自分のために買える、自分に贈る、自分で食べる

May 08 [Fri], 2015, 1:50
バレンタインデーは愛を告白する日です。
そのように喜んでいたのも遥か昔。
(今でも実践している人はいます)

形式的な義理チョコ文化などというのも随分と廃れています。
(今でも実践している人はいます)

何しろ女の子が恥ずかしがって、告白ができないので
年に一度だけ女の子の方から告白する日を定めました。
それが、ずっと昔のバレンタインデーの定義でした。

今ではすっかり形骸化しています。

愛の告白が、家族だったり、お世話になった人だったり
しょうがないけど贈らないと角が立つ人だったりで
それが義理チョコ文化です。

今は違います。
バレンタインは、必ずしも誰かに告白する日ではありません。
ましてや、あげたくもない人に嫌々ながら
美味しいスイーツを上げる日でもありません。

大体、義理で上げるような相手は、
スイーツのことが分かっていません。

高価だけど職人が丹精込めて作ったトリュフを
まるごと口に放り込んで、「うまい」の一言で終わりです。
それって、スイーツがかわいそうでしょ。

スイーツだって、そのありがたみがわかる人に食べてもらいたいはず。
バレンタインデーの一番の目的は、自分に贈ることです。
自分のためにスイーツが買えることです。

洋菓子店では、美味しそうな贅沢なチョコレートが売られます。
見ているだけでも幸せな気分になります。
そんな洋菓子を自分のために買いましょう。

何しろ一年で一番スイーツ特にチョコレートが売れる時期です。
御菓子屋さんも気合が入ります。
このようなタイミングを逃すのはもったいないです。


せっかくのこの時期なので、有名店からお取り寄せをしましょう。
最もオススメなのは、神戸フランツです。

壷プリンはスイーツマニアなら誰もが一度は
耳にしたことがあるはず。
あの壷プリンで有名な神戸フランツです。


その壷プリンなどが詰め合わせになった
神戸港町の午後
お友達と一緒に食べても楽しいし





高級チョコレートの定番といえば
神戸魔法の生チョコレート
口の中でとろけます





チョコレートたっぷりの
チョコとろバウム
も、魅力的です





でもチョコレートがかかっていない
神戸港町バウム
だって、ベーシックな味が楽しめます





そして、基本といえば
神戸半熟チーズケーキ
は、外せませんよね。





さいごは、見た目にも嬉しい
神戸苺トリュフ





でも、神戸フランツはこれだけではありません。
実は一番のおすすめは、
ほのかチーズ風味クリームが香る「神戸ロール・ホワイト」
それはこちらの、ページで見ることができます。
 ↓↓  ↓↓