ドル円の窓と心の傷を埋める

April 23 [Wed], 2014, 14:12
FX、昨日は昨日、今日は今日です。

昨日の敗戦処理ではないですけど、残ったポジションが次々と約定されました。豪ドルショートは、浅めのストップで敢え無く職責をまっとう出来ず、反対にNZドルショートは、ヤケクソの50pipsゲット。

本日もロンドンタイムが活躍。ドル/円が窓を埋める展開になったと見て、細かく豪ドル/円と豪ドル/ドルのショートで利食いができ、やれば出来ると自分を励ましていたところです。

失敗談が一つ。ドル/円の窓は、116.58までだと聞いていたので、残り25pipsを取りに参戦。っと思いきやショート癖で、つい売り注文を出してしまいビックリ仰天。焦りまくって観戦料400円を払いました。

今のポジションは、豪ドルの対円と対ドル。円高・ドル高どっちかに動いて欲しいという願望で、相反するショートとロングを構えています。希望は、対ドルで30pips戻してモミモミ、その後、円の反発でして、割と欲張ってリミットしてますが、週末なのでストップを浅め、できればちょっとプラスに置きたいところです。

追記:希望通り豪ドル/ドルが、0.7335で約定。気を良くして、豪ドル/円、85.15 ショート。これは短期(10-15pips)で仕舞います。

恒例?週末の大反省会

February 27 [Thu], 2014, 14:11
激動の一週間が終わり、新たな一週間が待つ。

今月より新たな取引業者で、証拠金5万から始めましたが、売買単価を@5000にした事もあってか、より多くの取引でより多くの利益を求めてしまい、結果的に多くの損が出ている。

その一番の原因が、中途半端なナンピンによる損の拡大。どこまでナンピンするかという計算もないまま、適当に感で、もっと悪く言えば、当てずっぽうで建玉を積み上げて、しかも損切りのタイミングさえ気分任せ。あげくチャートの中の人に八つ当たり。

これでは原資がいくらあっても足りない。実際に遊び感覚のまま、原資を4万円追加しているので、いろはのいの字である慎重なポジション取りと手仕舞うタイミングを考えながらのトレードをする必要がありそうです。っていうか、しないと早々に退場という現実が待っているだけでしょうね。

高い授業料を払いつつ、リアルトレードの厳しさを教えていただいている次第です。いつ回収できるか、あるいは出来ないかもしれませんが、生き残るためにベストを尽くしたいと思います。

自己新記録、オセアニアで395pips

February 18 [Tue], 2014, 14:05
こんな楽しい一日は、滅多にないと思う、芋焼酎3杯目。

終わりよければ、すべてよし・・・じゃないけれど、最後の一本がギリギリで0.5935をタッチして約定。本日約定トータル、395pips。なんか自分じゃないみたい。

でも、あまりに上手くいったので、この次のポジションを取るのが、本気と書いてマジで怖くなっています。ニューヨークタイムを前に、このままNZドルの下げが止まって反転するのか、それとも最後っ屁の下げで、2年前の安値を更新するのか、どちらもありそうで二の足を踏んでます。

それくらい臆病なくらいが、いいのかもしれませんね、毎度のように、連勝の後の連敗が待っているので、次のポジションは、せこく堅くでトライしようと思います。

※現在のポジション
ノーポジション

夢じゃなかったんだ、昨日のボロ勝ち

January 07 [Tue], 2014, 13:04
やっぱり夢ではなかった、昨日の戦績。

相変わらず、臆病なままでポジションを取れていません。今夜の米指標と明日の日銀発表を出し抜くか、あとで流れに乗るかを考えてたら、とうとう目先の動きに鈍くなってきました。

なのでノーポジが続いています。余りにも昨日の流れが激し過ぎて、ちょっと感覚が麻痺しているのかもしれません。しかし、いいニュースもありました。間違いなく、昨日のトレードがあった事が確認できました。

 

普段のトレード画面(AUD/USD/NZD)、右チャートは上から、豪ドル/ドル・NZドル/ドル・豪ドル/NZドルの10分足。左上が決済シートで、左下がポジションサマリーです。そこに純資産の額(リアルタイム)があり、めでたく現在プラス計上されいます。

 

直ぐにでも約定結果を確認したいところですが、口座報告書がリアルタイムで反映されないのが欠点で、翌日の夕方頃に、前日の決済が一斉に書き加えられる仕様になっています。

なにわともあれ、昨日の取引が夢でないと確認、確認。お陰さまで、ちゃんと決済されていました。残り少ない週末&月末トレード、皆様も頑張ってください。

はてさて、今日のオセアニアはどっち?

August 08 [Thu], 2013, 2:04
昨日、笑えた人も泣いた人も、今日は今日です。

昨夜のNZドルは、私の就寝後から30pipsほど戻したようですね、ここを押し目とみて再び売るか、東京タイムでもう一段の戻りがあるとみるか、まだ方向性が決まりません。

無類のポジポジ病の私でさえ、どうも触手が反応しないのは、ドル円のやる気のない動きが影響しています。今夜は、米国の重大指標を控えているので、様子見をしている場合なのでしょうか。

チャートを見ているだけなら、手数料は掛かりませんしマイナスのスワップも発生しません。スワップと言えば、今月から利用しているJNSのFX-navi メジャーは、AUD/USDとかNZD/USDのペアがあるので、無類の貧乏性が少しは緩和されました。っというか、ほとんど気にしなくなりました。

以前だと、スワップ3倍デーなんて、気になってしかたがありませんでした。たかが1.4pips分(NZD/JPY)なのに、しかも次の日に決済するのが濃厚なのに、ケツの穴が小さすぎる問題を抱えていたのです。しかし今では、ショートする事に快感さえ覚える無類のショーターなんだから、笑ってやってください。