google 中国撤退 

March 24 [Wed], 2010, 1:29
撤退を決めたようですね。

googleの中国撤退が国際問題とまで言われるのはどうしてでしょうか?googleって私企業ですよね? 別に特定の国から撤退しても、それはその企業の自由なんじゃ……?

あなたの言うとおり、いち企業が特定の国から撤退してもそれはその企業の自由です。しかし、どういう経緯で撤退するかを知っていますか?問題なのはその経緯からの撤退なのです。まず、中国はインターネットで国内事情を海外に知られること・国内への報道は反対(規制)してます。それは、問題が明るみにでることを防ぎたいからです。そのためチベット問題や天安門問題などを中国人が知ることはないです。以前、チベット国内で中国が工事をしていました。その前であるチベット国民はチベットの国旗を掲げ、国歌を歌いました。自分の国は自分達でつくりあげていくと心高らかに歌いました。そして、その人は連行され中国当局に尋問をされたのです。ありもしない事実を押しつけられて。その人は一日食事も与えてもらえなかったという。しかし、このことが世界中に知られることとなりました。すると、中国政府の態度は一遍しその人は無事でてこれました。外面だけはキレイでありたいからです。もし、世界に知られてなければ、この男性は尋問され続けいつか「はい」と言わされ、処刑されていたでしょう。典型的な公安警察のやり方です。こういった事実を隠ぺいし、国内にはチベット問題や天安門事件を知られないようにネット規制をかけた中国政府に対し、米国検索エンジンGoogleは中国と対立。中国政府はそこでGoogle.cnにサイバー攻撃をしかけ、威嚇し報道を規制させようとしました。しかし、Googleはこれに応じず一貫して中国批判をつらぬきました。これはいわゆるGoogle(米国)が中国政府への挑戦だといってもいいでしょう。さらに、Googleは、中国のハッカーが同社のインフラに侵入し、Gmailアカウントの情報を盗み見たことが判明したとして、中国の検索市場から撤退するという脅しをかけました。そこで、同社は、Google.cnでの検閲をやめること、中国からの撤退を検討していることを明らかにしたのです。中国政府は一貫してこの事実を否認してますけど。これが国際問題ではないでしょうか?


中国のGoogleが最近話題ですが何があったんですか?

本名でネットのやり取りしろだとか、規制をかけアダルトが見れないようにするとか、政府の悪口書き込んだ者を逮捕するとか広告代よこさないとかグーグルが訴えるぞ!と言ったところ逆切れし、だったら中国から出てけ!となったのです。


アメリカと中国の関係が非常に険悪になってます。Google問題、台湾への武器売却問題、ダライ・ラマとオバマ大統領の会見に対する問題などなど。皆様はこの事態をどう見ますか?私は中国共産党が現在の方針のまま肥大していくことに恐怖心があるので、不謹慎かもしれませんが、戦争直前くらいまで緊張状態が高まってくれたらいいなと思います。

日本国内の予想に反して、アメリカは中国を全然、気にかけていないですね。仰られるように、Google問題、台湾への武器売却問題、ダライ・ラマとの会見もありますが、最近、アメリカは、中国製品の輸入に対して、立て続けに制裁措置を打ち出していて、中国側が悲鳴を上げているようです。中国の貿易黒字の8割は、アメリカ向けとも言われています。中国は、アメリカがモノをたくさん買ってくれないと、経済の好調を維持できないでしょう。そういう意味で、実は、アメリカは中国に対して大きな顔が出来る、ということではないかと思っています。何れにしてもダライ・ラマの一件については、アメリカには信念を貫いて欲しいですね。中国政府の圧力で、正義が曲げられたら、残念なことだと思います。


P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:jijimon55
読者になる
2010年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる