ファッションの買い方変化

March 21 [Fri], 2014, 10:25

ファッション
というと思い出すのが、高校時代のことです。
私の自宅は田舎ですが2駅離れた先には繁華街があり、その駅にはファッションビルが立ち並んでいます。
中学までは普通に暮らしていましたが、中三になると同時にお母さんとその繁華街付近でランチをするように
なりました。
フレンチレストランやイタリアンレストランへは毎週末必ず行ってました。

そこで目につくのが美味しそうな料理ではなく、周りのお客さんの服装でした。
田舎のレストランの客層とは全く違いカラフルであか抜けていておしゃれな人たちが多いのです。
私はそんな人々にあこがれ高校進学の決め手には繁華街付近の高校へ行き友達とおしゃれを楽しみたい!
という夢をもつようになり、高校は2駅離れたところを選びました。

そんな思いもあり高校時代にはおしゃれ大好きな友達と放課後繁華街や駅中のファッションビルで買い物も
するようになりました。
ただそれだけではおこづかいがすぐなくなるので人生初のアルバイトを始めました。
その結果月8万ほど稼ぐようになり、バイトのない放課後は繁華街に行き高い洋服を買ってばかりいました。
どこで着るわけでもないのに。

それで現在主婦となり、節約節約!の毎日でも服を買いたい気持ちはあるもののファストファッション中心に
プチプラファッションを買うという悲しい現実です。
あのころの洋服代が今手元にあればなって何度も思いました。
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/jid5js20/index1_0.rdf