ワイキキその3 

April 30 [Sun], 2006, 17:18
オアフ島で車のないワタシどものやることといったら
ショッピングしかありますまい。
正直買い物するだけなら香港でもいいと思いました。
ただアメリカのブランド物なんかは安いみたいなので、
そういうのが好きな人は楽しいと思います。
あと日本では合うサイズが見つからない
XL〜な方などもいいでしょうw
個人的にはサロン用マニキュアが激安だったのがうれしかった。

これで戦利品全部。少ないほうでしょうきっと。

同行した姉は旅行会社に勤めていて、
今回のほとんどの手配をやってくれました。
また免税店では通常州税が免除になるだけで、市価と変わりないんだけど
旅行会社の社員は特別に割引をしてもらえます!
これでコールハーンのサンダル$130を$104でゲト。
レスポも2割引になりました。
海外に行くときは旅行会社社員の友達を連れて行こう!w

ワイキキはあんまりきれいな街じゃなくて、
一歩裏通りへ入ると急にうらぶれた雰囲気が漂い、
なんだかあまりいい印象がなかったです。
でも店員さんの笑顔とホスピタリティーはたいしたものだし、
あれだけの観光客がいながら、きれいな海を保っているのも驚きでした。



渡航先としてあまりにもポピュラーなハワイ。
今まで行く気もなく、ミーハーの行くところだと思って
実はちょっとバカにしていました。懺悔。
でもここ1年ほどやたら気になる土地になり、
ついに行くことができたわけだけど、行ってみて本当に素晴らしいところでした。
特にハワイ島の海、空、空気、これだけでもう満足できるので
ぜひ行って見てください。

ワイキキその2 

April 30 [Sun], 2006, 16:59
ワイキキではシェラトン・モアナ・サーフライダーに宿泊。


改装済みのタワーということで、部屋はきれいなんですけども、
ハウスキーピングが全くなっていない。
清掃はほとんどしていないし、ベッドメイキングもいい加減、
Do not disturbの札もないし、コーヒーの補充もしていかない。
先月まで同業者だったワタシだwこれにはむかついた。
チェックアウトの際ささやかな嫌がらせをしたことは
ここには書くまいw


ワイキキには、店内でビールを作っているブルワリーが何ヶ所かあって、
写真は5種類のビールを試し飲みできるセットなのです!
こういうの大好きなのでもうウキウキ。
つまみにポキ=魚の漬けを頼んだのですが、これが最高にんまーかった。
右からアヒ=まぐろ、たこ、マヒマヒ=シイラ。
たこは普段食べないんだけどこれはすごくおいしくて
がつがついただきました。
帰国してからもポキにハマリ中。
なぜか焼きそばもどきとガリがついてますw

このほかにも別の店のガーリックシュリンプというおいしい料理が
あったんだけど、余りの空腹に写真を撮るのも忘れて
完食してしまったのでしたw
これはコナコーヒー味のご当地コロン。

ワイキキその1 

April 30 [Sun], 2006, 16:43
4泊して大好きになったハワイ島をあとにして、ホノルルへ向かいます。
入国審査はめちゃめちゃ簡単だったのに、ハワイ島→オアフ島の
手荷物検査がすごく厳重でびびりました。
バッグの中を逐一チェックされ、持っていた日本の携帯とか
丸いコットンのようなものでぬぐって、
付着物を機械にかけて分析していたみたい。
靴を脱がされ、いかつい黒人のオバちゃんにボディチェックもされます。
預ける荷物も「鍵かけてないわね??」と聞かれます。
怪しいものがあるとき鍵をかけてるとスーツケースを破壊されて
しまうので、かけちゃいけないそうで・・・。

ちっちゃい空港。タラップまで歩きます。

この機内でアメ人ファミリーの恐ろしさを見せつけられました。
とにかく子供がうるさい。やりたい放題して、物を投げて
他人に当たったりしても親は謝りもしない。
周囲も子供には何もいえないという空気が漂っています。
アメ人の一部のガキはケモノ同然と言うことですw
親は家畜のように従順です。

そしてワイキキに行くとさらにパワーアップした親子がいたのだった。
ローカルの家族なんだけど、子供を5人くらい連れていて、
凶暴な2匹にはリードをつけているのです。
駆け出すとおかんとおばぁがすごい勢いでリードを引っ張るのです。
もうこっちは猛犬並み。行く末が思いやられます。
大人文化であるヨーロッパでは絶対見られない光景かもなぁ。
そして日本の子供のきれいさ、おとなしさが本当にかわいく思えて、
ワタシ日本人の子供に対してすごく寛容になりましたw

狂犬ファミリーを目撃したバーガーキングのワッパー。
すごくでかいのかと思ったけど普通でした。

アメリカンビーフ堪能(´々`)

ハワイ島その4 

April 30 [Sun], 2006, 16:22
ちょっと足を伸ばしてヒルトン・ワイコロア・ビレッジという
ホテルに遊びに行きました。
ここは敷地の中を、ボートやモノレールで移動するという
巨大アミューズメントパークのような感じです。
入り江をプールのように使ってそこにウミガメがいたり、
イルカと触れ合えたりします。
ファミリー連れはきっと楽しいでしょう。

日本では見慣れない鳥とかいます。
トカゲも。この色!

この夕景、なにもいうことはありません。

ハワイ島その3 

April 23 [Sun], 2006, 17:06
今回なぜハワイ島へ行ったかというと、
ハワイにはすばる天文台があるでほ?
つまりそこは地球で一番宇宙に近い場所。
そこへ行って満天の星を眺めたかったのです。

天文台へはツアーに参加しました。
マウナケア山という山にあり、頂上まで行くと
4000メートルを越えるので、途中体を慣らして
高山病にかからないように配慮します。
頂上は雪が残り、氷点下を越えております。
ハワイなのにセーター+パーカ+綿入りズボン、
さらにツアーで貸してくれる防寒ジャケットを着ます。
それでも寒い!
ほんとにハワイなの・・・?

頂上近くへ行くと、各国の天文台が並んでいます。
これがなんともフューチャーでスペーシーでカコイイw
実は星を観測しているのではなく、宇宙を飛び交う
電磁波や宇宙線を観測しているのだそうな。


これが一番カコイイのだけど、実はすばるではないw

しかしこの日はあいにくの天気で、星はちらっとしか見えませんでした。
7時間ものツアーだったのに、残念だ・・・。
これはきっとまた来いというお告げなのだ!!
ハワイへ行くとこういう妙にポジティブシンキングになることができますw

ハワイ島その2 

April 23 [Sun], 2006, 16:49
コナという地域は地ビールの生産が盛んで、
フルーティーでとってもおいしいビールがあります。
ビール好きとしてはたまらない。

思わずバカ写真w

お隣のホテルも同じ系列で、シャトルバスで結ばれているため
よく食事に行きました。とても眺めがよいのです。


このレストランから下っていくと、マンタレイという場所があります。
なんと、夜になるとここへマンタがひらひらと集まってくるのです!
それを楽しみに2回ほど見に行きましたが、
残念、満月のせいか見られませんでした。

ここがマンタレイ@昼。尻を突き出しているのは姉ですw

ハワイ島その1 

April 23 [Sun], 2006, 16:31

だいぶ時間がたっちゃったけど、ほんとに行ってきたんですよ、ハワイw
ホノルルはイミグレが混みそうだと言う理由で、
ハワイ島への直行便で行きました。
コナという地域にある空港はすごくちっちゃくて、
入国審査のおじさんもフレンドリーでいい感じでした。
指紋と顔写真を撮られるのですが、つい思い切り笑顔で写ってしまったw

上の写真はホテルのフロントからみた風景です。
この景色にはもう絶句です。
部屋からは鯨が潮を吹いたりするのも見えました。


全米1きれいなビーチに選ばれたこともあるプライベートビーチ。
波は結構きつく、泳げないわたしは1分で退散w
ある意味贅沢でしょw

いってきまーす 

March 06 [Mon], 2006, 14:20
このたび13年半勤めてきた事務所を閉鎖することになり、
毎日閉鎖手続きやら片付けの残務整理に追われております。
夫が闘病中のため上司ル○ゴはほとんど出社できないので、
一人で黙々と作業中・・・。
おまけに本社との血で血を洗う仁義なき戦いも展開中wなので
毎日気が抜けません。
そんな中溜まりに溜まった有休をちょびっと消化すべく、
土曜から1週間海外に行ってきます!
これまでのストレスを洗い流そうとしてるんだけど
それが余計に忙しさに拍車をかけているのだった・・・w
4月からは昨年まで大ボスだった人の会社に行くことが決まってます。
これまでのように就業中にリヴ、というわけにはいかないだろうけどw
皆さんこれからもよろしくおながいします。
リヴの腹減りに気づいた方はフサをやっていただけると
うれしいでふ。

今日のランチは・・・w 

February 26 [Sun], 2006, 17:33

そうとは気づかずに食べてたヨーw

こむこむへ 

February 14 [Tue], 2006, 10:45
ほら、これw