どうやってコストを下げて創業

September 16 [Tue], 2014, 11:04

をめぐって生活の中で、私達の身の回りで多くの商機.小さい本創業者にとっては、自分の実際の情況に応じて加盟項目を選択.資金問題は影響創業者選択項目の原因の一つで、十分な資金の選択範囲が制限される.ではどうやってコストを下げて創業?



まず覚悟がある:苦労や不屈の精神、勤勉、正しい方向と方法は、良好な計画や人生設計.既存の資源を十分に活用するには、自分の主観的能動性を発揮して、自分の優位を発揮することに優れて、揚長避短、借?.次に挙げられるいくつかの低コストの創業のいくつかの例をl知能の業界、これらの産業の中で、特殊な知識や技能の人が低コスト創業、必要のない大きな資金の投資は、知能投資.特有の専門、ある方面の専門、例えば管理才能、マーケティングの才能、特許.この方面の例が多い.例えば有名作家、弁護士、高級エンジニア、職業マネージャー、発明家など.実際には、個人の知能と専門は1種の資源.



労働集約型のサービス業界では、これらの業界は主要に売る労働、資本の方面の投入が非常に少ない.もし引っ越し会社、家政サービス.十分に掘り起こして利用し、資源や情報の人.以前はいわゆる空手セット白狼の人、実はいくつか上手に利用してと資源の人.借?上手な人.この点と第四時に似ている.違うのはここでいう借りポイントは他人の資源を利用して、例えばリスク投資はいくつか人の知力資源と他人の資本の資源の結合.ここの知力資源は範囲が広くて、特許などなど、新しいアイデアなど創業.



占有特殊資源の人.もし典型的なのはいくつかの高級幹部の子弟.カットイン低コストの産業、特にいくつかサービス型業界、大量のいらない大に資金を投入する業界、例えば仲介会社.まず考えずに創業、アルバイトの過程の中で個人のブランドを創造して、いくつかの有名な職業のマネージャーは、マーケティングの専門家や発明家などを利用して、そして自分の無形資産と他人の有形資産の結合に達し、無本創業の目的.



私たちで確定した投資プロジェクト後、真剣に考える必要も自分の実際の状況であり、自身から状況から創業加盟.小さな本創業あなたが必要でなく高い資金投入、あなたに創業途中よりだ、あなたが大幅に低下した創業リスク.以上はどうやってコストを下げるについて創業の紹介、希望はあなたに役に立つ.


 

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Hosokawa
読者になる
2014年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/jidayiokure/index1_0.rdf