上手く言えない

May 02 [Wed], 2012, 1:46
悔しいです。
何もできない時があるのが、悔しいです。

当たり前の事ですが、報告、相談、連絡が出来ていない。
自分の限界を知るべきです。
最近、ベテランの先生が、人をうまく使えと言いました。
どうしても悪い意味に感じてしまう。でもちがうんですよ。
今日の場合、子供の通院と理髪ボランティアが重なり、子どもの学習時間とも時間で重なっていました。
明らかに人が足りないんですよ。
1人では無理な時、
「すみません。助けてください。」
これが人を使うという事。
協力する事!
あれして、これして、と使うんじゃないのです。

だからこそ常に連絡し、状況を報告、そして相談して解決する。
チームワークはこうして生まれるんですね。

今日、それが、分かりました。
自惚れも自信もありません。
やる事はひとつ。
子どもの為にみんなでやりくりしていくこと。

がんばる

仕事として見るのかどうか?

April 28 [Sat], 2012, 14:17
最近、子どもと関わる事が明らかに仕事になってきてる感覚がある。
学生の時にボランティアで子どもと関わる喜びや素敵さを無くしてしまっている。
時間外に子どもと買い物に行ったり、外出したり、ちょっとでもボランタリーな意識を持つことに自重してしまう自分がいた。
余裕が無いこともあるし、まだ何をして良いのかすら掴めていない事もあるだろう。
もっともっと素直にぶつかっていきたい。
子どもと共に喜びたいし、泣きたい。

施設職員となって感じたことは、まだまだ力量不足!!
そして自分をまったく出せていない事。
躊躇したら成長しない。
ミスしてもいいし、嫌われてもいい。
やりたい事をやるべきなんだと頭では、分かっています。

「運命はすでに決まっている。だからこそ自由なんだ」
これ、バガボンドの沢庵が言ってた言葉です。
結局、何をやっても最後はどうなるか決まっている。
だからこそミスを恐れずに突っ込んで行くべき!!!
明日からまた戦おう!

環境と評価

April 22 [Sun], 2012, 17:28
子供たちが安心して生活できるとは、どういう環境なんだろうか?
暴力がないとかいじめがないのは、当たり前だろうけど、自分のしたいこと、外であった事を素直に話せる事。喜怒哀楽が出せる事。不満不安なんでも話せる事。
これって確かに大事!
衣食住は、今の児童福祉施設では、安定しているわけで、職員のスキルアップによって子どもの生活が大きく違ってくるわけです。
まだまだ自分の出来る事を模索しながら子どもと関係を作る段階。
子どもが「あいつ、どんなやつだろうか?信頼できるのか?」と一杯悪事を働いてきます。
今、しっかりとした姿勢を貫きたい。
でも負けそうですわ\(^o^)/(笑)

広い視野、しっかりとした支え

April 11 [Wed], 2012, 15:41
子どもは、足りない愛情を様々な行動で示します。
最近は、子ども達が、僕になれてきたこともあり、反発するような行動や嫌なことなどをして関係性を築こうとしてきます。(俗に言うためし行動ですね。)
これに対し、変わらない姿勢を貫く必要があり、「良いことはほめる。悪いことをしたら怒られる」という当たり前の態度をとらなくてはなりません。
施設では、日替わりで職員は変わりますが生活は変わらないのです。
人によって許される範囲が変化したり、著しくわがままを受け入れてしまっては集団生活が成り立ちませんよね。
それが、施設という点の大きく悪いところであると考えます。
本来、対象児の年齢や性格(障がい等)により試し行動に対応する形を考えるのがベストでしょう。
しかし集団が強い施設では、はっきりとした「YESとNO」を示し、全ての児童が、「あのおにいちゃんは、ちゃんと●●をしないといけないんだ」など意識を持たせる必要があります。
里親でヘルパーをしていたときは、ご飯の時間やお風呂の時間、「あとちょっと...」や「10分まって」などに柔軟に対応できます。
それぞれに理由があり、聞いていて正当であると感じ許可したり、急がせたりできますが、
施設の場合、いくら事情があるにせよ、ひとつの事例を作り上げてしまうとしっかりと守っている子に示しがつかなくなりますからね。

一般家庭では、それほど厳しい日課があったでしょうか?
基本的に大まかな日々の流れを送ることができていたと思います。
しかし僕の施設では、27人の子どもが生活を送っていて、27通りの生活が存在するわけにはいきません。

勘違いしてほしくないのは、施設を批判してるわけでなく、
施設で生活しなくてはならない現状がおかしいと思っているのです。

僕たちは、できる限りの子どもの幸せのためにしています。
しかし職員は足りないし、子どもにプライバシーを守れるような個室すら準備できないのです。
だってお金がないですし、人員も国が定めた人数に抑えなくてはなりませんから。


何か愚痴みたいなりましたが、まだまだ視野が狭い自分がいるのも事実です。
先輩職員の視野の広さには本当に感動します。
もっと成長したいです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:jimmy27
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:11月9日
  • アイコン画像 血液型:O型
  • アイコン画像 現住所:愛知県
  • アイコン画像 職業:専門職
  • アイコン画像 趣味:
    ・映画-最近良かった映画は、さよならCOLOR、ニューシネマパラダイス
    ・小説-「ベロニカは死ぬことにした」など
    ・音楽-RAD、the band apart,dustbox,ASPARAGUS
読者になる
どーも!
児童養護施設職員のブログです。
映画に最近ハマり、小説をこよなく愛し、音楽はミーハーなJIMMYと申します。
感じたこと思ったことをただただひたすら書き綴っていきたいと思います。何か感じましたら誹謗中傷も含めコメントください。
2012年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像むらおこし
» 仕事として見るのかどうか? (2012年04月29日)
アイコン画像むらおこし
» 広い視野、しっかりとした支え (2012年04月14日)
アイコン画像村おこし
» 施設とは、どのような存在か?前向きに考える。 (2012年03月29日)
アイコン画像むらおこし
» 大学進学の難しさ (2012年03月17日)