状況報告〜内観編

August 23 [Thu], 2007, 16:30
今回は内観編です



リビング南東のコーナーサッシです

我が家は性能を重視して樹脂サッシを使っているので、思っていたより枠が太くガラス面が小さかったのがちょっぴり後悔



その上の吹き抜けサッシ

ここでも掃き出しサッシの高さが思っていたより低く 残念

気を取り直して・・・



ガレージと室内との仕切りサッシ

ここは思っていたよりも開放感があり 成功



ひときわ異彩を放っている ケヤキの大黒柱
いや〜めでたい

そして・・・



この上が男の城・・・そう!ガレージロフト
さあ〜ここで何をしようか!嫁さん・子供に内緒で あれやこれや・・・

おおっと!危ない危ない!

ここが“自分の一分(こだわり)”だね

画像で状況報告

August 22 [Wed], 2007, 17:26
盆の連休をはさんでさらに忙しくなってきました

だから画像で簡単に時系列に状況報告(外観編)



屋根はガルバリウム鋼板葺



外壁一番目の下地材は ダイライト(地震・台風に強いよ!)



ほぼ形になってきた!想像よりでかいぞ



防水シートは南・西面が遮熱・透湿・防水シート(シルバーの部分がそうだよ)

貼り分けがややこしいけど、日射の影響をもろに受けるからね!
西面の一部が普通の防水シートになっているのには訳あり(詳細はまた今度)



おおっ!全サッシが付いたぞ!

通気層を設けて二番目の下地材は、構造用合板(ダイライトが縦貼りなので横貼りに)

この上にもう一度防水シートがきて、いよいよ仕上げ材です。

ああっ!電話が鳴っているので今日はここまで

つづく・・・


気になる点

August 06 [Mon], 2007, 16:37
いや〜毎日暑い

毎日こんなに暑い中、職人さんは大変だ!

喉もさぞかし渇くことだろう、

という事で家の現場には・・・

こんなの置いちゃいました!



補充完了

今度、アイスでも入れよっと

さて、2時間程現場を見て回って気になる点が何箇所か・・・

今回、気密・断熱について気になった点はと言うと、



棟の耐火野地板の隙間

ここは、屋根の二層構造の下層部分なので、気密が必要です!

気密テープと発泡ウレタンで、気密・断熱が取れる様です
次に、



梁と桁との間に隙間が!

発泡ウレタンを吹き込んで頂きましょう

さらに、



台風養生してもらった時に、ひょっとしたらあるかもと気になっていた部分で、

シートを固定したときの釘の穴!

ほとんどは柱に打ってあったけど何箇所かは・・・

コーキングと気密テープで塞いで断熱材を吹き込んで押さえよう

そして・・・



サッシ固定枠とサッシとの隙間

ここは見落としがち!

5o程度の隙間がぐるりと・・・

発泡ウレタンを吹き込んで、気密と断熱を確保

ぬおぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ〜!気合入ってきた

見逃さんぞ〜っ!

気密を高くすると決めた以上は、とことん突き詰めるぞっ!

こりゃ勝負だな・・・どこまでやれるか

つづく

お見事!

August 04 [Sat], 2007, 15:43
屋根仕舞いしたと思ったら・・・

台風が直撃

借家の隣町に台風上陸!

建築現場もそんなに離れてないので心配していたが、

台風も接近してきた頃に現場に行ってみると、

お見事!

見事なまでに養生がしてありました。




グッジョブッ

つづく・・・

前回のつづき

August 03 [Fri], 2007, 16:45
では、建物が熱を溜め込んでしまわない様にするにはどうすれば?

それには、熱線が建材に吸収されると熱変換作用によって輻射熱を発生させるので、輻射熱を喚起する熱線をカットするか反射するしかありません。

熱線をカットするとは、簡単に言うと木陰に入ると涼しく感じるのがそうです。

太陽からの熱線を木の葉がカットしてくれるから、涼しく感じられるのです。

しかし建物では、森の中に建っているのならともかく、住宅地に建っている家はなかなか全体を木で覆うことは難しいでしょう。

四方を建物で囲まれていると確かに壁面の熱線は防げますが、屋根面では防げないし、また、そんな四方を囲まれた様な場所に住みたいかどうかの問題にもなってきます(都会は仕方ないね)

となると、やはり反射するしかありません。

熱線を反射するには、遮熱シート(アルミシート)を使います。

遮熱シートも何種類かありますが、屋根・壁に使う場合は、透湿性も考慮した方がいいでしょう。

防水性があっても、万が一水が浸入した場合や、結露(あってはなりませんが)した場合に、透湿性がなければ腐れの原因になってしまいます

しかもそれだけでは十分とは言えず、通気層も確保してなければなりません。

通気層を設けるだけでも断熱性能はアップしますが、それらをトータルで考えた場合、更なる効果が期待出来ます

温められた空気が上昇するのを利用して、通気層で対流熱を排出し  おおっ!

遮熱シートで熱線を反射して輻射熱を防ぎ 何とっ!

断熱材で伝導熱を防ぐ やったー!

素晴らしい

中には遮熱シートの効果に疑問を投げかけている人もいますが、

そこは実際に現場で体感しており、

7月の暑い日に、屋根の通気層の中に手を入れてみると、通気層の上の構造用合板はかなり熱くなっていましたが、遮熱シートを貼った耐火野地板の小屋裏側は余り熱を感じませんでした!

小屋裏に上がってみても、屋根面からのムッとした熱気を感じませんでした

この上さらに発泡ウレタンを吹き付けるので、その断熱効果となると・・・

いいっ!ビューテフォー!

久々に、ここが“自分の一分(こだわり)”

いいと思える事は、どんどん調べて・検討して・費用対効果を考え・ベストな形で導入する!

例え、住宅メーカー側がその商品・工法を知らなくても、共に調べて共に考える。これが重要!

今までにどれだけの時間と労力と気苦労を重ねてきたか・・・

“よくやってるっすっ!頑張ってるっすっ!自分”

遮熱シートは、壁にも使うよ!

あ〜字ばっかりで疲れた・・・

ここでちょっと ブレイク・タイム!

最近買った一風変わったペーパーウエイトの画像でもお楽しみ下さい・・・







で〜〜〜〜〜〜〜〜〜ん!






手の平よりデカイよ!

いかがでしたか?

リフレッシュして頂けました?

相変わらず嫁さんには不評だけどね!

つづく・・・

遮熱!?

August 01 [Wed], 2007, 18:02
なぜこれからは 遮熱 が重要なのか!?

なぜなら・・・・

通常の決められた基準で気密・断熱をクリアしていれば、
冬の寒さは何とかなります。

暖房を工夫したり、省エネを考えて一枚多めに着たり、工夫次第です。

しかし!地球温暖化が叫ばれている昨今、どんどん厳しくなっている夏の暑さだけは我慢ならないものです

もちろん個人差はありますが。

服を脱ぐにしても限界があり、家中をクーラーで快適にするのにも抵抗があり、
健康のこと省エネのことを考えると、多少の我慢も必要でしょうが・・・

しかし暑い!何だこの毎年の暑さは!熱帯夜は!

中途半端に古い家に住んでいる者にとっては、クーラーすら効かない時があります。

でも、最近建てた新しい家に住んでいる人からも、家が夏はかなり暑くなり、
夜になったら逆に外の方が涼しいというのを聞いた事がありませんか?

高気密・高断熱にしたのになぜ

それは、家自体が昼間に熱を溜めてしまい、昼間はもちろんのこと、
夜になって外気温が下がっても熱を放出し続けているからです!

断熱材は熱の進入(夏)・放出(冬)・冷気の進入を防ぐための物ではなかったのか?

それには熱の伝わり方が問題になります。

熱の伝わり方には 対流・伝導・輻射 とあり、

対流熱とは、簡単に言うと空気の流れによって伝わる熱であり、

伝導熱とは、接している物体において熱が高いほうから低い方へ伝わる熱です。

輻射熱とは、離れていても感じる熱であり、太陽からの熱線(電磁波)が物体に衝突して吸収され、熱変換作用によって熱を発生する。つまり、太陽からの熱線を吸収した建物自体が、熱を発生させていることになります

一般的に人間が体感する熱移動の比率は、対流熱 20%、伝導熱 5%、輻射熱 75%程度と言われています。

現在主流の断熱材は、実は熱移動の数%しかない伝導熱をカットする断熱材だそうです

つまり、熱移動の大部分を占める輻射熱は防げない、と言うことになります

熱線が断熱材に吸収されると、その断熱材は熱変換作用によって熱を発生させることになります。

断熱材を厚くすると暫くは熱を防ぎますが、やがて熱は全体に達し、大量の熱を溜め込んでしまい、逆に外気が冷えた夜になってもなかなか冷めず、熱を室内に放出し続けてしまいます。

断熱材恐るべし

言い換えると断熱材は 熱伝達遅延型熱吸収材 と言えます!

ではどうすれば????

疲れたので次回につづく・・・



プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:JIRI
  • アイコン画像 趣味:
    ・自動車
    ・バイク
    ・映画
読者になる
2007年08月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像橋本
» デッキ工事 (2007年11月27日)
アイコン画像jiri
» お宝GET!(沖縄編) (2007年07月05日)
アイコン画像嫁のアネ
» お宝GET!(沖縄編) (2007年07月03日)
アイコン画像jiri
» つまらん! (2007年05月19日)
アイコン画像もうちょっとで完成しまーす
» つまらん! (2007年05月04日)
アイコン画像JIRI
» 石だらけ! (2007年04月07日)
アイコン画像もうちょっとで完成しまーす より
» 石だらけ! (2007年04月06日)
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

Yapme!一覧
読者になる