【 更新情報 】

辞表の書き方

辞表の書き方ですが、普通は、退職届あるいは退職願を書くことになります。
辞表とは、職を辞める場合の文書ですので、会社の役員以上の人が書くものです。
良くドラマで辞表を提出していますが、あれは間違いですね。
ただ、分かりやすいように、ここでは「辞表の書き方」として説明します。
辞表の書き方ですが、会社によっては書式があります。
自分で書いても、自社の辞表の書式で提出するように言われる場合があります。
会社を退職することを決意した人であれば、口頭で上司へ伝えて、辞表の書式を貰っても良いでしょう。
会社の退職を上司へ伝えるにしても、辞表を示して決意を伝えたいという人は、次のように辞表を書いてください。
辞表の書き方は、まず、文頭は「退職届」あるいは「退職願」です。
一行あけて、下のほうに「私こと」と書いて、次の行へ移ります。
「このたび、一身上の都合によりまして、平成○年○月○日をもって退職いたしたく、お届け(お願い)いたします」と書きます。
辞表の書き方ですが、理由は「一身上の都合」以外でしょうが、ここは無難に「一身上の都合」にしましょう。
一行あけて、辞表を書いた日付と名前を書き、印を押します。
さらに、一行あけて、会社名を書き、次の行に「代表取締役○○様」と書きます。
辞表の書き方としては、会社の代表者宛にするということですね。
辞表の書き方は、会社の代表者宛てに書きますが、まずは、直属の上司へ口頭で伝えるとともに、提出するのが社会人としての常識です。
いろいろと言いたいこともあるかもしれませんが、そういう会社なら、波風立てずに去る方が良いですよ。
以上が、辞表の書き方です。

辞表の出し方

辞表の出し方でお悩みですか?
辞表の出し方で、悩んでいる方に、僕の体験をお話します。
まず、一般に「辞表」と言われていますが、正確には、「辞表」は会社の役員以上の人が書くものです。
一般の社員であれば、「退職願」を出すことになります。
ただ、分かりやすいように、「辞表の出し方」でご説明します。
まず、辞表を出すタイミングですが、会社の就業規則を確認しましょう。
会社によって、「○日前までに提出すること」という規則があります。
出来るだけ、辞表を出す場合は、自分の会社の就業規則に従うようにしましょう。
これが、辞表の出し方の第一ポイントです。
次に、辞表の出し方ですが、いきなり上司などの机の上に辞表を叩き付けるようなことは避けましょう。
いろいろな理由があって会社を辞めるのでしょうが、いくら不満が蓄積したうえでの退職でも、会社を辞める時は、「円満」にしましょう。
業務に支障ないような時間に、上司へ「ちょっとお話があります」とか言って、他の社員の目につかないところで話をするのがベターです。
この時に、会社を辞めたいことを上司へ伝えるとともに、辞表を提出します。
できるだけ穏便に辞表を出すのが、辞表の出し方の第二のポイントです。
穏便に話が進められれば、辞表の出し方としては成功です。あとは、残務処理や引継ぎをして、退職できます。
ただ、上司によっては、辞表を出した時に、いろいろと言う人がいます。時には、罵倒する人もいます。
しかし、辞表の出し方としては、冷静でいることが重要です。
何と言われようが、会社を辞めるのですから、淡々と退職の意向を伝えましょう。
退職希望日を引き伸ばそうとする人もいますが、その場合は、就業規則に反していないことを説明しましょう。
民法では、2週間前でOKですので、あまり口煩い場合は、「法的にも問題ないと思います」と言えば問題ありません。
とにかく、もう会社を辞めることを決意しているのですから、毅然として冷静に対処することが、辞表の出し方としては重要です。
辞表の出し方が分かったら、あとは行動するだけですね。