三木清を憶う

August 10 [Sat], 2013, 14:27


高度文化国建設のため、今や新たな出発をなさなければならない時に当って、吾々は三木清の知性を想う。ロンシャン トート
彼の広い高い知性、そこに到着することさえ容易でないが、更に、そこから出発することが出来たらと翹望されるのである。ロンシャン バッグ
この思いは、彼の死を悼むの念を、私情的のみならず公情的にも深める。ロンシャン 折りたたみ
――だが私は茲に、主として私情的な面からの文を綴ろう。身近に感ぜられる三木清のことを語ろう。ロンシャン トラベルバッグ
三木の死は、私には驚愕であった。吾々の多くにとっても、驚愕であった。ロンシャン プリアージュ
三木はつまらないことが機縁となり、豊多摩刑務所に拘置されていたのだが、間もなく釈放されるだろうと吾々は待望していた。あの元気な姿を今にも見せるだろうと、そう思う日が長く続いた。ロンシャン 刺繍 バッグ
そこへ、突然に獄死の報なのである。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:jiaoyu810
読者になる
2013年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/jiaoyu810/index1_0.rdf