人数

January 14 [Fri], 2011, 18:37
ウインタースポーツにいく場合、一人で行く人はほとんどいないと思います。
一人で行くと純粋にウインタースポーツに集中できそうですが、レジャーとしていく場合は一人ではいかないと思います。
地元の人が練習に行く場合は一人で行くかもしれません。
二人で行く場合もあると思います。交際している人が行く場合です。
二人までの人数なら電車の方が値段が安くなる場合が多いです。車で二人いかだと途中でなにかトラブルが発生したときに対処しにくくなります。

多くの場合は3人以上で行くと思います。3人以上だと車でも一人当たりの費用が安くなり、レジャーという感じがします。
多くの車は4人くらいまでしか乗れないので、3〜4人で行くことが多いかもしれません。
ミニバンなどの大きめな車でも荷物を積むと4人くらいまでしか乗れなかったりします。
4人を超える場合は複数台で行くようになります。
複数台で行く場合は連なって走っていると危険なので、所々で合流し同期を取りながら行きます。
途中で乗っている人の交代などもあり、レジャーという感じが高まります。

あまり多くの人数で行くと、出発前のスケジュール調整なども面倒になります。
宿を探す場合も部屋数を確保できるかや大きな部屋があるかで選択肢が狭まり、幹事の仕事が増えてしまいます。
行程中も人数が多いと取りまとめが大変になり、ロスタイムが増えてしまいます。

やはり人数は3〜4人が適切な感じがします。3〜4人だと車も1台で行け、迅速な行動が可能になりスキー場でもばらばらになりにくいです。
部屋も4人までの部屋が多くあるので、いろいろと都合が良いです。
学校行事などではかなりの大人数で行く事がありますが、この場合は宿を借り切ったりして対応しています。
いろいろと取りまとめをやらなくてはいけない先生などはかなり大変だと思います。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:jifubukikosoku
読者になる
2011年01月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/jifubukikosoku/index1_0.rdf