前回の続き 

2012年12月13日(木) 17時46分
前回、電子式の車内広告を紹介させて頂きましたが、このような広告、看板等を電子化することを

デジタルサイネージ、

又は

広告のデジタルサイネージ化

と呼ばれます。

TVのCMのようにステレオタイプの広告にはならずリアルタイムでの広告を打ち出す事が出来るツールになっていて

時間帯、場所、打ち出す広告内容などなど。。

使い方によってはターゲットを絞った有効的な広告を打ち出せる等のメリットがあります。



    


こうやって見ると以外と町中や駅中などでこういう看板を見かけたりされますよね???

紙を使わない広告の時代も近いのでしょうか。。。