アウトライトの持家は高齢者のセキュリティを支える

October 21 [Mon], 2013, 10:40
高齢期までに住宅所有に到達しなかった人たちはセキュリティの危機に見舞われる。

低所得のままの世帯、不安定就労者、外国人、家族を形成しない人たちが不利な状態から抜け出すことは困難であった。

しかし、日本の福祉国家が追求したのは社会権の保障ではなく、社会統合の維持である。

住宅確保に関わる困窮が存在しても、それが社会全体の安定を脅かすほどの規模にまで膨張しないのであれば、住宅保障の政策は拡大しない。

マジョリティが住宅取得をめざし、「梯子」を登っている限り隔持家供給の推進策を転覆するような大規模な反発は発生せず、社会統合の安定は持続すると考えられていた。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:らん
読者になる
2013年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/jiojjgf/index1_0.rdf