【 更新情報 】

スポンサード リンク

東海北陸自動車道ってどんな道路

東海北陸自動車道の概要説明



これまで、東海北陸両地域は国道156号で結ばれていましたが、、岐阜・富山県境を中心に未改良区間が多く非常に危険な状態でした。そこで、安定した交通の確保と交流の活性化を目的として総事業費、約1兆2,500億円を投じて整備されたのが東海北陸自動車道です。
2008年7月5日に全線開通。
東海北陸自動車道の総距離は184.8 kmあり、起点は一宮市(一宮ジャンクション)、終点は砺波市(小矢部砺波ジャンクション)となっている東海地方と北陸地方を南北に結ぶ高速道路(高速自動車国道)で、東海北陸道(TOKAI-HOKURIKU EXPWY)と略されています。

東海北陸自動車道の走る地形


東海北陸自動車道の地理的条件を見てみよう



東海北陸自動車道は標高の高い所を通る高速道路で、白鳥インターチェンジ以北から急激な山岳地帯となっているために、冬季はチェーン規制を実施することが多くなっています。ぎふ大和インターチェンジが海抜300m、白鳥インターチェンジが海抜430mであるのに対して、高鷲インターチェンジが海抜700m、ひるがの高原サービスエリアが海抜873mとなっています。特に白鳥インターチェンジ付近の長良川を渡たる辺りから登り坂になり高鷲インターチェンジ間の8kmで300mという高低差があるために、エンジンブレーキを上手く使って走行する必要があるでしょう。参考ですが、上り線ではブレーキ故障車の緊急待避所が設けられています。
郡上市高鷲町のひるがの高原には、分水嶺(海抜957m)があり、そこから太平洋に注ぐ水と、日本海へ注ぐ水が分かれるポイントを見ることができます。現地には看板もあり、山岳ファンにはたまらないスポットとなっています。高山市にある松ノ木峠は、標高1,085mで、高速道路標高日本一の場所です(真上に橋が架かっており、標高日本一の看板が掲げてあるために、まず見逃すことはないと思う)。この位置は現在、資材置き場になっていますが、近い将来に松ノ木峠パーキングエリアとなる予定があるそうです。開設すると、日本の高速道路にあるSA・PAの中では最も標高が高い場所になります(松ノ木峠に近い軽岡トンネルは高速道路トンネルの最高標高1,050m)。ひるがの高原サービスエリアより南は横風の影響を受けやすく、北部においても特に冬期間、山腹と山腹を繋ぐ橋梁部で谷風による突風があるためハンドルを取られないように注意してください。
東海北陸自動車道はトンネルの数も多く、上り線54、下り線56のトンネルがそんざいします。飛騨清見インターチェンジ〜白川郷インターチェンジ間には飛騨トンネル、五箇山インターチェンジ〜福光インターチェンジ間には袴腰トンネルがあるため、同区間ではタンクローリーなどの危険物積載車両は通行が禁止されているほどです。東海北陸自動車道自体は、大変に風光明媚な高速道路であり、山岳風景を好む方には最高の眺めを楽しむことができます。

東海北陸自動車道の見所マップ1

東海北陸自動車道 一宮木曽川インターチェンジ周辺の紹介



東海北陸自動車道にある水族館
オアシスパーク
ペットと一緒に乗れる観覧車があります。観覧車の内部では世界初の立体音響システムを搭載していて4つの音から好きな音を選ぶことができます。お子様が喜びそうなお菓子の家をモチーフしたゴンドラや、カップル向けには恋のおまじないの仕掛けがあるゴンドラもありますし、観覧車自体の夜景がきれいでとてもロマンチックですよ。
オアシスパークの中には淡水魚水族館もあり盛りだくさんのテーマパークです。

東海北陸自動車道から良く見えます。
ツインアーチ138
高さが138mある現代的なタワーです。
展望台を登ると360度のスカイパノラマが楽しめますし、ピサニの迷路という迷路があり、その中に迷路を上から眺めることができる希望の塔があります。
野外ステージやふわふわドーム・芝生広場・ローズストリームなど楽しめる場所がたくさんあります。大人も小さいお子さんも大満足できるはずです。

東海北陸自動車道の見所マップ2

東海北陸自動車道 岐阜各務原インターチェンジ周辺



東海北陸自動車道付近にあるプラネタリウム
かかみがはら航空宇宙博物館
空や宇宙に興味のある方にはたまらないスポットです。
飛行機の模型や展示パネルなどが紹介されており、愛・地球博で展示されていた火星探査車なども展示されています。また体験工房や野外には子供が遊べる遊具もあるので展示場にちょっと飽きてきてしまった子供連れの家族にもぴったりです。

東海北陸自動車道にはこんな名物が、
長良川の鵜飼い
あの有名な長良川鵜飼いです。長良川の鵜飼は岐阜の夏の風物詩として受け継がれ、1300年以上の歴史を刻んで現代に伝わっているその技法は、伝統装束に身を包んだ鵜匠がきちんと伝承しています。「ほうほう」と声をかける様子はタイムスリップしたかのようです。

東海北陸自動車道の見所マップ3

東海北陸自動車道 関(せき)インターチェンジ周辺のみどころ



東海北陸自動車道の桜の名所
岐阜県百年公園
岐阜県の中濃地方によく見られる動植物を見ることができますし、桜の名所としても有名です。
菖蒲園は100種2万株の菖蒲が咲いており、花の名所と言われています。またサイクリングコースやテニスコートで汗を流すこともできます。
芝生トリムひろば・には子供たちの大好きなアスレチックがあり、夏にはジャブジャブ池がオープン!どの季節に行っても大満足できる公園です。

東海北陸自動車道の見所マップ4

東海北陸自動車道 美濃(みの)インターチェンジ周辺を調査



美濃和紙の里会館
美濃インターチェンジから12キロほど離れますが、美濃和紙の歴史や製造工程や、紙すきに使う道具が展示されており、落ち着いた雰囲気の展示室です。また、体験コーナーでは、はがきや照明スタンドなどを作ることができます。

東海北陸自動車道 美並(みなみ)インターチェンジ周辺を調査



東海北陸自動車道を走って疲れたら
日本真ん中温泉(子宝の湯)
古くから子授け、安産の守り神として信仰を集めてきた「勝原 子安神社」のすぐ近くでわき出た温泉で、緑に囲まれた露天風呂で疲れを癒すことができます。料金は、大人500円とお手頃価格ですし、赤ちゃんがほしい方はぜひとも入浴をお勧めいたします。

釜ケ滝
子宝温泉の近くにある滝です。この滝には、4つの滝があり、一番奥の滝までは15分ほどを必要とするでしょうが、近くに温泉がありますので、いい汗をかいて、温泉にゆっくり浸かってみるのもおつなものではないでしょうか。

東海北陸自動車道の見所マップ5


東海北陸自動車道 郡上八幡(ぐじょうはちまん)インターチェンジ周辺



郡上踊り
毎年7月の中旬から9月の中頃までの32日間行われるお祭りです。
400年続いているという歴史の重みを感じます。お盆中は徹夜踊りというものがあり、朝の5時まで踊り続けるという決まりがあります。また、観光客のためにおしゃれな浴衣をレンタルしてくれる呉服屋さんもありますので、ぜひともチャレンジをお願いします。

郡上八幡城
日本でも最も美しい城と呼ばれている郡上八幡城です。城の天守閣からは、城下町や奥美濃の山並みの一台パノラマを楽しむことができます。南側の街並みを見るとなぜかお魚の形に見えますので、ぜひ一度、御自身の目でお確かめください。

東海北陸自動車道の見所マップ6


東海北陸自動車道 ぎふ大和(ぎふやまと)インターチェンジ周辺



古今伝授の里フィールドミュージアム
和歌の博物館、ふるさと自然風景、野外博物館など和歌を知らない人でも、視覚的に楽しめてしまうスポットです。最も高台に建つ一服茶屋は、施設全体の景観を楽しむことができますので、お抹茶セットやぜんざいを食べながらゆっくりと時間の過ぎるのを楽しんでみてはいかがでしょう。

長刀清水
夢のお告げで長刀が刺したところから清水が湧いたという伝説がある場所です。
その素晴らしい湧き水をご自身の目でお確かめください。

東海北陸自動車道の見所マップ7

東海北陸自動車道 白鳥(しろとり)インターチェンジ周辺のみどころ



東海北陸自動車道のそばで童心に返る
日本土鈴館
美濃の豊かな自然の中にある昔ながらのおもちゃを展示しているスポットです。
ぬくもり通りや、かっぱ連邦共和国、安らぎ館には木や紙のぬくもりのあるこけしやお面や、河童が展示してあります。
こどもの国には、昔ながらのおもちゃがずらりと並んでいて、自由に遊ぶことができます。

白山文化の里
富士山、立山と並び日本の名山に数えられる霊峰白山。白鳥町には貴重な文化財や史跡が多く残されており、長滝白山神社・長滝寺・石徹白大杉・阿弥陀ケ滝などがあります。白鳥リゾートとあわせた一大観光地として有名ですね。

東海北陸自動車道の見所マップ8


東海北陸自動車道 高鷲(たかす)インターチェンジ周辺の見所



牧歌の里
広大な園内で、一日で回りきることができないでしょう。ドッグランや牛の乳しぼり、ふれあい広場では馬にえさをあげることもできますよ。
バラガーデンや、季節にはラベンダーが一面に咲き乱れ感動的です。フラワーゾーンの周りを走ってくれるロードトレイン「ドッド君」を利用すると楽チンですよ。
焼きたてのパンが食べられるパン屋さんもあり、遊んで食べてと楽しんだ後は、牧歌の里温泉「牧華」もありますので、疲れたからだを癒すこともできますよ。

湯の平温泉
秘境温泉・神秘の湯と言われている湯の平温泉です。
白砂川沿いにある露天風呂で、エメラルドグリーンに染まる川と緑を眺めながらゆっくりと堪能することができます。疲れなんて吹き飛んでしまいますよ。