事故車の買取査定はカービューで一括査定!事故車・不動車・故障車・水没車・走行不能車の処分・売却・廃車に!管理人の体験談から事故車を高く売るポイントや定義などを紹介!事故車の処分は専門業業者にオマカセ!

車検証の住所と現住所が違う場合の廃車方法!引越している場合の廃車手続き!

引越などにより現住所と車検証の住所が違う場合の廃車方法について紹介します。

基本的に引越して車検証の住所が違う場合も廃車手続きができます。

例えば、こんな感じです!

【引越が1回の場合】A市→B市に引越しした場合!
住民票が必要です。

【引越が2回の場合】A市→B市→C市に引越した場合!(車検証の住所がA市)
戸籍の附票が必要です。なお、戸籍の附票に直前の住所が記載されていない場合、住民票と戸籍の附票の両方が必要だったはず!

何でこんな面倒なことになるかというと、そもそも印鑑証明に記載されている人物と車検証の人物が同一であることを証明する必要があるためです。そのため住所のつながりを証明する必要があるわけです。

そのため、確か住民票の除票でも大丈夫なケースがあったと思います。

基本的に住民票を取れば、1つ前の住所までは記載されています。2回引越すると車検証の住所(最初の!)を証明できないので、戸籍の附票で対応するわけです。

車買取査定まめ知識!トラブルや評判、口コミなど!
 
   
Posted at 20:43 / 廃車手続き方法 / この記事のURL

自動車のリサイクル料金の支払いを忘れずに!

自動車リサイクル法(2005年)ができたことで、リサイクル料金を支払う必要が出てきました。基本的にリサイクル料金は、最終所有者が車を解体処分する際に発生する廃棄物(フロンガス・エアバッグ・シュレッダーダスト)の処分料金を負担する仕組みです。そして自動車メーカー・輸入業者がこれら廃棄物の引取・リサイクルを義務づけたものです。新車なら購入時にリサイクル料金を支払いますが、自動車リサイクル法ができる前、つまり2004年(平成16年)以前に購入した車については、最初の車検時までにリサイクル料金を支払うようです。なお、この車検を待たずに廃車・処分する場合は、引取業者に支払うことになるようです。事故車買取廃車見積もりの時は、リサイクル料金が未納の場合は注意してください。これは自動車買取査定中古車買取査定でも同じことなんですが・・・なおリサイクル料金の費用は、だいたい7000円〜18000円あたりが多いみたいです。価格が一定でない理由は、出荷時の装備に準拠しているためです。メーカーや車種でリサイクル料金は、異なるようです。まあ、装備が少ない古い車(低年式車)ほどリサイクル料金が安いことは容易に想像できます。自動車は、8割程度がリサイクルされるほど!廃車買取で、高値になることがあるのも納得かもしれませんね!なお自動車リサイクル法ではバイクが対象外なのでバイク買取査定ではリサイクル料金は関係ありません。ただしバイクは、『二輪車リサイクルシステム(2004年)』ができたことで、予めメーカー希望小売価格にリサイクル料金が含まれているそうですが!
 
   
Posted at 12:42 / 自動車リサイクル法 / この記事のURL

自動車の廃車手続き方法や手順!永久抹消登録・返納届けについて!

廃車手続きってどんなことをするかご存知ですか?ここでは昔、管理人が自動車を廃車手続きをした体験談を踏まえ、一般的な廃車手続き方法を紹介します。

一般的に自動車(普通自動車、小型自動車)の廃車は、二度と乗らないなら『永久抹消登録』という廃車手続きをします。これ軽自動車だと『返納届け』と呼ぶらしいです。よく廃車と呼ばれているのは、この『永久抹消登録』と『返納届け』の2つをいいますね!

なお廃車手続きは、自動車屋さんなどや行政書士でも代行できますが、2万円ぐらいすることもあります。便利さではカービューなどの事故車買取査定などで廃車代行してもらった方が安上がりだし便利です。しかもお金になることもありますから!

最初に廃車手続きをする場所を紹介しておきます。

・返納届け(軽自動車)→軽自動車検査協会
・永久抹消登録(普通自動車、小型自動車)→陸運局(陸運事務所)

●廃車手続き方法
陸運局での廃車手続きは、平日(年末年始を除く、基本9:00〜16:00)となります。廃車手続き自体は簡単で、最初にナンバープレートを窓口に提出し、確認印や確認シールを受け取ります。それを申請書に貼って、記入して窓口に提出すればOKです。

その後、自動車税(重量税)の還付手続きをします。車検が1ヶ月以上残っていれば自動車重量税の還付が受けられますのでお忘れなく!申請方法は、『自動車重量税還付申請書』を記入し窓口に提出するだけ!受け取りは、後日指定口座に振り込まれます。また自動車税も還付されることがあります。合わせて手続きしておきましょう。ただし軽自動車は、年額納税なので自動車税の還付はありません。

最後に自動車任意保険(ノンフリート)を引き継ぐなら、『登録事項証明書』が必要になります。一時抹消登録なら登録事項証明書(軽自動車は自動車検査証返納証明書)が発行されます。しかし永久抹消登録では、発行されませんので気をつけてください。必要に応じて発行手続きをしてください。

また自動車を処分する場合、解体屋になります。実際に解体屋を探したり、引き取り方法を決めたりと、意外と面倒で、当然解体料などのお金もかかります。できるならカービューなどの廃車の買取査定を利用した方が断然便利といえますね。
 
   
Posted at 09:48 / 廃車手続き方法 / この記事のURL

事故車・不動車は専門の買取査定を活用!不法投棄はダメだよ!

事故車・不動車・水没車などの専門の買取査定がありますが、そもそも事故車などって、その後どうなるのでしょうか?これは業者によっても異なるようですが、部品取りや海外輸出、さらに鉄くずとして再利用されることが多いみたいですね。

特に事故車の買取査定業者というと少し怪しい感じがしますが、実際はビジネスライクで全国規模で展開しているケースもあるほど。そもそも事故車そのものには、価値が無いようですが使い道としては色々あるようですね。

そのため処分費用を支払ってまで廃車手続きをするくらいなら、専門の買取査定を利用してみるべきですね。それに事故車専門の買取査定では、面倒な廃車手続きも代行してくれるケースが多いですからね。

特に事故車・不動車などは、不法投棄されるケースも多いのですが、自動車に限らず不法投棄をすると、最高5年以下の懲役か1000万円以下の罰金、場合によってはこの両方が科せられることもありあます。こんなことになるなら、専門の買取査定で処分した方がお得というわけです。

しかも事故車は、劣化が早いです。放置しておくくらいなら早く売却した方がいいですね。今では事故車だって価値がある時代です。
 
   
Posted at 15:28 / 自動車の不法投棄 / この記事のURL

事故車買取査定ならカービュー!不動車・水没車・走行不能車・の廃車・処分に!

事故車の買取査定を利用したことはありますか?管理人はカービューの事故車買取査定を利用して、事故車を処分したことがあります。

特に車両保険に入っていないと事故を起こしたときの修理は悩みますよね!事故車の修理は、意外と費用がかかりますので、思い切って処分するという選択肢も検討しておくべきかもしれません!

ただこの時に馴染みの車屋さんなどで事故車の処分をすると、処分費用が取られることが少なくありません。そもそも車屋さんの本分は車を売ることで、買取は専門外なのでチカラを入れないわけです。そこで便利なのがカービューなどの事故車買取査定です!

カービューで事故車買取査定するときのポイント


カービューなどの事故車買取査定は、事故車をはじめ、不動車・走行不能車・水没車・廃車などの買取査定をしてくれるのです。ただ実際には、カービューが複数の事故車買取業者に一括査定を依頼して、その結果の中から気に入った会社を選ぶという方法です。

そのため代金の入金タイミングなどは各業者ごとに違うので、きちんとチェックする必要があります。

なお事故車の買取査定をする際に、事故車の定義について紹介しておきます。一般的に事故車は、自走不可の車のことで、例えば事故車でも自走可能や軽度の修理で自走可能になるケースは、事故車とは呼ばない感じですね。この辺は、業者ごとに定義の差があるかもしれませんね。とにかく事故車(不動車)の処分に困っているなら一度カービューの事故車買取査定を利用してみるといいです。

あなたの動かないクルマ、買い取り査定いたします。
 
   
Posted at 07:44 / 事故車の買取査定について / この記事のURL
 
 
Powered by yaplog!