小林伸男と交通事故 賃金センサス

December 03 [Thu], 2015, 10:04

保険屋からはまるで加害者扱いを受けて精神的に参っているのに、お医者さんに頼ろうにも相手にされない状況だったとしても、
相手の矛盾点を論理的に指摘できるようになり、交渉を有利に進めて納得の保険金を引き出す方法がこちら




あなたも、心のどこかに不安を抱える毎日はさっさと終わりにして、下のようになりたいと思いませんか?



保険会社の治療打ち切りトークを一蹴できる

お医者さんと良好な関係を築ける

スムーズに社会復帰を目指せる

他覚症状がなくても後遺障害に認定される


加害者の保険屋さんとはいえ、決して加害者の弁護をすることが彼らの仕事ではありません。肩を持つことはありません
かといって、保険屋の仕事はあなたの過失をネチネチと突っ込むのが仕事というわけでもなく、彼がやりたいことはあくまでも自分たちの利益確保です。

保険屋にとっては、誰がどんな事故に遭遇してどんな状況に追いやられているか?なんていうのは全く関心がありません。いかに保険金の支払いを抑えるか?だけが彼らの目的であり、至上命題となっています。
保険担当者も社内評価という縛りがあります。被害者の要求通りに保険金を支払っていたら、会社はあっという間に倒産してしまうし、自分の評価も下げるだけです。


保険会社ではある意味、保険金支払額を徹底的に小さくした人が評価されるという、私たちにとっては信じられないような世界になっています。
全く違う価値観を持っているうえに、私たちよりも法律に詳しい人たちを相手に、知識を持たずに挑むのは、銃を持った人に裸で立ち向かうようなものです。そんなことをしていたら下のような悩みが解決するわけがありません。



首の痛みやめまい・頭痛の制で仕事にも集中できない

示談の催促をかけられている

事故後、接骨院、整骨院で治療を受け続けている

支払われる損害賠償金に納得がいかない


交通事故被害者が、将来の不安をなくし治療に専念できるだけの保険金を引き出すにはとにかく知識が重要です。保険屋に負けない知恵を持つことが欠かせません。
保険屋の仕掛けてくる罠を論破するだけの法律知識を身に着けるべきではあるものの、別に弁護士になれるくらいの量を覚えなければいけないわけではありません。


小林伸男さんの交通事故のむち打ち慰謝料最高額化マニュアルがあれば、交通事故の示談交渉に向けて、どんな知識を身に着けてどんな風に戦えばよいのか?が分かります
弁護士やお医者さんなども決してあなたのよき理解者となって協力的に動いてくれる保証はないものの、マニュアル通りに彼らに働きかけることで、絶大な戦力として活躍してもらえるようになります。

あなたにとっては、保険屋はあらゆる手段を講じてくるように見えるかもしれませんが、実際には彼らにできることはかなり限定されています。保険屋だって弁護士ではありませんから、法的にできることは制限されているものです。
彼らがどのような理屈で攻めてきているのか?が分かってしまえば、意外とあっさりと突破口が見つかってしまうものです。


例え保険会社から治療打ち切りの話しが出始め、保険会社としては治療費をこれ以上払えないと言われたとしても、それはあくまでも彼らの都合が大きく影響している可能性があります。
治療が長引けば長引くほど、後遺障害や逸失利益の負担額が大きくなるため、そうなる前に自賠責で済む範囲で示談させようと迫ってきているだけです。

小林伸男さんの交通事故のむち打ち慰謝料最高額化マニュアルが何よりも貴重なところは、私たちとは違って法的に認められている権利を多く持つ弁護士や医者を動かせること
法的に影響力のある書類を作れるのは結局、彼らしかいません。その人たちに対してあなたにとって有利な内容で書類を作ってもらえるよう働きかけていけば、示談金を今の何倍にも増やすことなんて、そんなに難しいことではなくなります。

交通事故の示談交渉は今や、情報戦となっています。情報をいかに多く持ち、いかに活用しているか?が保険金獲得の金額を大きく左右します。
あなたも、必要な知識だけを効率よく身に着けていき、保険会社の手口を事前に封じてしまえば、今まで見たこともないような金額が口座にドスンと振り込まれますよ

→→将来の経済的な不安を小さくしてくれる小林伸男さんの交通事故のむち打ち慰謝料最高額化マニュアルで喪失期間が数倍になる方法とは??




網野式動詞フォーカスフランス語入門 網野智世子
安楽拓也 藤井誠 ドライバーのエネルギー爆発理論

小林伸男の交通事故休業損害証明書の書き方

December 03 [Thu], 2015, 9:57


交通事故に遭って驚かされるのは、保険会社の対応があまりにも冷たいところじゃないでしょうか?相手はあなたの病状とかお構いなしに、事故の状況を詮索してきます。
保険会社の担当者の目的は、あなたに支払う保険金を1円でも下げること。会社からそのように命令を受けているので、サラリーマンの彼らも従わざるを得ないわけです。

彼らにとっては保険金を減額させることがある意味、営業目標になっているので、あなたと利害関係がバッティングする最大の敵だと言っても過言ではありません。
ただあなたにとっての敵は他にもたくさんいます。診断書作成などに消極的なお医者さんや、仕事を増やされることを極端に嫌がる警察官だって、あなたの味方とは言えません。


誰もあなたに協力的な態度を示してくれないうえに、国の公的機関の中にも保険会社にべったり依存しているとこもあるため、国でさえ信用するわけにはいきません
交通事故になるととにかく、孤独な戦いを強いられることになります。それに輪をかけて、法律の知識が不足していれば、もはや相手の言いなりにならざるを得ません

本来ならば数百万円もの保険金を得られるはずなのに、結果として自賠責の120万円で示談に及んでしまうケースは今でも切りがありません。
ただし知識がないというだけで、得られるお金に100万円以上の差がつくのはよくある話。無知はそのまま自分自身の首を絞めることになってしまうわけです。



小林伸男さんの交通事故のむち打ち慰謝料最高額化マニュアルは、単なる知識集なんかではなくて、保険金を最大化させるノウハウが体系化されています。
保険会社が仕掛けてくる手口の背後をついていき、彼らの嫌がるポイントを次々とおさえていきます。保険屋が保険金を減額しやすい穴をどんどん塞いでしまうわけです。

保険屋が突っ込めるところをどんどんなくしてしまえばそれだけで、保険金を数百万円単位にすることができます。
小林伸男さんの交通事故のむち打ち慰謝料最高額化マニュアルではさらに、逸失利益を最大化させることで、数千万円単位に増やすことが目的です。

あなたも今まで、保険屋の血も涙もない振る舞いにさんざん泣かされてきたんじゃないかと思いますが、それも今日で終わります。

保険会社の手のひらでまんまと転がされ続け、保険金を自賠責の範囲内で抑えられてしまう前に、
相手の弱みをギュッと握って、あんなに強気だった保険屋が青ざめる材料をそろえていきませんか?

保険屋には尋問されるかのような態度を取られるのは今日で終わりにして、将来の経済的不安を解消するにはこちら







アメリカでクレジットカード|作るならおすすめは?
P R


ブログランキング
ブログランキング
リンクリックブログランキング サプリメントダイエット
ブログランキング


PVランキング