【 更新情報 】

スポンサードリンク

自動車保険の料率クラスについて

自動車保険の料率クラスとは、車両の事故履歴や排気量、
ゴールド免許かどうかなどで、段階を決めることです。

現在では、排気量別でクラスを決めるのではなく、
対人・対物・搭乗者傷害・車両本体の
各保険に対して細かくクラスわけされます。

しかし一般的に車両保険というものが
自動車保険料を決める重要な要素となるようです。
自動車保険の料率クラスは車の年式や型、グレードなどによって、
車を1〜9というランクによって区分をします。

この数字が大きくなればばるほど、
車両保険の保険料が上がるという仕組みなのですね。
料率クラスは、その車が事故を起こす確立が高い
、という場合や、その事故によってかかる費用が
今までの統計を見て高い、という場合には、料率クラスが上がる、
つまり保険料が高くなる、ということになります。

保険会社のリスクが多角なる分、
保険料も上がる、というわけですね。

例えば、高級車が事故を起こした場合、
その修理代は、一般の車よりも高くなりますよね。

また、スピードがかなりでるスポーツカー、
あまりスピードは一気にでない軽自動車、
この二つには大きな違いがあります。

スポーツカーであればスピードは一気に出ますし、
大事故になる可能性は高くなり、逆に軽自動車でのろのろ走り始めたほうが、
事故にはなりにくく、料率クラスは下がるというわけです。

sonpo.codiego.com
実際に自分の車がどれくらいの料率クラスなのか?
あまり出回っていないそうですが、上記のサイトを見つけました。
各種車別に調べることができます。

上記のサイトでは、国産車、アメリカ車など幅広くデータを出してくれるので
是非参考にしてみてください。

自動車保険の格安情報について

単に自動車保険といっても、
本当にいろいろあって迷ってしまいますよね。

金額も各社まちまちで、どれが一番安いのか、
安くて質がいいのかわからなくなってしまいます。
そこで、やはり実用的な調べ方はインターネットでしょう。

人それぞれ年齢や性別、使用用途が違うので、
私が調べた一番安い保険会社を皆さんにお教えするのもいかがなものか?
ということで、下記にURLを載せてみました。
www.insweb.co.jp

ここでは一括して20社まで、
お見積もりの依頼をすることができるので、
いろいろ比較することができ、自分が一番のポイントとする
キーワードで各社にお見積もりを依頼することができます。

年齢や、車種・使用用途・免許の色などを入力して、さあ検索!
こちらのサイトでは、自動車保険専門なだけあって、
自動車保険あれこれまで勝手にメールをしてきて教えてくれます。

では、参考までに私の検索の結果で
一番保険料金の安かった保険会社をお教えします。

女子の買い物くらいの使用頻度で、免許の色はゴールドで、
「アクサダイレクト」が一番安い、\88,100/年 でした!
月々にすると、約\7,700ですね。

これをさらに、運転できる人の年齢を制限したり、
保障の金額を下げたりするとさらに安くなるのでしょう。
各社個別にメールがくるので、その設定から、
各社のHPに入り、自分で少しずつ保険の変更をすれば
自分だけの保険料に早変わり!

自分にはいらないオプション(そのまたもしかり)などなど、
最低限必要なものだけにしておけば、\88,000よりも
更に安くなるかもしれませんね。

ちなみに、保険金額が\2,000万円以上の契約では
「高額割引制度」が適用され、保険料が更に更に下がるようですよ!
医療などには、日本国ももっと寛大になってもらいたいですね。

自動車保険を激安にするには

自動車保険を激安にするには、
いったいどんな保険にすればいいのでしょうか?
インターネットで検索して、いろいろ見積もりを出してもらっても、
その金額が本当に自分用に作られた最少額なのでしょうか?

そこで調べてみた結果、保険会社に対してのリスクが
少なくしなければいけないというところに行き着きました。

例えば、年間走行距離を短くしてみる、運転席・助手席両方の
エアバッグの装備、盗難警報装置をつける、
利用する車を運転できる年齢に制限をつけてしまう、
などがあげられます。

そういえば先日、自動車保険一括見積もりを、インターネットで申し込むとき
ありとあらゆる情報を入力しました。

名前などはあたりまえとして、車の車種
(これもとても細かくてその車の中の種類でハイブリッドかハイブリッドじゃないかまで!)
、その車を利用する人の年齢、免許の色、
免許取得日・・・・・となんだかたくさん入力しました。

実はそれが精一杯ではないのです。抜けているものが一つあります。

そこで、「ちょっと待って!」
そこから更にお安くしましょうよ!
抜けていた、保険会社のリスクとは・・「免責金額」です。
この金額までなら自費で修理しますよ、というお金です。

免責金額が上がればあがるほど、
保険会社が修理費を払うリスクがすくなくなるわけです。
それに、どれだけ自動車保険を安くしても、
もしかすり傷などで車に傷がついて保険を適用したなら、
たった1〜2万ですむ修理代に代わって、一生お付き合いをすることになる、
値上がった保険料がそこに残るのです。

我が町では、治安が悪いのかどうなのかわかりませんが、
車上荒しが頻繁にあります。
丁度2年前は、1年間に2回も車上荒しにあうという最悪な年でした。

1度目は悲惨な状態にあった為、
保険を使いましたが2回目は警報装置がうまく作動してくれた為、、
車窓を破られそうになったところで防ぐことができました。

これ以上保険があがるのがいやだったので2回目は自費でなおしました。
安くするならば、それなりのリスクを私たちも背負わなければなりませんね。
そのリスクが平等にあるときが、自動車保険の基本金額なんでしょうか?

自動車保険のからくりなんかの本も出ていますし、
柳原三佳さんの著書に「自動車保険の落とし穴」という本があります。
是非ご参考までにどうぞ。