うつ病と脳梗塞

April 16 [Tue], 2013, 10:11
高齢で発症したうつ病の人の脳のMRIを撮ると、この潜在性脳梗塞が見つかる率が、高いのです。脳梗塞は脳血管の一部が詰まり、その部分の組織の機能が無くなる疾患です。脳梗塞を発症した時、脳の中にある気分や感情にかかわる部分の神経細胞が破壊されたとします。つまり、思考や感情をコントロールする情報伝達物質の流れがさえぎられることになります。すると、うつ状態と全く同じ症状が引き起こされるのです。

うつ病のタイプについてのブログ
脳梗塞によるうつ病は、大きな脳梗塞だけに起こるのではなく、小さな脳梗塞によっても引き起こされる危険性があります。一番怖いことは、脳梗塞によるうつ病と生活習慣病によるうつ病と見分けがつかないことです。脳卒中を経験した人がうつ病になった場合だけでなく、うつ病になってからMRIを撮ったら潜在性脳梗塞が見つかったという場合でも、同じように「脳器質性うつ病」と診断する場合が多かったのです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:みな
読者になる
2013年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/jic496dsg85l/index1_0.rdf