常識を疑え! 

September 11 [Mon], 2006, 17:20
こんにちは!

カニです♪


僕は、仕事柄、多くの人の悩みに答えています。

その悩みの原因を探っていくと、その原因の多くが

『自分以外の誰かの評価を気にし過ぎている』場合がほとんどです。


ちょっと考えてほしいのですが、

自分の人生を考えたとき、誰ために生きているのでしょうか・・・

その評価をした人のために生きている訳ではありません。

そうすると、その人の評価を100%受け入れる必要はないのです。

1つの参考意見としては、受け入れる必要があるかもしれません。

しかしそれが全てではありません。


自分が、正しいであろうと考えての言動は、その時点では100%正しいのです。

その結果と、その判断は別問題なのです。


たとえ思うような結果とならなかったとしても、

あとはどう改善するのかが問題となるだけです。


世の中、『常識』という言葉が氾濫しています。

僕はこの『常識』ほど怪しい言葉はないと思います。

ほんと

『常識』って何だ?

何をもって『常識』っていうんだ?

という感じです。


ちなみに辞書で調べると、

一般の社会人が共通にもつ、またもつべき普通の知識・意見や判断力。

「常識がない人」「常識で考えればわかる」「常識に欠けた振る舞い」「常識外れ」

などの使われ方をします。

世の中の人が一人一人違うにも関わらず、それを多数、大勢の人という風に

くくってしまう概念です。


世の中に存在するのは『主観』だけであって、『客観』というものは存在しません。

この『常識』というものも『客観』という言葉とよく似ています。

意味合いとしては、多くの人がそう思うであろう、そう感じるであろう『知識』です。


さっきはある人の評価を気にする話でしたが、

同じように、多くの人がこの『常識』という言葉に毒されています。


このブログを読んでいただいている方の人生において、

人生の妨げとなる、邪魔になる『常識』は必要ないと思います。


その『常識』に縛られて、身動きが取りにくくなってしまっては

何のために生きているのか分かりません。

『常識』のために我々は生きている訳ではありません。


もし『常識』を活用するとすれば、

他の人とのコミュニケーションを円滑にするための雑学くらいなものです。


『常識』を疑いましょう!!!

自分の周りの人に迷惑をかけないこと、『道徳』にかなったことであれば、

ぜんぜん『常識』外れでかまわないと思います。


あなたがあなたらしくイキイキ、ワクワクして生きるために・・・


P R
2006年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:jinseitanosiku
読者になる
Yapme!一覧
読者になる