【 更新情報 】

スポンサードリンク

自動二輪免許の取得料金

運転免許を合宿で取得

自動二輪免許を自動車教習所に通って取得する場合、学科と実地教習を受けますが、既に何かの免許を持っている場合などで教習を受ける時間が異なってくる場合があります。

仮に原付免許、何も免許を持っていない場合で平均して15万円位の費用がかかるようです。

ただし教習所により12万円から22万円位の取得料金の幅があるようです。

いわゆる合宿免許といわれる地方の自動車教習所では宿泊費用などを入れると20万円位かかるようですが、短期間(10日程度)で免許を取得できます。

運転免許試験場でいわゆる一発試験を受ける場合、3万円程度で取得できる場合もあるようですが、原付ならともかく普通自動二輪免許を取得しておけば普通車免許の学科は免除となりますので、教習所で取得しても将来のことを考えると十分元は取れると思います。

自動二輪免許の種類と所得方法を紹介しましたがいかがでしょうか?参考になれば幸いです

自動二輪免許の種類と取得方法

自動二輪車の運転免許には日本固有のエンジンの排気量による分類があります。

原動機付自転車(50cc以下)、小型自動二輪車(50ccを超え125cc以下)、普通自動二輪車(125ccを超え400cc以下)、大型自動二輪車(400ccを超えるもの) の分類がありますが、2005年6月1日からAT車(スクーターが対象)に限定した普通自動二輪・大型自動二輪(650cc以下)のAT限定免許が新設されました。

この結果、大型スクーターの運転免許が取得しやすくなりました。

AT限定免許も小型、普通、大型の自動二輪免許があり、自動車教習所、運転免許試験場での学科と実地試験または自動車教習所での実地試験の免除を受ける必要があります

免許の種類区分が増えたことで免許は取得しやすくなったと思いますが、安全がやはり最優先です。

自動車教習所で所定の学科試験、実地試験を受けることが、自らそして周囲の人の命が守られるものと思います

自動二輪車と免許の種類

自動二輪車(オートバイ auto+bicycle) は和製英語で、自動車の一種の二輪自動車です。

2つの車輪を前後に配置し、人力以外の動力で走る乗り物の日本語における慣用的な呼び方です。

日本では、法的には大型自動二輪車、普通自動二輪車及び原動機付自転車に区分されています。

エンジン付き二輪車をベースとした三輪車(トライク)もオートバイに含める場合がある(トライクは、日本の道路交通法ではオート三輪(普通免許で運転可)、道路運送車両法の分類ではサイドカー(側車付き二輪車)の扱いとなる)。

自動二輪車を運転するには当然ですが、免許が必要です。

免許の種類は大型自動二輪車(400cc超え)普通自動二輪車(400cc以下)普通自動二輪車(小型限定)(125cc以下)、原付(50cc以下)の4種類に分類されます

自動二輪に限らず、免許の制度が近年変わってきているようです。

免許の取得を検討されている方は、将来的なこと(自動車免許)も含めて取得する免許を検討するとよいと思います