ダイエット第7日目 

2008年01月13日(日) 23時26分
第7日目

今日は、日曜日ということもありダラダラとテレビをみていると、

これまで気付かなかった事がありました。

それは、”食べる”内容の番組の多さ。

日曜の番組という特徴もあったのかもしれないが、グルメ番組や今流行の”大食い”系の番組がホント多い。

まぁ、よくよく考えて見ると”食う”、”寝る”、”遊ぶ”という欲求は常に頭にあるから

”食う”番組が多いのも納得するけど、

なんか、しんどい。

今の食事制限している私にとっては。

人間というのは、すごいと思う。

このプログラムをはじめてから、食に関する”視覚”、”嗅覚”、”聴覚”が研ぎ澄まされた。

すぐ反応してしまう。それも「腹減った〜」となるんじゃなく、「○○が食いたい〜」になる。

あと、食に関する記憶力までUPした。

冷蔵庫の中身はもちろん。お菓子、パン、デザート類など我慢すればするほど、配置を覚える。

「あ〜、あそこに○○があんのに食えない〜」と考えてまうから。

そんな時はmas君に言われた通り ゆで卵の白身をムシャムシャ食う。

我輩はダイエット中である。満腹感や満足感は当然ない。

今日でようやく3分の1が経過した。

mas君いわく、1週目はこれまで付いていた脂肪を燃焼する時。体型に変化はさほど出ないとのこと。

あと、空腹感が麻痺し始めていることがヤバイと言われた。

空腹に慣れてしまい食を減らしていくと、せっかくつけた筋肉がすぐ縮小してしまう。

その結末はガーリガーリー君ガーリガーリー君〜。

目指すところは、健康的なスリムボディー。アンガールズでなくEXILE。

つうことで、最初にもらった鳥のささ身2Kgも今日で完食し、肉のハ○マ○に仕入れに行った。

本日の結果は


食事 - 3回  水 - 1000ml  体重 - 75.5kg


7日で−4.5Kg。ここまでは正直言って自信があった。なぜなら、

ぎっくり腰になるまでは、このぐらいの体重で半年近く生活していたので。

さぁ、来週もこのペースで行けますでしょうかね〜?この先は予想不可能ですわ。

ダイエット第6日目 

2008年01月12日(土) 23時21分
第6日目

年末のM1グランプリ見ました?

サンドウィッチマン優勝おめでとうございます!

最近は芸人が多くテレビに出てますが、「ネタ」をしっかりやる番組って少ないですね。

私は何より「ネタ」番組が好きなんで、もっぱらYoutubeで検索して見ております。

サンドウィッチマン前々からお気に入りのコンビで、私としては優勝して当然のコンビでした。

なぜお気に入りだったかと言うと、ここ最近のM1勝者は、

(チュートリアル・ブラックマヨネーズ・アンタッチャブル・・・・・など)

ボケ担当がボケた後に笑いが起こる。(まぁそれが当たり前なんですが・・・)

でも、サンドウィッチマンの「ネタ」のスゴイとこは、

ツッコミ(金融系っぽい方の伊達さん)のあとに笑いが起こるトコ。

これって少し考えたら難しいっすよ。

われわれ素人の日常生活では、”面白い人=ボケる人”じゃないですか?

「○○君のツッコミ面白いな〜」なんて会話はあんまりないですよね〜。

でも、笑いってツッコミあって初めて成立するんです!

関東の方々、分かってください。

関東で生活していると、ちょっとツッコむと「ツッコミきびしい〜な〜」なんてよく言われます。

ちゃいまんねん!(あえてこてこてに!)

笑いをふくらまそうとしてツッコんでるんですよ!これがあって笑いが起こるんですよ。

私よくツッコむたびに「キビシ〜」とか「キツ〜」とか「ツッコミ早っ!」とか言いますが、

「・・・・・・・・・・」言葉が出ません・・・

あとよく言われるのが、「関西人なのにボケないね?」と言われます。

違うんです!担当があるんです。もともと私は関西時代はツッコミ役だったんです。

てゆうか、ツッコミのほうが難しいんです。だから、上手くツッコミがあった後は笑いが起こるでしょ?

いち時期、関東で生活を始めたての頃、「関西人なんだから何かボケてよ」

なんてムチャな事言うのがいて、ベタベタにボケてやったら。誰もツッコまず放置された。

で「あんまりおもしろくな〜い」と・・・  当たり前やん。言葉失うわ。

それからも、なんか関西人だからっていう変な笑いの期待をされつづけて

なにかあるたびにボケをかましてたら、関東の皆さんは 

ボケても気付いてくれなかったり・・・、
誰もツッコんでくれなかったり・・・、
ツッコむトコが違っておもいっきりスベったり・・・、

そして、ボケるのやめました。

関東にお住まいの元ツッコミ担当の方々、同感いただければ幸いです。

ところで、最近個人的に気になる芸人は

サンミュージックの”髭男爵”  「ルネッサ〜ンス!」


さてダイエットの方はというと、本日はジムにてトレーニングAの日でした。

結果は


食事 - 3回  水 - 750ml  体重 - 75.7kg


やはり、カロリー消費の多いジムの日はそれに比例して体重も減りますね。

ダイエット第5日目 

2008年01月11日(金) 23時41分
第5日目

この生活にもだいぶ慣れ始めた。

食事制限がここまで続けられたのは、初めてかも知れない。

というよりも、ここまでしっかりとしたプログラムを立てて行った事が初めてなのだが・・・

体調はというと、いたって健康。めまいや貧血などといった症状も無く、疲れもそれほどたまる様子も無い。

しいて言えば、今日気になったのが、空腹感が麻痺し始めている事。

食事での味付けはもっぱら塩か梅がメインということもあって、いかんせん喉が渇く。

なので、必然と水分摂取が増える。それが空腹感を麻痺させているのか、どうも曖昧になってきた。

mas君より、このプログラムはよく食べることも重要と言われていることもあって、なるべく空腹にならない様心がけているんだが・・・・

あと、変わった事といえば、トイレ(大)の回数が減った。

これまでから、便秘などにはなったことが無く、日々快便であるjigenには不思議な感覚である。

こうして、考えてみると外見の変化というよりも、内面にまずは変化が起きてきているんでしょうかね?

私としては、早く外見を変化させていきたいんですが、そう簡単には行きませんね。

これまで、久々に会う友人からはもっぱら「太ったな?」としか言われたことが無かったので、

「痩せたね?」という言葉がサラッと出てくるぐらいまでは行きたいな。


本日の結果はこんな感じでした。


食事 - 3回  水 - 1000ml  体重 - 76.2kg


今日はジムの休息日ということもあり、ほとんど体重の変化は無いですね。

ダイエット第4日目 

2008年01月10日(木) 23時01分
第4日目

4日目に入り少しイライラが始まったjigen。

空腹にさせないように、小まめに制限された食事を取るようにしているのですが、

同じメニューの食事では体は満腹になれど、心は空腹のままなんです。

そんなこともあり、本日amiと大喧嘩になってしまいました・・・。

いつも些細なことで良く喧嘩はしているのですが、通常のjigenであれば”右から左へ聞き流す〜”言葉も、

今のjigenにとっては”チャラチャッチャ チャラッチャ〜”(ムーディー勝山風に)とはいかず

カチンときてしまい、大喧嘩へと発展してしまいました。(泣)

ダメっすね。このプログラム中は仕事や私生活に影響を与えないでやり切るのも目標だったんですが、

4日目にしてはや・・・。


いいえ!喧嘩ごときで落ち込んではいられないです。

私の最大の目標は−15Kgですから!amiもきっとその目標を達成したときには祝ってくれるでしょう。


今日はジムの日です。mas君が作成してくれたプログラムメニューは2種類あります。

トレーニングAとトレーニングBがあり、AとBを交互にトレーニングしていくんです。

それぞれ鍛える筋肉の場所が違っているんです。

そして今日はトレーニングBの日でした。

トレーニングBは初回と言うこともあり、mas君に教えてもらったやり方を思い出しながら

制限時間内の1時間で無事こなすことが出来ました。(かなりヘトヘトですが・・・)

mas君に言われた通り、下半身を多めに行ったせいもあり、ジムの帰り道は少々フラフラになりながら

家路へと向かいました。

去年のぎっくり腰になるまでは、ここのジムへは週2回ほど利用していたのですが、

やっていたのは、自転車とスイミングがほとんどでした。

ですが、今回のプログラムでは、すべてマシーンとダンベルとバーベルを使ってのメニューです。

そこでjigenがはじめて気付いた事がありました。それは、

”声出してるんです!”

そう、筋トレを真剣に行っているメンバーは声出してやってるんです!

声と言っても、イッチ・ニィとかじゃなく”ウォリャー!”とか”フンッ!”とかいう声。

みんな極限のちょい上まで負荷をかけて行うので、自然と言葉にならない声が出るんです!

そんなjigenも声出てました!ごく自然に・・・声出してました!

あれって周りから見ると、とにかく異常に見えるでしょうね?

いいんです。自分の世界ですから!鏡で自分の筋肉チェックもするんです!

筋トレをするに当たって重要な事は、トレーニングしている筋肉の場所に集中する事!

尚且つ、その筋肉を見ながらトレーニングすると更に効果あり!

これは、ホントなんです。

その部位を見る事により、別の筋肉を使わず負荷をかけたい筋肉だけを動かすことが重要なんです。

なんのこっちゃわからん人は実際やってみてください。

ただもくもくと腹筋をするよりも、自分のヘソを見ておなかの筋肉だけを使うことに集中するんです。

それだけで、通常の数倍の効果がありますから。

せっかくつらいトレーニングをするんだから、より効果が期待できる方法をとらなきゃね。


今日の結果はこちら


食事 - 3回  水 - 1500ml  体重 - 76.5kg


だんだん体重の減りが少なくなってきましたね。しかし着実に減っているので良しとしましょう。

mas君には「食事をあと2回増やして、体重を減らさないようにしてみて」と言われています。

でないと、筋肉のつきが悪くなるそうです。

痩せていくことは嬉しいのですが、ただの病弱っぽいやせっぽっちになるのはイヤなので、

言われた通り食事をもう少し増やしていこうと思います。

ダイエット第3日目 

2008年01月09日(水) 23時37分
第3日目

前述したように、2Kg前後の体重の変化は日常茶飯事なんですが、

やはり、目に見えて体重が減ってくるとやり甲斐があるものです。

そういえば、このプログラムを始めるに当たって、前日に自分の写真を撮ったんです。

顔の正面と横。上半身の正面と横。(今のところ写真は非公開にします。)

体重もそうですが、やっぱり、やるからには何らかの変化が見て取れないとやる気も失せます。

今のところ体系の変化は自分ではわかりません。

あ、そうだ!毎日同じ方向から写真を撮ってみます!

でスライドショーしにて最終的にどう変わって行くのか見れるようにしてみます。

なんか、楽しくなってきました。

と言うより、楽しくなることを考えていないとやってられません!それぐらいキツイです。

今日はジムが休息日ですのでそんなに変化は見られないでしょうが、こちらが結果です。


食事 - 3回  水 - 1000ml  体重 - 76.9kg


私のこれまで実行したダラダラした中途半端なダイエットでは−3kgが限界でした。

既に−3.1Kgと記録更新してしまいました。目に見えるとやる気出ますね〜。

ダイエットもこのブログも自己満足でしかありませんが、数字で結果が見えるとやっぱり嬉しいもんですね。

ちなみに、このブログはほぼ誰も見てくれておりませんから・・・。

ダイエット第2日目 

2008年01月08日(火) 23時33分
第2日目

今回のプログラムで何がつらいかと言うと、やはり食事制限です。

これまで好き勝手に間食しまくっていたjigenにとってはストレスです。

そこで、mas君にTELしてみた。

jigen「ねぇ、水+プロテイン、お茶、コーヒー(ブラック)、紅茶(ストレート)以外になんか無いの?」

mas「じゃあ、ゼロカロリーのジュース飲めば?ほら、コーラとかであるっしょ?」

jigen「いいの?あれって本当はゼロカロリーのじゃなでしょ?」

そう、カロリーゼロとは、健康増進法に基づく基準で、食品100mlあたり5カロリー未満であれば
カロリーゼロ、ノンカロリーと表示できるそうで、0カロリーではないのです。
ほぼゼロに近いからゼロとみなすということだったんですね。
ちなみに、食品100mlあたり20カロリー以下の場合は、カロリーオフ、ローカロリー、カロリーカットや
低カロリーと表示していいそうだ。

mas「いいよ、それぐらい。それぐらいのカロリーだったら普段の生活でも楽勝で消費できるっしょ?」

jigen「やったー。最近のゼロカロリーコーラって昔に比べておいしくなったしね。」

mas「そうそう。甘味もうっすら感じられるしね。でも炭酸で満腹にさせちゃ駄目だよ。食事はしっかり取って筋力アップさせないと!」

jigen「わかってやす・・・。今日、近所の業務用スーパー行って、冷凍イカとタコを買うよ。」

mas「じゃあ、その調子で!バイー」

この言葉は神でした。ペ○シコーラ様、コ○コーラ様の開発力に感謝です。

早速コンビニで購入。

「ウーーーーーーーーメーーーーーーー!!!!!!!!」

これほどコーラが美味しいとは。甘味とは無縁のこのプログラムに無くてはならない存在になるね。


そして21:00頃よりジムにて昨日教わったメニュー初日分を制限時間1時間以内でこなした。

もともとスポーツをやっていたせいもあり、昨日決めた負荷では物足りない部位もあったので、

調子に乗って、回数を少し多めにやっておいた。

ジムの後メールにてmas君に今日の報告。

jigenメール「ジム初日を無事終了!昨日決めた負荷では物足りなさを感じたので、回数アップさせました。」

すると、mas君より返信で

masメール「jigenはもともと上半身はいい体してるから、なるべく下半身を強化するように意識して!負荷が物足りなかったら、どんどん増やしてイコー!」

そう、わたくしjigenは、いわゆる下半身デブ(ハラも出てます)なんです。

胸や背中や腕はなかなか良いものを持っているんです。(多少脂肪に覆われてきてますが・・・)

ですので今後の筋トレでは、下半身強化に重点を置き、ぎっくり腰再発を抑える為の腹筋・背筋を強化していこうと思います。

こうして第2日目が終わりました。結果はというと、


食事 - 3回  水 - 800ml  体重 - 77.4kg


見た目には何の変化も無いですが、体重がマイナス-2.6Kgですね。

ちょっと痩せるペースが早すぎじゃ?と思われるでしょう?

実は、わたくしの体は昔から2.3日で2Kgぐらいは簡単に上下するんです!

皆さんの中にもこういう方いらっしゃいます?

だから、2Kgちょい減ったぐらいは日常茶飯事です。

しかも、これだけの食事制限プラス筋トレしていれば当然の結果なんです。

あくまでも、私個人にあったプログラムでやっておりますので、他の方が同じ事をやっても結果は違ってくると思います。

ツッコミどころ満載のこのプログラムですが、目標達成までどうぞお付き合い下さい。

ダイエット初日 

2008年01月07日(月) 23時22分
第1日目

ついに本日よりスタートする事と成りましたjigen改造計画。

プログラムをご覧になられた方はツッコミどころが満載でしょう?

”そんだけ食事制限すれば痩せるよ!”や、”-15Kgを3週間でなんて無理っしょ!”とか、

いいんです!

確かに、食事制限→つらいでしょう。3週間で-15Kg→無茶でしょう。

でも、この数年間のだらけた体にはこれぐらいムチを打たないと刺激が無いんです。

いろいろなダイエットサイトを見てみても、このプログラムが本当に良い方法かは実際分かりません。

しかし、信じてやるしかないと自分に言い聞かせ、取り組むことも1つの心理的要素が加わることでしょう。


初日の朝、普段と何も変わらない朝。

いつも車出勤の私は、自宅でオニギリを2個作り、コンビにで缶コーヒー(微糖)を買い車内で朝食をとります。

しかし、今日からは制限された物しか食する事が出来ないので、とりあえず水をもって出勤いたしました。

会社には、このプログラムの為に友人mas君が用意してくれた鳥のささ身(2Kg)が既に小分けにされて

冷凍保存されています。当分はこれをボイルして塩や梅で味付けし食して行こうと思う。


昼ごろ・・・友人masよりTELがあり

mas「今日、jigenの行ってるジムに一緒にいくよ〜何時にする?」

jigen「あ、そうやったね。ジムの筋トレマシーンの正しい使い方と負荷を決めるんやったね。じゃあ19時に迎えにいくね。」

mas「OK〜」

そう、今回のプログラムは痩せることが目的ではなく、筋力アップを目的とするプログラム(そうする事により、より安全で健康的なダイエットにつながる)なんで、

間違ったトレーニングをいくら続けていても効果が出ません。筋力アップに付加価値として脂肪燃焼(ダイエット)がついてくるみたいなイメージなのです。


20:00頃・・・・jigen自宅近くの某フィットネスクラブ到着

mas「俺、ここの会員じゃ無いからjigenのビジターで利用するね」

ジムスタッフ「只今キャンペーン中にて、1週間に2度利用できる体験コースが¥2100がございます。」

mas「通常のビジター価格はいくら?」

ジムスタッフ「通常ですと、¥3500にて利用して頂いておりますので、キャンペーンがお得かと?」

mas「じゃあそれで!さすが大手は違うね〜太っ腹!」

ジムスタッフ「お客様に喜んで頂けます様にさまざまなご要望を・・・・・・・・・・・・・・」

mas「書類はこれでOK?じゃあjigen早速いこか?」

jigen「ちょと聞いてあげれば〜?」

mas「まぁまぁ、また入会するときにゆっくりお聞きしますね〜」

mas君は、このジムにはどのマシーンが設置してあるか知らない為、マシーンが無いことを想定して

ダンベルを使ってのアレンジ方法などを準備してきてくれていたが、

私の通う某フィットネスクラブ○○店はマシーンが充実しており、mas君の作成したプログラムは

9割ほど既存のマシーンでこなすことが出来た。

mas「じゃあ、今教えたやり方で1日おきに頑張ってみて、んで、徐々に楽になってくるからそうしたら負荷を増やすようにしてな」

jigen「やり方教わっただけで、全身パンパンなんやけど・・・・・」

mas「明日からはこのメニューを1時間以内でクリアーしてよ。だらだらやっても意味無し。あと、プロテインも忘れずにね。筋肉がパキパキに割れるで〜」

jigen「意外と楽しいかも?なんか決められたプログラムをこなすのって充実感あるわ!」

mas「最後までその調子で行ってや。」

jigen「了解〜」


帰り際のジムのフロントにて・・・。

ジムスタッフ「お疲れ様で御座いました。ご利用はいかがでしたか?1週間以内であれば、もう一度ご利用になれますので是非ご来店下さい。」

mas「いや〜。明日から出張でもう来れないんだよね〜」

ジムスタッフ「では、ご入会されてはいかがですか?」

jigen&mas「だから、出張だって・・・!」

ジムスタッフ「またお待ちしておりま〜す。(ニコニコ)」


そしてジムを後にした・・・・

こうして初日がおわり、結果はというと、


食事 - 3回  水 - 500ml  体重 - 79.4kg


まぁ、初日ですし食事制限をしただけなのであまり変化はないですね。

2008年 

2008年01月06日(日) 20時08分
明けましておめでとう御座います。

年末年始は予想通り、食っちゃ寝るの生活を1週間つづけてしまった。

その見返りとして、私の体重はプラス3Kgに・・・・(泣)

ともあれ、明日よりいよいよ友人mas君作成のjigen改造計画がスタートする訳です。

なので、今日は最後の晩餐と言う訳で、彼女のamiがパンプキンケーキとアップルケーキを焼いてくれました。(サンキュー)

これを最後に当分の間、甘味とはおさらばかと思うと、甘いもの好きのjigenにとっては地獄ですわ。

amiには、以前より痩せろ痩せろと言いつづけられ、最近では諦めモードになってました。

しかし、この計画を話すと、

ami「じゃあ、目標体重になれたら南国海岸の海外旅行をプレゼントするね!!!」

もう後に引けないっすね。


ここで、明日からのプログラムを始めるに当たって、わたくしjigenの簡単なプロフィールを


身長 173cm
体重 80Kg
胸囲 93cm
ウエスト 89cm
ヒップ 91cm
太もも 59cm
ふくらはぎ 40cm
二の腕 30cm


自分で採寸した素人丸出しの数字ですが、参考までに。

3週間後これがどう変化するだろうか・・・?

ダイエットプログラム公開 

2007年12月31日(月) 12時52分
友人masの作成してくれた内容がこれ


3週間プログラム―マイナス15キロ計画

あくまでも、筋力アップの為のプログラムであって、ダイエットメニューではない。
だから、常に空腹にならないように制限された食事をより多く摂取する事。
あわせてプロテインも摂取したほうがさらに効果的。

○食事制限
・炭水化物は食べない。
・糖分は取らない。
・油は使わない。


○主な主食として
・鳥のささ身
・イカ
・タコ
・卵の白身
・葉物の野菜(レタス、キャベツ、ダイコン、キュウリ、ほうれん草等)
・味付けは塩のみ


○筋トレメニュー
非公開(特殊メニューの為ご了承下さい)


○日程
1月7日より1月27日までの3週間
火曜・木曜・土曜・日曜はジムでトレーニング

ガンコおばちゃんとオヤジさん 

2007年12月30日(日) 23時58分
・・・つづき

何はともあれ、昔話に花を咲かせながら飲んでいると、1品目の料理が出てきた。

おばちゃん「・・・・・トン。(カウンターに無言でレバ刺が置かれる)」

mas「まぁ、食ってみいや」

jigen「あいよ。・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」

jigen「うめー!!!これわウマイわ!ひっさびさにこんなウマイレバ刺し食うたわ。」

mas「やろー?」

すると、突然カウンターの向こうからおばちゃんが、

おばちゃん「あ、モツ煮・・・・無いよ。」

jigen&mas「しゃーない。今日は諦めよう」

そんな会話をしてる中、さっき私達の席の後ろを体を細めて出て行った先客1が戻ってきた。

先客1「あいよ。おばちゃん!」

ポンッとカウンターになにやらビニール袋が置かれるた。

おばちゃんは無言で袋からゴソゴソと何やら取り出している。

jigen「!!!!!!!!厚揚げかよ!!!!!!!!」

そう、さっき私達が注文の紙に2個と書いた厚揚げを先客1さんが買出しに行っていたのだ。

jigen「無いんやったら言ってくれたら・・・なぁ。しかも先客1さんが買ってきてるし・・・」

mas「・・・・・・・・おもろいやろ?」

jigen「おもろい! 次は何が起こるんやろ〜な〜。」

すると、カウンターの更に奥からオヤジが登場した。

jigen「オヤジさん いたんだ!? 来てから1時間ほどするけど、この狭い店のどこにおったんや?」

mas「オヤジさんは、焼き鳥焼く専門やねん。 あと、モツ煮も担当らしい。」

jigen「ああ、今から俺らの注文した焼き鳥焼くのね。・・・・・つうか焼き始めるの遅くね〜?」

mas「オヤジさん見ればわかるやろ!動きかなりスローモーションやで」

すると、オヤジさんがはじめて口を開いた。

オヤジさん「シロ無いよ。ハツとつくねだけでいい?」

jigen「今ごろ〜〜〜〜〜!!!???まぁええか。じゃあ適当にあるやつ焼いて!」

オヤジさん「じゃあ、カシラで。」

jigen&mas「あい」 めんどくさいから2人して即答。

すると、オヤジさんが急に私達のカウンター越し目の前にある大きな鍋のふたを開けて、

オヤジさん「モツ煮2人前でしょ?」

jigen&mas「???????」

先客1「やったー!あると思ってたんだよね〜。ラッキー!。ほら、オメェらも欲しいって言っとけ!」

わけも分からず2人で

jigen&mas「モツ煮 2人前です〜」

jigen「おい、さっきおばちゃんモツ煮無いって言ってなかったっけ?」

mas「言ってたな〜」

先客1「君たち、オヤジさんにも気に入られたな〜。ワッハッハッハッハッハ!!」

jigen「どういう事っすか?」

先客1「いやね、俺さ〜、きょうでこの店6日連続来てるんだよ〜。で、2日前にオヤジさんがモツを仕入れているのを見てさ〜、今日あたりモツ煮が食えるんじゃないかな〜って・・・・」

jigen「そんなに珍しいんですか?ここのモツ煮?」

先客1「食えないよ〜。20年かよってる俺ですらめったに食えないからね〜。」

jigen「すげー!。まじっすか!」

オヤジさん「・・・・・・・・トン」

オヤジさんが無言でカウンターにモツ煮を2人前置いてくれた。もちろん、先客1さんの前にも1人前が置かれた。

先客1「これこれ、ひさびさだねぇ〜。あんたらに感謝だよ。たぶん今日あんたらが来なければ出なかったね!」

確かに。さっき手前にいた先客2組も、モツ煮頼んでたけど出してもらえてない・・・・。

mas「ラッキー!いただきまーす。」

jigen&mas「うまーーー!!!さすが2日以上煮込まれたモツはトロけるわ」

mas「あ、そうそう。忘れる前に渡しておくよ。これ、jigenの筋トレプログラムね。」

jigen「今渡すか!?でも、サンキュー。これで俺もシックスパックやな。(腹筋が6個に割れる事)」

mas「がんばってやり切ってくれたまえ!で、いつからやるの?」

jigen「1月7日から。ほら、正月に食事制限なんか出きるわけないっしょ?」

mas「そやね。じゃあそうしよー!」

jigen「つうか、このプログラムすげーな!キツそ〜。」

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:jigen
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1976年
  • アイコン画像 血液型:AB型
読者になる
2008年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像☆ネル☆
» ダイエット第7日目 (2008年10月22日)
アイコン画像タイラノ清盛
» ダイエット第7日目 (2008年10月19日)
アイコン画像ヨシオ
» ダイエット第7日目 (2008年10月16日)
アイコン画像ダッチ伊藤
» ダイエット第7日目 (2008年10月12日)
アイコン画像猫男爵
» ダイエット第7日目 (2008年10月09日)
アイコン画像チャーリー
» ダイエット第7日目 (2008年10月02日)
アイコン画像RAOSU
» ダイエット第7日目 (2008年09月30日)
アイコン画像ハム太郎
» ダイエット第7日目 (2008年09月21日)
アイコン画像えびふりゃー
» ダイエット第7日目 (2008年09月16日)
アイコン画像名無し@毎日が日曜日
» ダイエット第7日目 (2008年03月11日)
Yapme!一覧
読者になる