が冷たい・・・・・

そのうち子供も一緒になって・・・・・

つづく

ドナドナ

October 03 [Wed], 2007, 15:52
少しづつ涼しくなってきた9月、

物思いに耽っていると、ふと思い出した・・・

そう、我が鉄馬 ハーレー の車検じゃないか!

車検を出すショップは、以前住んでいた広島(今は山口)のハーレー専門ショップなので、

久々に鉄馬を駆って旅が出来る

ちょこっとだけど、自分にとっては ドキドキものの冒険なのです

1週間前から雑誌を買って、車検用パーツを準備して、気持ちを徐々に盛り上げ、
嫁さん・子供を広島の嫁の実家に前日にに行かせ、

ついに当日

朝6時からピカピカに磨き上げ2時間半!

準備が終わって嫁さんに “今から出る” と電話を入れ、

ふと思い立って記念撮影





いいっ!

かなりイケてる

さあ出発だ〜

んっ?あれ?

エンジンがかからない

キャブを外したり、バッテリーを充電したり、何時間頑張ってみても・・・

結局、嫁さん・子供を迎えに広島まで新幹線で行ったのでした・・・とほほ

後日、バイク屋さんに取りに来てもらいました。




おおっ!

アメ車にハーレー

絵になる

ドナドナドーナード〜ナ〜〜アメ車に乗せて〜

という残念なお話でした

つづく
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:JIRI
  • アイコン画像 趣味:
    ・自動車
    ・バイク
    ・映画
読者になる
2007年10月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像橋本
» デッキ工事 (2007年11月27日)
アイコン画像jiri
» お宝GET!(沖縄編) (2007年07月05日)
アイコン画像嫁のアネ
» お宝GET!(沖縄編) (2007年07月03日)
アイコン画像jiri
» つまらん! (2007年05月19日)
アイコン画像もうちょっとで完成しまーす
» つまらん! (2007年05月04日)
アイコン画像JIRI
» 石だらけ! (2007年04月07日)
アイコン画像もうちょっとで完成しまーす より
» 石だらけ! (2007年04月06日)
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

Yapme!一覧
読者になる