嫌だ 

November 05 [Mon], 2007, 10:11



あーもうなんかホント嫌だ。
全てがだめだ


生きてる意味が分かんなくなって来た
将来に夢を持ってたいのにそれが難しい状態だなんて、ホント笑える


死にたくなるような程でもないけど、それでもすごく嫌で辛いと思う。
まぢ有り得ない。

まぢこの手で殺したくなる。

調子に乗んなや
いつかまぢでぎったんぎったんのばっこばこにしたったるかんな、糞亀〇梨さんよ。

あと親な。
いつか痛い目見んのはそっちやぞ、あたしは助けないかんな。
ガキの前で煙草吸うな、胸糞悪い。
金を自分の子供にたかるってどういう了見だこの糞野郎
理解出来る理由なら良いけどよ、パチンコやる金がねぇから金貸せだと?
はぁ?
まぢてめぇのためにバイト頑張ってんじゃねぇんだよ、いつまでも人に甘えてんじゃねぇぞ、糞ばばぁ。
二度と金貸せとか電話してくんじゃねぇぞ。
次は着拒したっかんな。




あー…幸せになりたい

新しく 

October 26 [Fri], 2007, 8:59


携帯が新しくなった。
前のは電池がすぐなくなったり、勝手に電源が落ちたり、長い間使って来たからそろそろヤバい状況だったんだろう。
前の携帯の方が好きだ。
新しいのはやっぱり使いづらい。
しかも色も一番好きな色じゃないし、会社も違う。
ホントはブラウンオレンジが良かった。
三洋が良かった。
ま、でも今の携帯もいずれ好きになるだろう。
もういろいろ大変なことになってるしな。

これから2年よろしく。



朝から。 

October 24 [Wed], 2007, 9:05


2話を見てた。
我慢出来なかった笑
みろくんがとてつもなく可愛かったんだもん。
これから学校行ってテストだけどさ、無理なんだけど、マジで。
だって勉強してないもん。
ドラマでそれどころじゃなかった。
テストとドラマどっちが大事かって聞かれたら、迷いなく、ドラマを選ぶもん。



1224xxx...






あーヤバイだろ。 

October 23 [Tue], 2007, 23:34


意味分かんね
可愛すぎて意味分かんね
なんて可愛さだろうな
頭がぐるぐるする

なんか楽しそうで、幸せそうで嬉しい、な。
良かった、そんな風に笑ってくれてて。
その笑顔があたしの元気の源だ。


よし、明日も頑張ろう。



1224xxx...





ふざけんな 

October 23 [Tue], 2007, 18:07


マジで親なんか嫌いだ
人を振り回すのもいい加減にしろ


女の子 

October 22 [Mon], 2007, 23:34


ぶりっ子は本気でムリだと確信した。
さっきのは無いわ。
いきなりコロッと変わって「ふふふッ」だなんて笑ってられるなんて、私にはムリだ。
あんな女の子にはなりたくない。

あ、いや、それよりちゃんとした女の子になるのが先か。
よくお前は女じゃないと言われるからな。


悲しい…







1224xxx...







尊敬する人 

October 22 [Mon], 2007, 22:36




好きな人=尊敬する人
と、私は捉えている。

だから友達も、尊敬しているから好き。
でも、親は尊敬していない、だから好きではない。
友達に言ったらなんとなく引かれそうなので言えずにいるが、本当に親が好きではない。
親の背中をよく見て育ってきた。
そんな大人に絶対なりたくない、本気でそう思う。
親にも言えない、友達にも言えない、本当の気持ちだ。

今友達以外に本当に好きだと、尊敬していると思える人が何人か居る。
まぁ、それは芸能人なのだが。
その中で特に尊敬してる人が二人。
一人は芸人、一人はアイドル。
芸人の方は、いいともにも出てて、昔アイドルグループのようなものも組んでたコンビのツッコミの方だ。
この人の絵がとてつもなく好きだ。
こんな絵を描けるなんて知らなかった。
その前から、この人の不器用さに異様に惹かれていたのだけど、絵を見て一気に引き込まれた。
ぞわぞわってする。
そしてこの人の考え方にも引き込まれる。
意外とちゃんと考えられてることが、それを言葉にして見た時、私は自分の世界が広がるのを感じた。
尊敬してる、そう思う。

もう一人のアイドルは、先日半年留学してた方で今ドラマの主演やってる方なんだけど。
いや、もうこの方は私にとっては神だな。
落ち込んでた、大好きな友達と喧嘩して悲しかった。
そんなとき元気貰った。
この人も悩んでた。
綺麗だった。
苦しそうなのに、なぜかその姿は綺麗で、魅力的だった。
それからこの人がアイドルだと知って(かなり驚愕の事実、だって私はアイドルがあまり好きではない)、歌を聴いた。
泣いた。
心が震えた。
「泣いた分の笑顔が待ってる」、だなんて
なんて儚く優しい言葉。
この人に出会って半年が経っていた。
その人が作った歌に涙が止まらなかった。
半年も前からその笑顔に癒されてた。
頑固な私の心が溶けた。
意味が分からなかった。
ホント、やめてほしかった。
おかげで抜け出せなくなった。
それでも今は後悔してないけど、この人の世界ほど私が羨ましく、求めてしまうものは無いと思う。
本当に好きなんだな、って思う。
こういう人になりたい。


長く語ってしまったけど、親じゃなくたって尊敬できる人は出来るし、追いかけていける。
友達に否定された言葉が少し悲しかったから真剣に考えてみた。
尊敬できる人が居ることは幸せだ。




1224xxx...












プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Kei
読者になる
2007年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント