日本の合宿 自動車学校

August 31 [Fri], 2012, 17:35
日本の合宿 自動車学校はみんなに雨の日に運転する時の注意事項を紹介します、雨の中で走る時、車のドアのサイドミラーと車の窓の上ですべて水滴にいっぱいくっついて、車の周囲特に車の後方の情況を確認しにくくて、そのため、ふだんでの自動車の保養は過程で良い雨を守って器をかすめ取って、車の窓の上で塗って水剤を憎んで、雨量がガラスを滞在しにくい上に使用して、わりに良い視野を確保します。

雨天の視野はよくなくて、これは運転手と通行人にとってすべて同じです。雨天に運転して、周囲がはっきり見にくいことを感じるのでさえすれ(あれ)ば、たとえ昼間だとしても明かりの警示をつけて安全を確保します。しかし簡単に霧の明かりをつけないでください。
雨を調子にこすってすぐに前線の可視度を維持します。その他に、視野が突然はね上がり始める水しぶきに遮られる時、そわそわしないでください、正しい方法はハンドルをしっかり握って引き続き走るので、雨が器をかすめ取って雨量をきれいにそることを待ちます。もし慌てふためいて急ブレーキをかけてあるいは急いでハンドルを打つならば、かえって有り得だから思いがけない事を誘発します。