ブランド 財布 メンズ

March 31 [Mon], 2014, 16:36
 大会も佳境に入った今春の長財布 激安センバツ。個人的にひそかに“快挙”だと感じたのが、ある地域の活躍だ。お気づきのファンの方もおられたかもしれない。白?大足利、佐野日大(ともに栃木)、桐生第一(群馬)の3校が、そろって初戦を突破したのだ。

 大会第3日は、第2試合で白?大足利が15安打を放って東陵(宮城)を撃破。すると、直後の第3試合では、佐野日大がプロ注目左腕・田嶋の快投で、鎮西(熊本)に完封勝利した。栃木勢のアベック星は、14年ぶりのこと。さらに同じ都道府県のチームが1回戦で同日に勝利したのは、35年ぶりだった。

 そして、大会第5日には桐生第一が先発全員安打で今治西(愛媛)に快勝。先発8人を占める2年生軍団が躍動した。

 この3校は、実は相当な“ご近所さん”だ。学校の所在地は、いずれもJR両毛線沿線になる。東から佐野、足利、桐生の順で、佐野から足利までは13分、足利から桐生までは15分。乗り換えなしの30分以内で移動できてしまう。

 これだけの近距離、しかも同じ路線の学校が、トートバッグ激安そろって甲子園に出場するのは珍しい。さらに、すべてのチームが勝利という結果を残したことは、地域のレベルを証明したといえる。

 桐生第一は、日頃から白鴎大足利や佐野日大と練習試合をする間柄。東京圏や関西圏ほど人口が多くはない地域内で、全国レベルの相手と互いに実力を磨いてきた。青柳正志部長は「みんな1つ勝ったというのがいいことじゃないですか」と、白星そろい踏みの意義を口にする。

 また、桐生からさらに西へ、30分ほど両毛線に揺られれば前橋。ここには、昨夏甲子園で優勝した前橋育英がある。99年夏に群馬勢で初めて全国制覇した桐生第一も、ジョーダン4唯一の存在ではなくなった。福田治男監督は、昨夏以降「今度はどちらが先に、2度目の全国制覇をするかだよ」と、ナインにハッパをかけてきた。青柳部長は「(前橋育英の)高橋光成君の元チームメートもウチにはいますし、やっぱり、選手の刺激にはなっていますよ」と相乗効果を認めた。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:jicamipick
読者になる
2014年03月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/jicamipick/index1_0.rdf