借金の整理は何通りもある

自身の借金のリスト化が終わったら、次にできる事は、どの方法で借金の整理を行うか、です。
いきなり自己破産を選択する前に、できる事はまだあります。
まず、最初に検討すべきは、本当に真っ当な方法で返済ができないかということです。
多重債務の時点でかなり厳しいのは間違いないのですが、もし苦しい生活を強いられる状況ながらも、どうにかあらゆる無駄遣いを排除してみれば返済が可能という場合は、できるだけ通常の返済方法で返していくことをお勧めします。
それが一番、後の生活に響かないからです。

しかし、それでもどうしようもないという場合は、借金整理の検討に入りましょう。
借金の整理は、自己破産以外にも沢山の方法があります。
まずは任意整理です。
任意整理というのは、裁判所を介さずに、話し合いで借金の額を減らしたり、返済期間を遅らせたりする事です。
当然、自分が直接消費者金融に「借金をおまけしてくれ」「返済を待ってくれ」とはいえませんよね。
言うとおりにしてもらえるはずもありません。
ただ、弁護士や司法書士に仲介をお願いすれば、状況によっては成功する事があります。
もちろん費用はかかりますが、場合によっては普通に返すよりも安い額になる事もあります。
これは非常に有効な方法なので、確実に頭に入れておいてください。

次に特定調停による借金整理です。
特定調停というのは、裁判所の調停委員に仲介してもらい、借金の返済方法を見直すという方法です。
弁護士などの力を借りないで、裁判所にゆだねるという方法です。
よって、任意整理でかかる弁護士などへの費用が掛かりません。
一方、自分ですることが非常に多くなりますし、示談が成立するとは限りません。

これらの方法は、できれば自己破産より前に選択したいところです。
自己破産よりは確実に後の生活が楽です。

まずは正確な借金の把握から

自己破産に追い込まれる人の多くは、借金をしているという現実から目をそむけていたり、最初から自覚がない人が多いようです。
現実逃避というものになるのでしょう。
そういった人が自己破産をしてしまうというケースがあまりに多く見受けられます。

ただ、そういった人の中には、現実と向き合えば、あるいは自己破産しなくてもしっかり返済ができたかもしれない、あるいは別の方法があったかもしれないというケースは多々あります。
安易に考えず、そして現実から逃げず、最良の道を模索しましょう。
そのためには、まず現状、自分のおかれている立場をしっかり把握する必要があります。
それはつまり、今の自分が抱えている借金の正確な金額の把握です。

消費者金融を利用している方が自身の正確な借金の額を知るには、インターネットを利用するのが一番手っ取り早いようです。
契約している消費者金融のホームページにいき、該当するページを探しましょう。
大体、返済額の詳細などといった感じの項目があると思うので、すぐにわかるかと思います。
難しい場合は、Q&Aコーナーを探したり、メールで問い合わせしてみるといいでしょう。

インターネットを使わない場合は、直接窓口やATMで確認する事になります。
残高証明を発行してもらえばそこに記されているでしょう。

自分の借金の総額がわかったら、次にすべきなのはそのリスト化です。
自分が今どの会社にどれだけの借金をしているのか、そしてその会社の金利はどの程度なのかなど、しっかりと自分で記しましょう。
自分が今どれくらいの額の借金をしているか、この行為によって自覚する事ができます。
返済額も同時に記してみるといいでしょう。
これによって、今後自分がどうすべきかをある程度見極める事が可能となります。
借金の把握は、大きな最初の第一歩なのです。

自己破産の前に気持ちの整理を

さて、止むに止まれぬ事情で借金をしなければならないような状況に陥ったとしましょう。
どんなに努力をしてもかなわない事はあります。
借金をしてしまう事もそうですし、返済をできない事もそうですが、自分の意思の弱さや力のなさなどが必ずしもそういった状況を生み出すとは限りません。

中には自分に責任がないのにそういう自体に巻き込まれる事はあります。
一番多いのは連帯保証人ですね。
こういう制度があるから、真面目な人でも結構自己破産に追い込まれるケースがあるのです。

そうなった場合、まず必要なのは、気持ちの整理をつけることです。
パニックになっている頭では、手続きすらままならないでしょう。
まずは落ち着いて、現状を把握する事。
それが第一です。

借金をしてしまった状態での一番の愚行は、その借金を返す為に他の業者からお金を借りる事です。
真っ当な会社は、多重債務の状態になっている人にお金を貸す事はありません。
そういうケースでお金が借りられるという事は、ほぼヤミ金融でしょう。
そうなると、やはり自己破産に追い込まれることになるでしょう。

実際に追い込まれてしまった場合は、覚悟が必要です。
自己破産というのは、そう簡単な事ではありません。
手間も時間もかかりますし、認定されたからといって必ずしも幸せになれるとは限りません。
それでも、それしか道がない場合は、覚悟を決め、自分がその後どういう状況になっても、しっかり生きていく事を覚悟しなくてはならないでしょう。