2014/4/6 S.S.D.S.歌謡祭

April 13 [Sun], 2014, 21:34
4/6のSSDSの感想を乱雑に・・・。ツイッターの内容をつめこみました!
詳しくはSSDSのDVDで確かめてくださーい!



★自己紹介の小ネタ?は昼の部が「好きなお城はチベットのポタラ城です」夜の部が「オリンピックでスポーツをするならフェンシング」夜の部はフェンシングの突きの振りをしながらでした!

★SSDS昼の部と夜の部を比べると、昼の部の方が狭かったせいかちっちゃめにラジオ体操をしていてかわいかった〜♡

★ラジオ体操第二だったかな?で、動きがわからなくなっちゃったときがあってなんとな〜く体操してたけど、次の動作に入る境目にペンギンおててで首を傾げててかわいかったです!!

★先生方がみんな吸血鬼になっちゃうところでひらりんお得意の血を飲むSEを生で聴いたんだけど、めっちゃ喉が動いててあんな風にあの音を出してるんだ!!って感動しちゃった!

★「自分の娘と結婚させるならだれ?」という質問で断トツトップで勝利した三条先生ですが、その三条先生は誰を選んだかというと沢登先生。理由は小児科医だから。え…あの短い時間でお孫さんのことまで考えたんですか…?ひらりんすごい…(°_°)

★おっきーは今回がSSDS2回目ということで、『自分の娘と結婚させてもいいのは?』というお悩みのときに
霧谷「平川…じゃなくて…」
先生方「あー!!!」
霧谷「…なんだっけ?」
三条「三条です!」←手で3をアピール
ってなってた!

★沢登先生と三条先生ペアも和んだなぁ〜♡身長が同じくらいで一緒ににこにこして立ってるだけでかわいかった♡(*´Д`*)

★ひらりんとまっすーが一緒にいるとお母さんと息子に見えてなんだかほわほわしたなぁ(*´∀`*)
台本を読み込んでた…まっすーと一緒にずっと読み込んでた…(*´ `*)
そして、肩幅が全然違う。ひらりんは小柄でほんとにかわいい。
まっすーかっこよかった〜!さすがテニミュ初代幸村だけあって歌って踊れてた!歌もとっても上手になって…全力で楽しんで歌ってくれてるのがわかって嬉しいね…( ; ; )

★振り返ってみると、今回は台本をじーっと見ていることが多かったように感じたなぁ。

★たぶん、SSDSのひらりんは一歩引いて先輩方を立ててるんだよね…。良妻だ…。

★Nice to meet you!はすっごく楽しそうに歌ってたのが印象的だったなぁ。すてきなきらきらスマイルだった!
バンブーちゃんタオルをふりふりする姿はアイドルだったし、間奏で「フォー!」とか「ハイ!」とか掛け声入れてるのもアイドルだったし、掛け声と一緒に両手しゅわっちジャンプやCジャンプをしてるのもアイドルだったし、とにかくアイドルだった。

★Nice to meet you!のジャンプももちろんだけど、前奏と後奏のジャジャジャン♪ってところの振り付けもすごくかわいかったので早くDVDでもう一度見たい(>_<)

★Eyes for youの「そっと」で優しく両手でマイクを包んで「君を抱いて」で自分の肩を強く抱きしめて「涙に濡れた日も」で片手で目元を抑えて「君に出会えた」で手を前に持っていきつつ探し求める感じの切ない表情で、毎度のことながら歌詞を大事にしてるんだなぁって強く感じた。

★診察の時間にお水を飲みたいひらりんはおしゃべりしてる先生達の後ろまで水を取りに行くんだけど、自分のペットボトルをなかなか見つけられないところがかわいかったし、見つけた水をいつも通り後ろを向いて飲んでるところもかわいかった♡
無事に水を飲み終わるとこっそ〜りもとの場所に戻って行くところもかわいかった♡
ひらりんがもとの場所に戻った瞬間に賢雄さんがひょいっと話を振るから、「へ?」って感じになっちゃってたけど、私も水を飲もうとしてるひらりんを見るのに必死であんまりお話聞いてなかったから「へ?」ってなった。

★今回のひらりん名言集
@俺色に染めたい?あなた色に染められたい?→僕の色とあなたの色をまぜて新しい色を作りたい
A別々のベッドで寝たい→寝るとき以外ずっとべったりしてたらいいんじゃないですか?(若干投げやりだったw)

どっちも清らかな心の持ち主だから出てくる言葉だよね…。天使。



DVDが今から楽しみです♪
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:するめ
読者になる
2014年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/jino0604/index1_0.rdf