日焼け止め

July 24 [Wed], 2013, 3:54
しみケアの第一歩は紫外線対策です。
紫外線対策といえば、ほとんどの人が日焼け止めを思いつくのではないでしょうか。
その日焼け止めにも二種類あるのをご存知ですか。
紫外線への対処の仕方から、大きく分けて「紫外線吸収」と「紫外線散乱」があります。それぞれに成分と特長が違います。

紫外線吸収剤は、肌の内部に紫外線が入らないようにと、表面で紫外線を“吸収”してしまうものです。
そして吸収した紫外線をエネルギーに変えて放出し、内部への侵攻をブロックします。
紫外線防御力が高く、SPF値の高い製品には必須の成分です。
弱点は防御力が高い分、肌への負担も高くなってしまうことでしょう。
代表的な成分としては、メトキシケイ皮酸オクチルなどのケイ皮酸誘導体、ジメチルPABAオクチルなどのパラアミノ安息香酸誘導体、またt-ブチルメトキシジベンゾイルメタンなどのジベンゾイルメタン誘導体です。

紫外線散乱剤は、紫外線を乱反射させて、内部への侵入を防ぎます。特殊なカッティングを施した粉体が、紫外線を散乱させ、侵入を防ぎます。
防御力では紫外線吸収剤ワキガ 原因 食事には劣りますが、肌への負担は少ないので、赤ちゃん用の日焼け止めや敏感肌用の製品で多く使用されています。
代表的な成分は酸化亜鉛や酸化チタンなどですが、「ノンケミカル」と表記されていることが多く、比較的判断はしやすくなっています。

日焼け止めの製品には、吸収剤か散乱剤のどちらかが使われていますが、両方が組み合わされている場合もあります。
肌質や使いやすさ、感触、紫外線対策を行うシーンや場所などの目的や好みに応じて選び、しみケアをしてください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ひなた49we
読者になる
2013年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/jiecbiix1/index1_0.rdf