ブログお引越しします 

2007年04月12日(木) 16時12分
新しいブログは

http://ameblo.jp/xxxserixxx/

になります。
拙いブログですが、引き続き宜しくお願いします。

これからのこと 

2007年04月09日(月) 7時36分
発達障害者支援プログラムの、就業支援プログラムに、
9月〜3月の半年間参加していたのですが、先日それが
終了しました。
半年間、いっぱい勉強をさせて頂きました。
私はなかなか気分が安定しなくて、しょっちゅう欠席して
しまったのですが、終わるとなると寂しいです。
職員の方々、ありがとうございました!

今後の私。

支援センターの方がいろいろ考えて下さって、私にも出来る
事や、私の居場所を探して下さっています。
同じ発達障害圏内の人たちで集まる機会も持たせて下さって
いるし、京都市の支援センターの方たちは本当に頑張って
下さっていると思います。
もし同じ市在住で困っておられる方がいらっしゃったら、一度
相談に行かれると良いと思います。

とりあえず今の私は、「とにかく痩せること!!」。
そうじゃないと久しぶりに会う人に与える印象を考えると・・・。
怖くて外出できません!(;´д`)

昨日は酷かった 

2007年04月09日(月) 7時30分
昨日は一日「調子」が悪くて参りました。
それでやっぱり旦那様に八つ当たりしてしまって、
今になって後悔しています。
・・・でも旦那様ももう少し優しい言葉掛けてくれても
いいのになぁ。彼も同じ圏内じゃないかな?って
思ってる位だから仕方ないんだけども。

やっぱり寝る前になると不安が強くなる。
昨日は眠前の薬を全部飲んでもまだ不安で、
先を考えると恐ろしくなって、涙が出てしまいました。
着実に、一歩ずつ前進出来ているとは思うけど、
それでも耐え難い不安が襲ってくる事があるんです。
失敗の記憶が多すぎるからなのかなぁ。

でも昨日もいい事はあったんです。
それは旦那様が掃除をしてくれた事。
これはすごくありがたくて、本当に嬉しかった。
自分じゃどうしようもない段階になっていたから。
ありがとう、旦那様。八つ当たりしてごめんね。

最近かなりぼんやりしているので、ブログも脈絡が
ない事を突然書いたりしてると思います。
読み辛くて、すみません。

自分の人生 

2007年04月08日(日) 8時54分
私は今30代前半なんですが、「理解」が低いので、
今頃になって気付く事や、知る事がいっぱいあります。
今も周囲の人達から「子供みたい」と言われる事が
多々あります。
そして自分でもそれはそうだなぁ、って思うのです。
私の人生ってなんだろう。
苦しい事ばかりの人生だったし、これからも苦しい事、
いっぱいあるんだと思う。
30代にもなってるのに、「早くおとなになりたい」って
思ってしまう・・・。

うちの実家は、私の目から見れば、同じ発達障害圏内
の巣窟状態。これが非発達障害者の多い家庭で育って
いれば、もっと違った人生になっているのかな?とも
思います。・・・やっぱり家族関係って大切よね。
うちの場合は当人らも軽度発達障害圏内にいるで
あろう親たちも、すごく苦しくて気の毒な状態だったんだ
ろうなぁ。自分も苦しいのに、子供もいわゆる普通の子
じゃなくて、もう何をどうすれば良いのか分からなかった
んでしょう。そういう事考えると、発達障害が知られる
ようになった今から、子供を考えることの出来る私は、
親世代より幸せなのかも知れません。

とにかく二次障害を何とかしないと、考える事が悪い
方向へ行きがち。頑張らなきゃ。


またもすっかりご無沙汰・・・ 

2007年04月08日(日) 8時45分
またしてもすっかりご無沙汰になってしまいました。

ここのところの私は、良いような悪いような。
やや悪い方に寄りがち・・・かな。

何度かこのブログにも書いているけど、体重増加が恐ろしい事に
なっています。これはかなりのダメージ。
パキシルが太るという情報をネット上でよく見るのですが、それも
あるのかなぁ?(現在眠前にパキシル20mgです)
太りすぎて、自分の中の自分像から離れた自分を外に出す事が
恐ろしくて出来なくなってます。(;´д`)
眠る前にリスパダールの水薬も出して貰っているので、それも
この先の体重増加につながりませんように・・・と祈るような気持ち。

眠前のお薬強化は、私のおかしな強迫的な「何か」対策なのです。
かなり前にもあった状態なのですが、眠る前になると、目を閉じた瞼の
裏側に、「自分の指を包丁で切る」というイメージが出てくるのです。
おそらく何か強い不安を感じていて、自分を傷付けるようなイメージを
見ているのだと思うけど・・・。ひどい時は自分の指をみじん切りに
刻んだり、ふくらはぎをそぎ落としたりと、ひどく自虐的なイメージが
やって来ます。なんだろう。これって。これが気になってイライラして
寝つきが悪いので、リスパダールを出して貰ったんですが。

なんにしても、あんまり良い状態とは言えません。
去年も春って安定してなかったから、季節的な物かも知れません。

ものすごく間が開いてしまいました。 

2007年03月10日(土) 8時21分
なんだかバタバタとしていて、ものすごく間があいてしまいました。

近況です。

あまり状態が良いとは言えません。
相変わらず不安が多くて、何もかもに怯えているような有様です。
支援センターも休みがち・・・。今のこの状態で、仕事を考えるのは
大間違いなのだと思います・・・。なんとか持ち直さないと。

原因のひとつに、急に太ったことがあると思います。
変な完ぺき主義者というか、目標を常に高く設定し過ぎてしまう
私なので、当然自分のスタイル(体型)にも理想があって。
鬱傾向がひどくなってから、外に出られなくて、不安から過食気味に
陥って食べてしまってました。それで太るとさらに外が怖くなる。
ものすごい悪循環です。自分の姿に理想のある私は、太ることに
よって、コンプレックスの塊みたいになってしまいました。
・・・というわけで、今ダイエット頑張ってます。

先日の朝日新聞に、「モーツァルトとくじら」という映画の原作者の
方のコメントが掲載されていました。これはアスペルガー症候群
同士の男女の恋愛について描かれたもので、原作者の方の
実体験がモデルとなっているそうです。
この映画、今日から大阪で公開です。京都は調べてみたけど、
上映する予定はないようです・・・。
この映画はぜひ観にいきたいので、ちょっと外出頑張らねばと
思っています。

一進一退2 

2007年01月29日(月) 8時28分
(下からの続きです)

さて。
何とか移動や集まりへの参加をこなした私ですが・・・。
やっぱり緊張が高まり過ぎて、一晩寝た位では抜けなかったんですね。
翌日の日曜日に、旦那様と衝突して、激しいパニックを起こしてしまい
ました。自己嫌悪です。
怒っていたのは私だけで、旦那様は「?」だったみたいですが。
というのも、「夕方になったら買い物に行く」という予定を、昼頃に夫婦
間で決めていたのですが、旦那様がテレビに熱中してしまい、その
約束が蔑ろにされてしまったんです。挙句、「めんどくさい」の一言で
片付けられてしまい、計画していた夕食の献立を変えざるを得なく
なってしまった事が、余計に動揺を招いたようです。

こうなると自分で止められない怒りの発作スタートです。
所謂癇癪。
ASの診断が降りてから、癇癪が起こりそうになると必死で耐える
方法を考え続けて来たので以前よりははるかにましになっています。
加えて気分をフラットにするお薬も処方して頂いているので、この
怒りの発作は久々です。自分でも怖いくらいに動転してしまい、
何をしても収まらないので、リスパダールの内用液を飲みました。
即効性があるので、しばらくしたら落ち着きました。

おそらく慣れない遠出で神経を張り詰めていたところに、急な予定
変更が重なって、ぷちんといってしまったのでしょう。
本当に一進一退。少し良い事があっても、またぐっと引き戻されて
しまう感じで・・・。
でも焦っても仕方ないから、のろのろのろのろ動いて行きます。

一進一退 

2007年01月29日(月) 8時18分
先日、当事者同士の集まりが開催され、それに出席してきました。
私の場合はバス+電車の移動及び集団での会話がかなりの心配のタネ
なので、実家の家族に同伴を頼んでの出席でした。

ここで少し進歩があったのです。
というのは、家族の付き添いありとはいえ、バスと電車に乗れた事!
空いている時間を狙って、座る場所も計算して・・・という状態なので、
手放しに進歩!と喜ぶ事は出来ませんが、それでも大きな第一歩
です。前回母の同伴でバスに乗った時は、見事に発作を起こして
周囲の人に迷惑をかけた訳ですから・・・。
家人のフォローなしに乗れるようになれるのが一番なのだけど。
帰りは友達(と呼ばせてね)と3人での帰宅となりました。
この帰りも、電車が空いていたお陰で、緊張しつつも無事にこなせ
ました。

ですが、行き帰りとは別に、集まり自体で激しく緊張。
緊張していないように見えるのが私の「強み」ですが、今回は
移動も含め、心身共にへとへとになってしまいました。
(出席できた事が奇跡のようなものだったと思います)
帰りの電車の中では眼球痛と頭痛、吐き気でぐったりしてしまって
いました。胃もおかしくなっていたので、ふらふらです。
それでも、「行けた」「出席できた」ということは、大きな進歩で、
自信につながった事だと思います。
翌日の日曜日は、へとへとで全く動けない状態になってました。

(長いので続きます)

強迫傾向緩和の指導 

2007年01月24日(水) 8時18分
先日主治医の先生の診察を受けて来ました。
今回は眠前のお薬が丁度良くて、朝6時台に起きる事が出来ていて、
個人的にはそれが大きな進歩になっています。
その旨を先生に話すと、先生も喜んで下さいました。
課題は山積なのですが、その中で「現在」最も困っている事はと
考えると、「動き出しの鈍さ」と「極端なこだわり・過集中」になります。
そこで日中のお薬の処方が少し変わり、私にある「強迫傾向」への
対処方法を提案して下さいました。
それは、「不安階層シート」というシートを使って、不安な事を1つづつ
解消していこうというもの。
私の場合は「パソコンを始めると時間が分からなくなる」ことと、
「激しい対人恐怖」についてが、主な課題になります。

以前まで、「黄色いまな板の上で自分の指を包丁で切り落とす」
という病的なイメージが渦巻いたり、蜂の巣状や規則正しく並んだ
突起を見るとパニックを起こしたり、虫(蚊ですら)と遭遇した場合に
パニックを起こしたり・・・と、何がなんだか分からないような混乱
した生活を送っていたのですが、これらはお薬で解消されました。
あとは、自分の力を信じて、1つづつ克服していくしかない。

この私の激しい不安は、間違いなく発達障害の何かと関係して
いるのだと思う。世の中、怖いものだらけなのだ。

備蓄品その2 

2007年01月20日(土) 8時02分
・・・牛乳貯め過ぎみたいです。
また旦那様からストップがかかりました。
言われて冷蔵庫の中見てみると、消費期限すれすれだったり過ぎてたりと
さまざまな牛乳のパックが7本ありました。
もうね、ホントこれはどういう事でしょう。
少なくとも料理をするのに、冷蔵庫1日数回は開けてるのになぁ。
保存しづらい物はほんとに気をつけないと、とんでもない無駄ですよね。

同じような感覚で、爪きり、耳かき、ボールペンなんかもあふれ返ってます。
捨てる根性持たないとダメみたいなんですが・・・。
自分で捨てるものが決められなくて、今日も我が家はカオス状態です。
今更だけど、捨てるって行為を習慣づけないと。
使えるものでも捨てる。
あぁ・・・。勇気が要ります・・・。

でも捨て始めると物の大切さが分かって、迂闊に買わなくなるとも言うし。
頑張るしかないなぁ。
2007年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
アイコン画像みんなのプロフィール

» これからのこと (2007年04月09日)
アイコン画像モブログランキング
» 私の日常2 (2006年06月23日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Seri
  • アイコン画像 性別:女性
読者になる
アスペルガー症候群の成人当事者です。 沢山の二次障害と闘ってます。 既婚者で、旦那さまと2人暮らしです。
Yapme!一覧
読者になる